ブログトップ

さくら徒然日記

保護者の皆さんへ

さくらバレエスクールの保護者の皆さんは
本当に熱心で、真面目な方ばかりで
スクール運営の大きな力となっております。

なので
もう一歩、踏み込んだお願いをさせてください。


前回の発表会の後や
普段のレッスンなどで
時折、耳に入ってくることなんですが

「楽屋で食べものを持って走り回っている子がいました」
「挨拶ができていない子がいます」
などなどなど

生徒の態度がなっとらん、ということが
問題になることがあります。


もちろん、私のほうでも指導はします。

でも
子供って、その場で注意されたほうが
いいと思いませんか?

挨拶ができていない子がいたら

レッスン前に全員(きちんとできている子も含めて)に向かって
「挨拶はきちんとしなさい」
と注意されるより

まずは
その場にいる保護者の皆さんが
子供たちに挨拶してみる
で、挨拶が帰ってこなかったりしたら
それはその場で一言
「挨拶、ちゃんとしようね」と
言ってもらうほうが

心に響くと思うんです。


今回、楽屋で子供たちだけにならないように
責任を持って監督する担当を
一応は決めていますが

係だけが、親だけが、講師だけが
子供を監督するのではなく

その場にいる保護者の皆さん全員で
子供たちの指導をし、面倒を見ていただきたいんです。

そうすれば
楽屋で暴れる子がいる、なんて
問題になることないですよね。
その場で一言、注意してもらえればいいんだから。
それでも言うことを聞かなければ
(発表会で浮かれているんですよ。悪気はないんです)
すぐにお母さんなり、私なりに伝えてもらえばいいんです。


保護者の方々全員が
生徒全員をわが子と同じように
注意したり、褒めたり(これも大事!)してくだされば

生徒たちはみな
心も美しく健やかに成長すると思うんです。
その結果
皆さんのお子さんも
よりよい環境でレッスンできるようになるんです。


あと、蛇足ですがもうひとつだけ失礼します。

子供たちは
動いちゃダメ、しゃべっちゃダメ、という状況で
きちんとそれを守る練習をしています。

お母さん方はいかがですか?
レッスン中というしゃべっちゃダメな状況で
おしゃべりに夢中になっていませんか?
仲良くしてくださるのは、とってもありがたいことなんですが。

子供たちは
見てますよ。



HPにも書いていますが
生徒だけでなく
指導者も、保護者も
互いに高めあえる関係でいたいと思っています。

皆さんとなら
それができると思っています。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-04-06 20:33 | スクール | Trackback | Comments(0)

涙がこぼれないように

発表会の振り付けが進むさくらバレエスクール

私は
それぞれのダンサーが
本番まで目いっぱい努力して
ぎりぎりこなせるくらいの難易度の振り付けをしています。

子供の生徒に対しては
テクニックの難易度は落としますが
フォーメーション、音の取り方、タイミング、演技力…。
このへんは、かなり難しいと思います。
覚えることも多いです。

最年少クラスの生徒には
あえて、バラバラの振り付けを覚えさせています。
私たち講師も、メモを見ないと覚え切れないほど複雑です。
しかし、
「これは、あなたの振り付けだから覚えてね。」
というと
数回のレッスンで覚えてしまう。

責任感、なんでしょうね。
頼もしいです。


進度が早い真ん中クラスは
もっともっと複雑になってきます。
まだ幼い生徒にとって、簡単に覚えられるものではないんです。
でも、がんばって覚えないとね。
真ん中クラスだもんね。

こちらも
ひとりひとり振り付けやタイミングが変わったりするので
わからなければ誰かを見ればいいや、は通用しません。
つい、つられて間違えてしまう。
何度も間違えると、怒られる。

目にいっぱい涙をためて
でも、その涙がこぼれないように目をしっかり開けて
真っすぐに私を見つめる子供たち。
涙がこぼれそうになると
後ろを向いて、そっと指先で涙をぬぐって
また、前を向く。

あちこちで
そんな姿を目にします。

ちょっと前までは
怒られると
ひたすら落ち込んだり
笑ってごまかそうとしたりしていた彼女たちが

泣くのをこらえながらくらいついてくるんです。



バレエに限ったことではないけれど
習い事に励んだからと言って、全員がその道のプロになるわけじゃない。

では
なぜ子供に習い事をさせるのか。

技術・テクニックだけではない何かを身に着けて
成長の糧にしてもらいたいと考えているのは
私だけではないでしょう。

その習い事が大好き、楽しい、という思い出なども含めて
壁を乗り越える力、困難に立ち向かう姿勢、
本当に努力することで得られる充実感を知った子供たちは

強く、しなやかに生きていける大人になれると思います。



人が成長していくなかで
習い事が関われる時間や影響は限られているけれど

生徒たちが大人になったときに
バレエを頑張ったことが
見えないところで彼らを支える力になってくれたら、と

出過ぎたことを考えています。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-03-15 11:48 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

