ブログトップ

さくら徒然日記

タグ:発表会 ( 156 ) タグの人気記事

次回発表会の大人作品で
「雨」という創作があるんですが

その作品に使う
傘が
到着しました。

b0185509_18463355.jpg
うまく色が出ないのが残念なんですが
渋めの、赤。

大きめのサイズなんだけど

軽い!
レモン2個分、らしい。

(キティちゃんの体重はりんご3個分)

ちゃんとタッセルがついた高級品。




私は生まれてこの方
1000円以上の傘を手にしたことがないんですが

傘って、こんなに美しいものだったの?!

出したら最後、もう二度と収まらないんじゃないかと心配になるくらい
細い、細い傘袋に
しゅ、と
かるーく、入っていくほど
繊細なフォルム。


私が今まで使っていたビニール傘は
わしわしと無理やりまとめて
紐(ネームバンドって言うそうです)を限界まで引き延ばしてひっかけると
ぼん・きゅっ・ぼんのセクシースタイルになってしまうもんなあ。



お高い買い物だったけれど
これにしてよかったー

予定では
「雨」の振り写しは
4月からですが

早く、みんなが踊ってくれるところを
見たくなってきちゃったなあ

あ、でも

練習では
ぼん・きゅっ・ぼんのセクシービニール傘を使うからねー



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-02-22 00:16 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

自己満足の先へ

バレエ教室を検索していて
さくらバレエスクールを知ったという
3歳のお子さんのお母さまから
こんな嬉しいメールが届きました。


発表会を見に行きたいのですが、日時と場所を教えてください。
ホームページの写真を見て、
とても美しく、よい表情の子供たちの姿に一目惚れしてしまい
ぜひ、生で観たいと思いました。


いやー
嬉しいじゃないですか!


もちろん、
もっともっと美しく踊る生徒さんをお抱えのお教室、
いっぱいありますよ。
前世はクサカゲロウかな?と思っちゃうほど
人間離れした美しさの子供たちが
ホームページを飾る本格派の教室に比べれば
ウチなんか、まだまだだと思います。

でも
こうして

第三者の目を通して
「一目惚れしました」なんて評価をいただけるのは

素直に喜んでいいよねっ♪


生徒たち!みんなも喜べ!

みんなは、もう
自己満足で踊るだけじゃなく

観客や、写真を見た方に
感動を与えられるダンサーなんだよ。

これって、すごいことだと思うなあ。



回を重ねるごとに
期待が高まっていく発表会。

期待を裏切れないなというプレッシャーは
なかなかのものですが

現状に満足せず
努力を重ねている出演者の魅力を
最大限に引き出せるように
私ももっとがんばってみます。


メールをくださったお母さま、
あと1年、楽しみにお待ちくださいね!
で、発表会が終わったら
子供さんの体験にいらしてくださいね!




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2018-02-12 20:55 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

いいぞ、もっとやれ!

発表会の振り写しが進んでいます。

大人の皆さんは
私が他の人の指導をしている間
自分たちで細かくフォーメーションの確認をしたり
休んでいた人に変更点を伝えてくれたり。

お仕事などで
なかなかレッスンに来れない人もいるんですが
みんなで協力してフォローしてくださって。

真剣に練習したり話し合ったりしているのを見ると
本当に頭が下がります。
おかげさまで、だんだん形が見えてきましたね。

まっ、踊り込みはこれからですが(^^;)




子供たちは
レッスン後、輪になってノートを広げて
振り付けや注意点を確認しながら
熱心に記入。

子供たちの小品は
同じ演目になることが多く
前回「兵隊」を踊った子が「人形」を踊ったり
その逆のパターンもあるので
お互い、教えあったりできるんです。

膝を突き合わせて、真剣な話し合い。
たまにちょっとポーズを取ったり軽く動いてみたり。

何を話しているかはわからないけれど
自分たちだけではわからないことは
ちゃーんと質問してくるから、安心。



わかりやすく人に教えたり
軌道や位置を自分たちで確認したりすることは
本当に理解していないとできないことで
前向きに取り組んでいないとできないことで

この能動的な姿勢が
ますます作品への愛着や
仲間との結束を強めるのかな、と思って

心の中で
「いいぞ、もっとやれーっ!」ってニヤニヤしながら見ています。


みんなの作品だからね。
このまま
みんなで仲良く、大事に育ててあげてください。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2018-02-09 21:27 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

