人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

男装の熟女

またまたJAZZの話で申し訳ないです。

先日、調べ物をしていて
たまたま、どこかの発表会の写真を目にしたんです。

数人の熟女が
男装でキメて
かっこつけたポーズをとっている写真。



…ごめんなさい、
ほんとにごめんなさい。

だけど…。



かっこ悪すぎる。_| ̄|○


ムチムチの太ももに、ふくらみを隠しきれていないお腹
細い人も、なで肩のせいでやたら顔が大きく見えるし
ざっくりひとつに縛っただけの髪、しかも前髪は内巻きのカール…。

ポーズも甘い。
それっぽくキメているんだけど
もっともっと細かいところ直せばいいのに。

もひとつ言うと
舞台装置のせいで
恐ろしく短足に見える…。

(だからごめんなさいって言ってるやん)



よそ様の舞台写真を見てこんなこと言うの、ほんとに失礼なんですが
このクオリティで舞台に立たせるのは
ダンサーがかわいそう。

(だからごめんなさいっ…以下同文)



ウチの作品も男装なんですよね。
踊るのは熟女ばかりだし。

美意識の高いメンバーたちからは
「よその舞台で熟女の男装やってたけど、ひどかったですよ。
先生、私たち大丈夫ですか?」

危惧する声も出ていました。

うん、確かに難しいです。

でも、ウチのメンバーさん
比較的スタイルのいい人が多いし
(というか、スタイルが良くなった人、かな)
毎回舞台の時は長期間かけて体を絞ってもらうし

一人一人体型が違うので
その人に合った衣装で欠点をカバーし

全員帽子を目深にかぶって
髪は隠すかウイッグ。

ヒール高めのシューズを履けば

そこそこかっこよくなると思ってます。


あとは
振り付けとポーズを工夫して
みっちり踊り込みね。


JAZZ作品に申し込まれた方には
口頭で確認しているんだけど

これ、生半可な練習じゃ踊れないですよー
めちゃ、追い込みますよー


だって
中途半端は最高にかっこ悪くなるから。



みんな、かっこよくなりたかったんでしょ?
最高の舞台写真を残せるように
今から、がんばりましょうね。
とりあえず、体型管理とアイソレーション。

出演するかどうかは未定ですが
私も、体を作り直しています。
ずっと筋肉痛~




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-11-22 21:21 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

殻を破れ!

次回の発表会のメインは
創作ではなく、古典作品。

もちろん、古典作品の幕物は
素晴らしいものですが

小品も含めて、すべてが
クラシックバレエだけになってしまうのは
私は、あまり好きではなくて
(見るのは好きなんですが、バレエに馴染みのない観客がけっこういることを考えると
幅広いジャンルの作品を披露したいと思う)

次回は大人のみなさんのうち、希望者に
JAZZを踊ってもらおうと企んでおります。

中には、JAZZ経験者もいるんですが
ほとんどが「バレリーナ」。

頭を高いところにおいて
上半身のスクエアを保ち
手先は決められた軌道を通る…。

そんな訓練を繰り返してきた人たちにとって
体をパーツごとに動かすアイソレーションとか
背中を丸めてリズム取りの練習とか

未知の領域、だと思う(^^;)

なので
今はまだ本格的に発表会の練習が始まる前ですが
レッスン後にちょっとだけJAZZのレッスンをして
少しずつ動きに慣れてもらっています。
JAZZ踊る人も踊らない人も
自由参加ってことで。


やってみると
思ったように動かないですよね、自分の体。
興味深々で参加していた人達は
一人減り、二人減り、
一時は2~3人でさみしく練習していましたが

続けていくうちに
ちょっとずつ動けるようになってきて

あれ?じゃ、私もやってみようかな?と
また少しずつ参加者が増えだして

今では
バレエのレッスン参加者のほとんどが
きゃっきゃ言いながら
ダンスステップの練習を始めたりしています。


みんな、「踊ること」が大好きだもんね。
どんなジャンルのダンスも楽しめる素質はある!

たぶん、ものすごく苦労するとは思うけど
殻を破ってみよう!
新しい世界が広がるよ。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-11-15 21:09 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

降臨

次の発表会は
1年7か月先ですが

少しずつ準備を始めています。

私の場合
創作をするときは
曲を決めて、それを耳から垂れるまで聴きこんで

アイデアや振り付けが
「降りてくる」のを待つので
時間がかかるんですよね。


今回、メインは古典にするので
小品はひとつ思い切った創作を、ということで
大人クラスの有志に
かなりJAZZ寄りの作品に挑戦してもらおうと思っているのですが

たまたま、たまたま聞いていた昔の曲で


降りてきたーっ!


最高のアイデア!
うわー、早くこれ振り付けしたい!!

…ただ

これ、形にできるかな?
演じきれるかな?
踊りきれるかな?

