人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

不謹慎ながら

先日の大人のレッスンでのこと。

バーの途中でメンバーの〇ちゃんが怪我をしてしまいました。


近くに整形外科があるものの、痛みで動くことができなかったため、救急搬送。
私が病院へ付き添いました。


病院の先生の迅速な処置のおかげで痛みは治まり
検査の結果、安静にすればじきに回復するとわかって一安心。



この一件で
それはもう、いろんなことに気付き、考えさせられました。


まず

レッスン内容や進め方に無理はなかったかということ。
どんなスポーツでも怪我のリスクはあり、それを完全に排除しようとすればなにもできなくなってしまうのですが
限りなくリスクをゼロに近づけるにはどうするべきだったか。
今回のことを教訓に、慎重に考えていく必要がありそうです。


それから

当然、レッスンは途中で打ち切りとなったわけですが
他の参加メンバーたちは不満を漏らすどころか
もう、どうしてこんなに協力してくれるの?というくらい助けてくれました。

パニックになってしまっている私の代わりに
完璧に段取りしてくれました。
おかげで、「あとはまかせた!」と心置きなく病院へ行けた。
みなさんがいなかったら…。と思うと…。

後始末をきちんと済ませて
病院へ駆けつけてくれて、遅くまで付き添ってくれたり
都合で一足先に帰宅した方が
「もう用事はすんだので…。〇ちゃん、おなかすいてるんじゃないかと思って。」
と、おにぎりを買って自転車で駆け付けてくれたり
〇ちゃんがスタジオに乗ってきた自転車を
「私、〇ちゃんの自宅まで乗っていきます!〇曜日以外なら大丈夫です!」と言ってくれる方もいて。


彼女たちの言動が心にもないものなら
私は、きっと、とても傷ついたと思う。

〇ちゃんに怪我をさせ、痛い思いをさせてしまったショックと
せっかく楽しみにしてくれていたレッスンを途中で切り上げてしまったショックで
(わざわざ休みを取って来られた方もいた)
ものすごく落ち込んでいたところへ

もし、もっともらしく眉を寄せて、うわべだけの言葉で
「気にしないでくださいね~。」と言われてしまったら。

私は
こんなことまで気を遣わせてしまったのかと
激しく落ち込んでしまったに違いない。


とてもまっすぐな心からの言葉。

どれだけ救われたか。


そして

もっと救われたのが
当の〇ちゃんの診察後の第一声。

「先生、それからみなさんにも、本当にご迷惑をおかけしてすみません。
3週間安静ということなので、
3週間後にまた来ます。 」


あんなに痛く、怖い目にあったのに

「早く、復帰したいです!」



ありがとう。ほんとにありがとう。
そう言ってくれて、嬉しいよ。



不謹慎かもしれませんが

なにかとてつもなくあったかい気持ちになってしまいました。



事故が起こってしまったことは非常に残念なことですが

同じような事故が起こらないようにするための教訓であり

人が持つ優しさの力を実感できた出来事でもあったのです。



なお

冷静に振り返ると
事故直後の私のパニックぶりはひどいもんでした_l ̄l〇

もう、何回「携帯がない~っ!!」って暴れたことか。
車で近所の整形外科に行って歩いて戻ってきてしまったり、
その車に鍵を置きっぱなしだったり。

みなさんが冷静だったからよかったものの。


火事になったら
一番に逃げ遅れるタイプ。

ちくしょー
落ち着きのある大人の女性になりたいぜ。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-07-12 18:04 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

足指を鍛える

足指を強く、なめらかに使えるようにすることはとっても大事。

バレエに限らず、ほとんどのスポーツや武道、格闘技などにも通じることらしく
足指を鍛えるアスリートの話は枚挙にいとまがありません。


さくらバレエサークルのレッスンも
まず足指をほぐすことから始まります。

今日は特に
バレエシューズの中で5本の足指を開き、
しっかりと伸ばして床をつかんで立つことを意識してレッスンを進めてみました。



夕刻

昔の怪我が原因で
足首の不調に悩んでいるTちゃんからメールをもらいました。

スポーツ障害専門の病院で詳しく検査してもらったそうです。

靭帯の一部が切れたままになっていて、関節が緩んでいた、とのこと。





「この靭帯を補うために周りの筋肉を鍛えていくことで問題は解決します。
バレエ、ぜひ続けてください。」


と言われたとか。


そして、
具体的なトレーニング方法も教えてもらったそうですが

そのひとつが


まさに、今日説明した
「足指を開く」トレーニング!