わかめ役の彼のように

さて

先日の記事では
出演者や保護者の皆さんは
みんな、平等だという持論を述べましたが

今日は
全く反対の話をしなければなりません。


立場は、平等なんですよ。
しかし
だからといって

みんなが同じようにスポットライトを浴びることが出来るか、というと
そうではありません。

ひときわ、目立つ役柄もあれば
コールドだっています。
コールドでも、前列の人もいれば後列の人もいるし
センターで踊る人も端で踊る人もいます。

なるべく平等に
順番に見せ場を作ったり
位置を入れ替えたりされる先生もいらっしゃいますが

私は
個々の見せ場より
作品の完成度を優先しています。
だから当然、差がでてくるんです。


誰が、どの役になるか。
誰が、どの位置で踊るのか。

これを決めるにあたっては
実力、レッスンに通える回数をはじめ
素直さ(本番までの伸びしろになる)や、忍耐力
身長がポイントになることも多いですし、
わずかではありますがスタイルを含めた容姿なども選考基準に入ります。
(ダンサーの体を見せる芸術なので、当然と言えば当然)

作品が、そして
発表会が

一番いいものになるように
考え抜いて決めています。
(だから、出演申込の締め切りが早いんです)

しかし当然ですが
スポットライトを浴びる人だけが、
踊っているわけじゃないですよね。

舞台に立つ者、全員が
精一杯自分の持っている力を出し切ることで

観客に感動してもらえるんです。


かなり昔のものですが
私が大好きなCMです。(音量注意)


どんな役であっても
与えられた役を
全力で演じてほしい。

全員が、同じように
それぞれの全力で頑張ってほしい。

だから

配役に差はあっても
「立場は平等」なんです。

ちょっと逆説的ですが、理解していただけると嬉しいです。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2018-01-10 00:09 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(2)

成長の条件

クリスマス会が終わったら
子供クラスは冬休み。

学校も休みで
家でまったり過ごしているであろう子供たちに向けて

2019年3月 第3回さくらバレエスクール発表会の
演目とキャストを公開しました!


最後まで悩んだのが
上級生のヴァリエーション。

学業、クラブ、進路…。
バレエにばかり集中できなくなってきた彼女たちが
発表会本番までにどこまで成長できるのか。

上級生に限らず
最年少の生徒から大人まで
毎回
本番までぎりぎり頑張って
ようやく到達できるレベルに
目標を設定しているんですが

今回の上級生たちは本当に、読めない。


めっちゃ悩んで

テクニック、演技力、持久力が試される
それぞれにとってハードな曲を選びました。

今までのように
がっつりレッスンに来れなくても

彼女たちなら
集中して踊り込んでくれるはず。


はじめはきっと
ぐだぐだになると思うんですよねえ。
でもそこから、黙々と努力して
モノにしていく過程を
他の生徒たちに見せてあげてほしい。


たくさんの生徒たちが
たくさんの作品を
練習しなければならない状況で

自分が先生に見てもらえる時間なんて、ほんの少し。

そこで集中して注意されたことを理解して
空いている時間を使っていっぱい練習する。

これをやるから
上達するんですよね。

先生が見ているときだけ頑張ったって
うまくなれないんです。

それをわかっているのは

残念ながら、ごく一部の生徒だけ。

まだまだ生徒たちは精神的に幼いから
そんなものだとは思うんだけど。


上級生たちの
発表会までの努力と向上心、
そしてその結果
どれだけ成長できるのか。

みんなに
見てほしいなと思っています。

まったりしている場合じゃないぞっ


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-12-29 01:10 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