最高にかっこいいか
めちゃめちゃダサいか。
どっちかだと思う。


大人のJAZZ初心者が踊るには
ハードルが高すぎるけれど

この作品への出演を希望しているのは
週3~4回のペースでレッスンに通ってくれる
熱心な人達だから
もしかしたら、大化けしてくれるかも。

この作品のために
やれるだけのことはやってみようと思って

私自身、JAZZの感覚を取り戻すため
〇〇年ぶりにスクールに通うことになりました。
もう、ここは水中かってくらい身体が動きませんが(^^;)
学生さんに交じって頑張ってます。


これ以上の情報が出せないのが
申し訳ないんですが
とにかく、全力でやってます!

1年7か月後、お楽しみに♪

ちなみに
エンディングも最高のものになりそうです。
こちらは、前回の発表会前から
アイデアが「降りてきて」
もう振り付けまで固まってます(^^;)




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

by sakura-ballet | 2019-08-02 23:08 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

苦悩と恍惚の間で

それは9月のある日のこと。

さくらバレエスクールアシスタントの助子ちゃん(あだ名募集中!)がふと

「今年のクリスマス会、私、Va踊ってみようかと思うんです。
生徒たちも頑張るし、私も頑張ってみようかと。」

と言い出しました。


「いいねー!きっとみんな喜ぶよ!
Vaを知らない生徒たちの勉強にもなるし。」

助子ちゃん、
昨年は「踊れないですよー。」と言っていたのに
今年は前向きになってくれたので

私もすごくうれしくなって


よせばいいのに


「じゃ、ワタシ
JAZZ踊っちゃおうかな。」

などと口を滑らせてしまったのが運の尽き。



この瞬間から

私の
苦悩の日々が始まろうとは…。



実は
JAZZは
学生の頃、一番得意なジャンルでした。

夢中で踊っていたのは
もう20年以上前だし
JAZZのレッスンそのものから離れてからも
もう10年以上経っているけれど

あれだけ得意だったし



なんとかなるだろう、と。



甘かった。
_l ̄l〇



もう、びっくりするくらい
身体が動かない!

そりゃそうだ。

10年以上レッスンもしないで
踊れるわけがない。

真剣にJAZZ踊ってる人に
失礼ったら、ない。


でも
やるって言っちゃったし
やるしかない。

動かない身体を動かすために
アイソレーションというJAZZの基本の訓練に加え
かなりハードな筋トレを続けたけれど

女性としては危険な水域まで体脂肪率が低下し(7.6%!)
整骨院の先生に
「なんや、この上半身!重量挙げでも始めたんか!」
と言われるまでになっても
かえって身体が思うように動かなくなり

動けないのは
筋力不足のせいじゃなく
練習不足と年齢のせいだと気付き

もう八方ふさがりで。


今の自分にできる振りつけを考えて
さくらバレエサークルの大人のメンバーさんの前で踊ってみて
「お、ひょっとしてイケるかも?」
と思って撮影してみると

写っていたのは

まさに
盆踊りの輪に酔っ払って乱入し
白い目で見られているおっさん。


もう、泣いたね。みっともなくて。
_l ̄l〇。。。


なんども、なんども、
助子ちゃんに
「もうだめだー!!」と泣きついては
「そんなこと言わないで下さいよー!頑張りましょう!」
と励まされ。


情けないったら、ない。



助子ちゃんに弱音を吐きださせてもらい
サークルメンバーに踊りを見てもらい
(人に見てもらった状態でテンションを上げるため)

9月以降
車で聞くBGMは
マイケルのPYT一曲のみ。
(もう、耳からマイケルが出てきそう)

youtubeで
かっこいいDANCEを探しては
毎晩眺め

振り付けを
よりかっこよく、自分に合ったものにするために
本番の日の朝まで
変更に変更を重ね

どうにか、
あの状態まで持っていったわけです。


クリスマス会本番、
懸案だったアチチュード・トゥールを綺麗に決めて
見事にキトリのVaを踊りきり
大喝采を浴びた助子ちゃんに続き

私も精一杯、踊ったんですが

やっぱり
思うように踊れず
悔しい思いをかみしめていたところ

嬉しいメールをもらいました。


クリスマス会に参加していた
生徒のお兄ちゃんたちから
「かっけー!」(かっこいい、という意味でしょうか)
とか
「アンコール!」
といった声が
あがっていたとか。

素直な少年たちの
素直な反応。


何よりの賛辞でした。


頑張って、踊ってよかったのかな。
苦しかったけど楽しかったのも事実。

泣き言、言い訳ばかりの
最高にかっこ悪いワタシが
ちょっとだけ、かっこよくなれた瞬間。

散々だったけれど
またチャンスがあれば踊ってみたい…かな?

もしそんな機会があれば
よかったら、お付き合いください。




助子ちゃんが
「もう勘弁してください~。」って言うかな?


助子ちゃんと一緒に私の泣き言を聞いてください!
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-12-28 00:59 | 雑記 | Trackback | Comments(4)