未来の担い手

今日のレッスン後

アシスタントの助美ちゃんと
「子供たち…ほんとにすごいよねー
あっという間に上手になるよねー」と
しみじみ語っておりました。


どのクラスも
年々、レベルが上がっていて
毎年「今のクラス、史上最強!」と思うのに
毎年、それを超えるクラスになっていく。


成長した子たちは
もっと、上手になっていく。


正直な話、
さくらバレエスクールを立ち上げたころは
子供たちをその時点での年齢でしか見ることが出来なかったんだけど

今は

彼女ら、彼らの
2年後、5年後、10年後が
透けて見えるんです。

美しく、凛々しく成長した姿が。



子供は、未来の大人。
私たちを凌駕していく存在。

私たち大人は
先に生まれただけで、えらいわけでも何でもなくて
この世界を次の世代に引き継いでいくだけなんだ、と思うのです。


子供たちが
幸せに過ごせて
強く、しなやかに、のびのびと成長できる世界は
未来も明るいんじゃないかと思っています。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2018-02-10 23:28 | スクール | Trackback | Comments(0)

台風の影響

季節外れの台風21号。

22日の夜から23日にかけて
大阪にやってきました。

22日、23日とも
大人クラスのレッスンがあって
少し、迷ったんですが

まあ、大人だし
レッスンは台風直撃の時間ではないし
各自の責任で、ということで
いつも通り、レッスンを行いました。

22日は
むしろいつもより参加者が多いくらいで
なんの問題もなく、レッスンを終えたのですが


翌朝、23日。


道路は、あちこちが冠水。
通行止めの道もあったり、事故で流れが悪くなっていたり。

また

電車が不通になっていた影響などもあって



我が家からスタジオまでの道が、ありえないほど混雑していた_| ̄|○


いつもレッスン開始の30分前くらいに到着するように
出発しているんですが

その時間の20分前に出発したのに
20分の大遅刻。

読みが甘かったー
本当にすみません…。
もちろん、その分延長して
きちんとレッスンは行いましたが
ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m



そして
台風の影響は
子供クラス生徒にも。


ニュースでも取り上げられていましたが
スタジオ近くの男里川にかかる
南海本線の橋がゆがんで不通となってしまい
復旧の見通しが立っていないそうで

電車で通う生徒が
自力でレッスンに来れなくなってしまう事態が_| ̄|○

代行バスはあるものの
下手すりゃ3時間待ちとかで(;^ω^)
ほぼ使い物にならず
お母さん方のご協力などで、なんとかスタジオに来れる日もあるけれど
(これはお互いに負担になるといけないので、強制はしたくないんです)
レッスン参加回数が激減してしまうのは避けられないようです。


うー
早く復旧してくれないかなあ、南海本線。



ところで

先に話題に上がった大人クラスですが

20分遅れでスタジオに到着し、ドアを開けると


みんなそれぞれ
熱心に練習してた!

いやー

てっきり、座り込んで
おしゃべりに花を咲かせているかと思っていたのに(;^ω^)



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-10-26 14:28 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

答えは明白

バレエが大好き、と言ってくれる子がどんどん増えて
みんな、あっという間に
いろんなことが出来るようになっていく

頼もしい、最年少クラス。


心地よい緊張感を崩すことなく
でも、レッスンを心から楽しんで
みなで競うように
講師の言葉を全身で受け取り
上達していく

頼もしい、真ん中クラス。



…に比べて

今一つ、覇気が感じられないのは
なんと、最年長クラス。


レッスンの受け方から問題がある。


講師の説明をちゃんと聞いていなかったり
聞いていても、実際に動いてみて自分のものにしようとしなかったり
だから何度も間違えるし、注意されたところもそのまんま。
アンシェヌマンや振り付けを本気で覚えようとしないから、まず練習にならない。
(頑張って覚えてるけど難しくて無理なんです、って思うならこのクラスの受講は無理です。本気出してないだけ。)

張りつめた空気の真ん中クラスのレッスンとは大違い。

あまりの惨状に

がつん、とどなりつけました。
「バレエのレッスンを受ける態度じゃない!」


すると

次の日のレッスンで

目が合う子、続出。

私の顔色を見ながら
レッスン受けてるんです。


で、
みんな一応ちゃんと話を聞いて
ちゃんと自分で練習して
一見、集中しているように見えるんですが


ふふふ。

みんな、知らなかった?