生みの苦しみと楽しさと

創作…。
好きか嫌いかと聞かれたら

どちらともいえないですねー

振り付けは大好きなんですよ。
でも、

形になるまでが、苦行なんです。
もう、エネルギーをみんな吸い取られる感じ。

創作って
最高にエキサイティングなんだけど
気力体力を消耗するんです…。



その昔、学生時代に創作をしていたころ
煮詰まってしまって
先生の部屋にみんなで集まって
夜が更けても
あーでもない、こーでもないと
うんうんうなっていて

ふと窓を見ると
外がうっすら明るくなってきて
「ああ、もう朝なんだなあ…。なんにも進んでないよなあ…。」と
絶望的な気持ちいると

目の端に
舟をこぐ友人の頭が映りました。

連日、踊りまくってからの徹夜だもんね。
仕方ないか。

そう思って周りを見ると

もう一人、腕組みしてがっくりとうなだれている友人が。

さらに


先生は



天を仰いで白目むいてた _| ̄|○



たった一人
起きていた友人と目が合った瞬間

彼女は
意を決したように


ばーん、と机に手をついて立ち上がり

「もう、みんなで寝ましょう!」


今となっては笑い話だけど
当時は辛かったなあー
それだけ時間かけたって、ろくなものができなかったんだから。

そう、ろくなものができない可能性だって、十分にある。
それが、本当に怖い。
才能の塊のような人は
さらっと作ったものが素晴らしい作品になるのかもしれないけれど
私はそうじゃないから。


窓から差し込む朝日を見ていたあの日のように

今も、ずっともがいています。


まあ、しっかり考えていれば
ある時ふっと
振り付けが降りて来たりするんですけどね。

じっとこらえて
神の降臨を待つとするか。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-10-20 17:37 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(2)

決定!

さあ、

2019年 第3回さくらバレエスクール発表会に出演してくださる
大人クラスの生徒さんが決定しました!

「待ってました!」とばかりに
あっさり出演を決めた方も多かったのですが
迷いに迷って、ようやく決断された方もいて。

逆に
いっぱいいっぱい考えて
後ろ髪を引かれる思いで
出演をあきらめた方も。

それぞれの生活で大事なものもあるし
舞台に立つ責任感に押しつぶされそうになって悩んだり。


大人のバレエの発表会出演って
子供のそれとは大きく違って
ただ楽しい!とか踊りたい!とかで
簡単に決められないんですよね。


それぞれの思いの強さや大きさを知るほど
出演を決意してくれた方に
満足してもらえるような舞台にしなければ、と思うし

今回、涙をのんで
出演をあきらめた方が
「次」を目標にできるように

観客にも満足してもらえる
いい舞台をつくろうと思っています。


さっ、がんばろう!
まずは大人の振り付けからだなー
プレッシャーで、おかしくなりそうだけど(;^ω^)



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-10-02 23:17 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

 Go up the stairs

大人クラス さくらバレエサークル の
発表会参加希望の締め切りが近づくにつれ

続々と
チャレンジャーたちの「決意表明」が寄せられています。

しかし、当然なんですが
「不参加」の意志を伝えてくれる方も。


ご家庭の事情や
お仕事の都合など
本当に残念だけど、やむを得ない理由での不参加は
仕方がないと思うんです。


中には

どうも腑に落ちない理由で
参加を見送ろうとしたり
曲数を減らしたりする方も。

私が腑に落ちない理由、とは

「納得のいくコンディションで踊れないから」
「ちゃんと踊る自信がないから」
「100%の力を発揮できないのが悔しいから」


舞台経験豊富な皆さんにお伺いしたいんですが

「最高のコンディションで
自分が持っている力の100%を出し切った舞台」

…って、どれくらいありますか?


ダンサーとしては三流の私が言うのでは
説得力がないかもしれませんが
私、そんな幸運経験したことありません。

必要以上に緊張したり
直前に小さな怪我をしたり
体調が悪かったり

開腹手術の3か月後に本番、なんてのもあったっけ。



足を運んでくださる観客のために
最善を尽くすのは当然ですが

趣味で楽しむバレエの発表会で
100%の力を出せないからあきらめる、というのは
もったいない気がします。


その時の自分にできる精一杯を目指すことで
ひとつずつ、階段を上っていく。

たとえ
スタートが遅れても
自信がなくても

階段に
足をかけることに意義があるんです。

階段に足をかけなければ
上へは行けないから。


「今回の発表会には出ないで(曲数を減らして)
もっと上手になってから出よう(曲数を増やそう)。」

あまーい!

舞台出演は上達への最短コース。
出なかったあなたと
1曲だけ出たあなたと
2曲チャレンジしたあなたとでは

2年後、大きく差が開いているはず。

上達のチャンスを
みすみす逃しますか?


もちろん、乗り気でないなら勧めませんよ。
中途半端な気持ちで踊ってほしくないし。

でもさ、

踊りたいんでしょ?