おおー
ナイスなタイミング!!049.gif


足の指って
手の指に比べて
なかなか器用に動かせないですよね。
力も入れにくいし。

でもねー
ストレッチやなんかと違って
いつでもどこでもトレーニングできちゃうのがすてき053.gif


足指を開いてみたり
指をちぢめずに動かしてみたり
ぐっと床に押し付けてみたり…。

小さめのタマゴくらいのスーパーボールなんかを指でつかむのもおすすめ♪


黙々とスーパーボールを足指でにぎにぎする…。
非常に地味な光景ですなー026.gif

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2011-06-17 21:39 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)

みんな、待ってるよ!

さくらバレエサークル創設当初から熱心に通ってくれるKさん。

おうちで足をぐねらせてしまったらしく、
膝に違和感があるため、一週間レッスンはお休みとのことでしたが

はじめにその話を聞いたとき
直感で嫌な予感…。
…やはり完治は長引きそうです002.gif


私が彼女の怪我のことを知ったのは受傷の翌日だったため
軽く「動かさないで、冷やしておいてね」としか言えなかったのですが

それでも
これ、言っておいた方がよかったかな…と
猛烈に後悔しています。



怪我をした直後の応急処置に
RICE、というのがあります。

R・Rest (安静)
I ・Ice (冷却)
C・Compression (圧迫)
E・Elevation (挙上)

特に安静と冷却はとても大事。
それも生半可な冷やし方ではダメ。
受傷後10~15分以内にビニール袋に入れた氷水やアイスパックを濡らしたタオルで包んで
冷たくて痛くて耐えられないくらい徹底的に冷やします。
感覚がなくなったらはずして、また痛みがでたら冷やす。

安静も生半可ではダメ。
動かなければならないなら、タクシーを呼ぶくらい徹底する必要があります。

これができれば
その後の回復にかかる期間を数日から数週間短くできるそうです。


たとえ受傷翌日でも冷やした方がよかったのかなー


Kさん、みんなKさんの復帰を首を長くして待っています!
しっかり治してから戻ってきてくださいね!
by sakura-ballet | 2010-07-08 00:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

内返しはダメよ

先日のさくらバレエサークルで雨のなか待っていてくれたメンバー。

彼女、前に足首に大怪我をしていて
まだ完治とは言えない状態でさくらバレエサークルにやってきました。

とにかくバレエが大好きで大好きで
「レッスンが楽しみで楽しみで…。」と言ってくれるのですが

怪我の影響か
足首の「内返し」の癖がなかなか抜けず、
悪化させたらどうしよう、とヒヤヒヤすることも。
かといって、ソロも経験しているベテランに
安全策ばかりとるのもどうかと悩み

 ―結果


「まあ、子供じゃないんだから痛い時は無理しないでしょ026.gif

と、非常に投げやりではありましたが(-_-;)

足首や足指、全身のバランスの強化に重点を置きつつ
足首に負担のかかるパも取り入れていきました。


少しずつ内返しも改善されてきて
あまり心配することもなくなったかな、と思っていたら

ずっと通っている整体師の先生に
「足首が治ってきているね。」と驚かれたそうです!
もう大丈夫、なんだって。


よかった!よかった!
本当によかった!



もう~ほんとにヒヤヒヤしてたのよ~
きちんと自己管理のできる人だけど
バレエが好きすぎて突っ走っちゃうところがあったので
無理したらどうしよう、と。

なるべく怪我をさせないレッスンを心がけてはいますが
カラダの専門家ではないので
100%はあり得ないわけで。
怪我をしているなら、なおさらで。


これで安心して
アレグロやグランワルツができるわー
初心者組もどんどん追いついてきてるから
ますますレッスン楽しくなりそう♪
by sakura-ballet | 2010-05-10 23:39 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)