背中にも
目、ついてるよ。



私が見ていない(見てるよ)ときに
ぼーっとしてるの、知ってるよ。



もちろん、
最年長クラスにも
ちゃんと努力している子もいっぱいいます。
そういう子は
本当に、本当に努力してる。


「先生に怒られないように」努力する子とは
気迫が違う。


私が見ているかを気にしながら受けるレッスン、集中できないでしょ?
頑張ってるふりしたって、意味ないでしょ?

頑張ってる子は
頑張ってるふりなんて、しないよ。
そんな余裕ないもん。



しかし
これは全員に言えることなんですが

悪気がある子はいないんですよね。

集中しきれていないのは
比較的、進級したばかりの子たちに多い現象なので
時間も長く、内容もハードになったレッスンに
頭と体がまだ順応していないんでしょうね。

叱っても
改善されないことが分かったので
別の対策を考えるとするか。



あ、

この記事を見て
「頑張ってる子と頑張ってない子、
私、どっちだろう?」と思った子。

わかるよね?

頑張ってる子は
もれなく、上手になってます。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-10-06 21:04 | スクール | Trackback | Comments(0)

岐路

2012年に開講してから5年が経過し
まだ幼かった生徒たちは
勉強に部活にと、忙しくなる年齢に差し掛かりました。

塾や部活の時間を調整して
バレエのレッスンに来てくれる子も多く、
前回の発表会以来、退会した子はいないのですが
(遠方に引っ越した〇ちゃんも、事情でしばらく大阪に滞在することになったため
引っ越し先に帰るまでの間、通ってくれることになりました)

次の発表会までに
ハードな部活に所属したり
遠方の学校に通うことになったり
がっつり塾に通うことになったりした場合

コンスタントに
レッスンに通えるのか?

対象年齢の生徒たちに聞くと

両立が難しい部活とバレエとで
どちらを選ぶか悩んでいる子
進学先によってはレッスンに通えなくなってしまう子…。

「発表会に出たいんです。でも…。」

うわー

心が痛いなあ。


以前からこのブログでも書いていますが
私は、生徒たちには
バレエ以外の生活も大事にしてもらいたいんですよね。

やってみたい部活があるなら
頑張ってほしいし
勉強だっておろそかにしてほしくない。

バランスの取れた人間性を備え
力強くしなやかに社会の波を乗り越えていける大人になるには
バレエだけではなく、様々な経験を積むほうがいい。
(バレエを極めたいなら話は変わってくるけれど)

だから
もし、もし
バレエを続けられなくなったとしても
やむを得ないのかなあ、とは思うんですが


…辛いなあ。


ちょっとした人生の岐路。
それぞれにとって、ベストな選択をして欲しいのですが


対象年齢の子たちの踊りは、さくらバレエスクールの華。
他の子たちもどんどん上手になってきてはいますが、まだまだ、追いつきません。
私にとっても、複雑な指示を一瞬で理解してくれる頼もしい存在。

できることなら
一人も欠けずに
次の舞台を彩ってほしいのがホンネです。
あ、言っちゃった(;^ω^)



なお、
同じ状況で
部活や勉強に忙しい日々を送っている別の生徒たちは

「発表会?出まーす!」

当然、といった表情で
さらっと言ってくれた♪

嬉しいようー


 -追記-
現在のスケジュールでは
高校進学後のレッスンが難しいため
またまた「秘策」を練り練りしております。
かわいい生徒たちのために頑張るぞ!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-09-21 12:03 | Trackback | Comments(1)

歳月

当然のことですが
子供は、成長します。


自宅で
さくらバレエスクールができた当初の映像を見たという
アシスタントの助美ちゃんが

「映像ではみんな、小さいんですよ!特に〇ちゃんとか。」

そう。

〇ちゃんといえば
その当時、一番小さかった生徒。

レッスンになじめず
列を離れては
クラスメートが踊っているのを
指をくわえて見ていたっけ。


そんな彼女が

7月から上級クラスだもんなー

今では
クラスメートたちを
引っ張っていく存在だもんなー


たった5年足らずの間に
こんなにも人って成長するんですよね。
だから、どんなに幼い子でも
一人ひとりを
一人前の人として
敬意をもって接しないといけないなあ、と感じています。