じゃあ、踊ろうよ。



なお、
1曲か2曲で悩んでいる方へ。

全員、2曲踊れるわけじゃないんです。
2曲踊れるのは、条件をクリアした方のみ。

レッスン参加回数やレベルなど
条件に満たない参加者のために
1曲、という選択肢を設けているのであって
十分踊れるのに、レッスンにも参加できるのに
1曲出演を選ぼうとする方がいるのは想定外でした。

もちろん、いいんですよ。1曲でも。
でも、いいんですか?
ほんとに、後悔しませんか?

私は、あなたが後悔するような気がします。
私の思い過ごしかな?


まだ決意表明されていないみなさん。
あと一週間、
しっかり考えてくださいね。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-09-24 20:09 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

岐路

2012年に開講してから5年が経過し
まだ幼かった生徒たちは
勉強に部活にと、忙しくなる年齢に差し掛かりました。

塾や部活の時間を調整して
バレエのレッスンに来てくれる子も多く、
前回の発表会以来、退会した子はいないのですが
(遠方に引っ越した〇ちゃんも、事情でしばらく大阪に滞在することになったため
引っ越し先に帰るまでの間、通ってくれることになりました)

次の発表会までに
ハードな部活に所属したり
遠方の学校に通うことになったり
がっつり塾に通うことになったりした場合

コンスタントに
レッスンに通えるのか?

対象年齢の生徒たちに聞くと

両立が難しい部活とバレエとで
どちらを選ぶか悩んでいる子
進学先によってはレッスンに通えなくなってしまう子…。

「発表会に出たいんです。でも…。」

うわー

心が痛いなあ。


以前からこのブログでも書いていますが
私は、生徒たちには
バレエ以外の生活も大事にしてもらいたいんですよね。

やってみたい部活があるなら
頑張ってほしいし
勉強だっておろそかにしてほしくない。

バランスの取れた人間性を備え
力強くしなやかに社会の波を乗り越えていける大人になるには
バレエだけではなく、様々な経験を積むほうがいい。
(バレエを極めたいなら話は変わってくるけれど)

だから
もし、もし
バレエを続けられなくなったとしても
やむを得ないのかなあ、とは思うんですが


…辛いなあ。


ちょっとした人生の岐路。
それぞれにとって、ベストな選択をして欲しいのですが


対象年齢の子たちの踊りは、さくらバレエスクールの華。
他の子たちもどんどん上手になってきてはいますが、まだまだ、追いつきません。
私にとっても、複雑な指示を一瞬で理解してくれる頼もしい存在。

できることなら
一人も欠けずに
次の舞台を彩ってほしいのがホンネです。
あ、言っちゃった(;^ω^)



なお、
同じ状況で
部活や勉強に忙しい日々を送っている別の生徒たちは

「発表会?出まーす!」

当然、といった表情で
さらっと言ってくれた♪

嬉しいようー


 -追記-
現在のスケジュールでは
高校進学後のレッスンが難しいため
またまた「秘策」を練り練りしております。
かわいい生徒たちのために頑張るぞ!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-09-21 12:03 | Trackback | Comments(1)

実は、ベテランだった。

次回の発表会では
子供クラス さくらバレエスクール 上級クラスの生徒たちに
床技なんかを含む、少しハードな振り付けに挑戦してもらおうと思っているので
少しずつ、レッスンで
クラシックバレエではありえない動きを取り入れているんですが

これ、始めると

生徒たちの表情が
明らかに変わるんです。
もう、楽しくって仕方がない、という感じ。

きゃっきゃっ、と
あちこちから笑い声も聞こえてくるし。



実は

クラシックバレエを習いたくて
集まってくれた子供たちに
クラシックバレエではない踊りを練習させることが

少し、怖かったんですよ。

素直な生徒たち。
私が踊れと言えば
どんな踊りでも踊ってくれる。

でも
心の中で
こんなの嫌だな、と思っていたら
かわいそうだな、申し訳ないなと。


でも、杞憂でしたね。


あんまり楽しそうなんで

「ねえ、こういう踊り、好き?」
と聞いてみると

みんな
これ以上ないくらいの笑みで
「好き!好き!これがいい!」



しかし

バレエ教室に通っているというのに
なんでこんなに変わった振り付けが好きなのかな?


ああ、そうか
この子たち

こういうの、踊ってたんだっけ

b0185509_22025846.jpg
b0185509_22025075.jpg
b0185509_22023956.jpg



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-09-15 22:12 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)