ブログトップ

さくら徒然日記

避難訓練

前回の記事を読んでくれた保護者有志の皆さんが
自主的に
りんくう翔南高校まで避難訓練してくれました!

小学生と園児を連れて
徒歩で高校まで行けるのか
どれくらいの時間がかかるのか検証して
きちんと報告してくれたところによると


晴れていて、特に混雑もない状態の道であれば
10分強で到着するそうですが

園児にとっては
少し負担の大きい距離だったようです。

有事の際は
みんな非難するので
混雑はあるでしょうが
のどかな町で、そこまで人口も多くないし
広い道を通ってくれたので
(裏の狭い道のほうが近いんだけど、火災や倒壊などで通れなくなる可能性があるので
広い道を選んでくださったのは正解だと思います)

予想通り
小学校中学年以上の子供なら
15分程度で到着できそうです。


なので

やはり、15分以内で津波が到着しそうなら小学校へ
それより余裕があれば高校へ
そして
最年少クラス生徒については
(スタジオに保護者がいる中・上級クラス生徒も)
それぞれの保護者の判断で避難場所へ連れて行ってもらうという方法で
避難したいと思います。
もちろん、その場の状況で変わってくるとは思いますが。


この結果を踏まえて
私からも非常時の心構えを
生徒に伝えていこうと思います。


避難訓練してくださった保護者の皆さん、生徒たちや兄弟のみんな
本当にありがとうございました!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-06-26 12:21 | スクール | Trackback | Comments(0)

命を守るために。

先日、大阪府北部で大きな地震がありました。
近いうちに、より大きな地震が来る可能性があるということで
我が家でも防災グッズの点検など行いましたが

レッスン中に大きな地震が来た場合どうすればいいか
改めて考えてみました。


海抜2~3mで、海岸線から1kmほどの場所にあります。
警戒したいのは、津波。

ずいぶん前に市役所で確認したところ
近くにある樽井小学校が避難場所になっているとのこと。

ここなら近いし、安全だ。
万が一の際は、ここへ生徒を誘導しよう。

なんの疑いもなく
そう思っていたんですが

改めて調べてみると

樽井小学校の場所は、海抜5m。
そして、
校舎は3階まで。

…これ、
もし17mの津波が来たら
ひとたまりもないんじゃないか?


スタジオから南東方向へ進むと
海抜は13mを越えていて
そこには4階建て校舎のりんくう翔南高校がある。

ここならより安全だが
問題は、距離。
スタジオからは1km以上離れている。

避難開始から津波到達までの時間で移動できるのか。
生徒の体力・スピードによっては
かえって危険かもしれない。


近場の小学校か、
離れた高校か。
それとも、もっと適当な避難場所があるのか。


…ごめんなさい。
答えは見つかりません。
自信を持って、生徒たち全員を誘導することはできません。
無責任で申し訳ないんですが。


津波の規模も
到達までの時間も
はっきりしたことはわからないなかで
私なりに即時判断して避難するしかありません。


なので

有事の際は
原則、保護者の方がそれぞれの判断で避難方法を決めて
お子さんをお連れください。
未就学児~小学校低学年の生徒の保護者の皆さんは
レッスンの間、
スタジオ近くでお待ちくださいますようお願いいたします。

中・上級クラスの生徒については
保護者の方がいらっしゃらない場合は
私が、避難場所へ連れていきます。
津波到着まで時間がない場合は小学校へ
15分以上余裕があれば高校へ行きます。


近いうちに
避難訓練しようかな。

レッスンも大事だけど
命は、もっと大事。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-06-19 15:17 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)