ところで


件の映像について
助美ちゃんがもう一つ感想を。


「先生がとっても若かったです!」



助美ちゃん。



それは



誉め言葉じゃあないぞ。


今、老けてるってことだぞー

えーん。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-06-16 21:36 | スクール | Trackback | Comments(0)

休みたくない

5月も終盤となり
運動会で休みます、という報告が次々と耳に入るようになりました。


姉妹でさくらバレエスクールに通ってくれる〇ちゃん、△ちゃん。

妹の△ちゃんが
次の土曜日、運動会で休むということだったんですが

お姉ちゃんの〇ちゃんは
△ちゃんの運動会に行かないの?

と聞かれて

「行くけど、
途中で抜け出して電車に乗って
バレエのレッスンを受けに来るよ。」

と答えていたのを

横で聞いていた△ちゃん。


「えーっ!!

お姉ちゃんだけずるい!

私も運動会途中で抜け出して、バレエのレッスン受けに来る!」

いや、
あなたの運動会だから(^^;)


でも、焦る気持ち、ちょっとわかる。
一回一回のレッスンを大切にしている子は
日に日に上手になっているもんね。
どのクラスの子も。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-05-26 01:13 | スクール | Trackback | Comments(0)

2か月後輩

では前回の記事に引き続き

さくらバレエスクール 真ん中クラスへ進級したばかりの
5月進級組 3名について書いてみます。


彼女たち

小学3年生と年齢も上で
よその教室でレッスンを受けてきた経験者で

しかも
3人とも

すらっと長い手足の
美しいスタイル。

レオタードに身を包み
髪をシニヨンに結い上げると
もうそれだけで美しい。

なのに


体が硬い…。


ええ、そりゃあもう
結構な硬さですわ(^^;)


進級するにあたり
真ん中クラスのレッスンは
ある程度の柔軟性がないとケガをするよ、と
言い聞かせていたのですが
でもやっぱり硬かった。


しかし


GWの休み明けのレッスンで

みんな、柔らかくなってたー!


おうちで頑張ってた?
と聞くと

脚に頭を引っ付けながら
黙ってうなずく。


1年生や
園児には
負けてられないもんね!

早く3月進級組に
追いつけ!追い越せ!





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-05-15 01:00 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

14~5年後

こんな記事を見つけました。



ノーベル賞だの高学歴だの
キャッチ―な文句が並んでおりますが

「自制心、やり抜く力のある子は伸びる」

という研究結果について書かれたものです。


また、これは以前にこのブログでも紹介したんですが
けっこう有名な、マシュマロ実験

4歳の子供の目の前に1つのマシュマロを置き
「15分食べないで待っていたら、もう1つあげるよ。」
と言い残して
大人は部屋から出ます。

自分を制することで
より多くの報酬がもらえる状況で
子供たちは、目の前の誘惑に勝つことができるのか?

この実験に参加した子供たちの
14~5年後を追跡し

目の前のマシュマロを我慢できた子供たちのほうが
18~9歳の時点で
人生がなにかしらうまくいっていることを発見したそうです。


これらの実験では
そもそも、成功する子は生まれつき自制心を持っている、ということなのか
後天的に身に着けることができるのかが
はっきりしないのですが


少なくとも

幼少期から
なにか身に着けさせようとすれば

下手な早期教育より
自制心なのかな、と思います。


さくらバレエスクールのレッスンでは
まず、きちんと決められたポーズでじっと止まることを教えます。

子供にとって
じっとしていることは案外難しいもの。

でも

これができるようになれば

静かに先生の話を聞けるようになるし
45分のレッスンの間、集中力を切らさないようにすることもできるし
そしてその結果
複雑な振り付けや、細かい位置取りができるようになるんです。


今、発表会のDVDの検品をしているんですが
最年少クラスのクオリティ、半端ない!

複雑な振り付け、多岐にわたる位置取り…。

大人でも、ちょっと厳しいんじゃないかと思うくらい難しいんですよ。

これを、4歳児がやってのけちゃう。
途中で投げ出したり、嫌がったりせずに
それぞれの責任をきちんと果たしているわけです。


いやー、すごいねー
素晴らしい発表会だったねー
なんていう評価は副産物で

本当の価値は

子供たち自身の成長にあるんだと思います。

確実に、「自制心」は育っているはず。


ウチの生徒の
14~5年後も調査してほしいなあ。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-04-29 20:28 | スクール | Trackback | Comments(0)