人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

タグ:レッスン ( 163 ) タグの人気記事

大人クラスさくらバレエサークル レギュラークラスでの一コマ。

センターのアレグロで
ジュッテ ソテ パドシャ グランエシャッペ
というアンシェヌマンを練習してもらったんだけど

つま先がぜんぜん伸びていない。

そこで
つま先をしっかり伸ばすことを意識してもらい
グランエシャッペだけをやってみると

ちゃんと伸びる。


グランエシャッペだけをやってみて
つま先を伸ばしたジャンプができないなら仕方がない。
まだそのレベルではないということ。

でもみなさん
つま先を伸ばしたジャンプはできるわけで。

音楽が早いわけでも
アンシェヌマンが複雑なわけでもないのに

伸びるはずのつま先が伸びないのは

伸びないんじゃなくて
伸ばす意識がないだけだと思う。


いいんですよ、大人だから。
ただバレエを楽しむというスタンスでレッスンに参加されるのも
素敵なことだと私は思うんです。ほんとに。
綺麗な音楽に身をゆだね、仲間たちと一緒に気持ちよく踊ることそのものを
楽しんでもらうのもアリです。

そういう方はどうぞ正直に申し出てください。
ケガのないように配慮しながら、気持ちよくバレエを楽しめるよう
耳の痛いことは言わないようにします。


しかしほとんどの方は
少しでも成長したい、うまくなりたいと思っておられるんですよね?
それなら

漫然とレッスンしていたって
何も変わらないですよ。
いや、むしろ
カラダが変な癖を覚えてしまって
成長の妨げになる気がします。


筋肉って、動きを覚えるんです。
歯磨きって、どっちの手でしますか?
いつもしていないほうの手でやってみるとやりにくいですよね。
これは筋肉が動きを覚えていないから、
脳がいちいち指令を出しているんです。
しかし
いつもしているほうの手で、力を入れすぎたような
間違った磨き方を繰り返していたら
その癖を修正するのって、なかなか大変でしょ?

でも、修正しないと。
歯茎を守りたいなら。
誤った筋肉の記憶を正さないと。


レッスンも同じ。

「こんなもんでいいや」を繰り返していると
「こんなもん」しかできなくなります。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2020-02-23 00:39 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

レッスンの受け方

3人の兄弟姉妹が
1月19日に大阪バトントワーリング競技大会に出場。

お母さまから結果報告がありました。
以下、いただいた文章を要約して転載します。


弦輝ソロトワール第1位
弥礼ソロトワール第3位
真詞ソロトワール第8位
弥礼ソロストラット第1位を戴くことができました。
特に弥礼のソロストラットに関しては沢山の先生方に"弥礼ちゃんの立ち振る舞い一つ一つのポーズが綺麗"と言って戴く事ができました。
真詞は今回からデビューだったのですが
あちこちから"あの子だれ?めっちゃクルクル回るやん!動きが他の子と違う!
誰や?誰や?とプログラムで探されていたようです(笑)
弦輝はボディーワーク綺麗とお褒めの言葉を戴く事ができました。

*********

世界チャンピオンである弦輝君の1位は当然の結果ではないかと思いますが
弥礼、真詞の二人(この二人はスクール生なので、敬称は略しています)への
「立ち居振る舞い、ポーズがきれい」
「動きが他の子と違う」
という評価は
二人にバレエを教えている私たちにとって
最高の賛辞です。

3人とも、レッスン中の集中力がすごいんです。
それぞれ、厄介なウイークポイントがあったのですが
地道な努力で克服しつつあります。
そして、日々成長しています。

この前向きな姿勢は
3人のバトンの師であるお母さまのご指導の賜物だと思います。



年齢、レベルにかかわらず
レッスンをどう受けるか、というのはとても大切なこと。

ただその場に参加しているだけではなにも変わらないどころか
変な癖が定着してしまうことにもなりかねない。

せっかくレッスンを受けるなら
集中し、考えながらレッスンを受け
注意されたところを変えていく勇気をもって
成長の糧にしてほしいです。


前述の世界チャンピオン、弦輝君は
多忙のためなかなかバレエレッスンに参加できないのですが

自宅で
教わったこと、注意されたことを思い出しながら
復習を繰り返しているそうです。
で、どんどん上手になっているということは
レッスン中に教わったことや受けた注意を
きちんと覚えていて、自習に反映させているということ。
(初心者のバレエの自主練はお勧めできないです。
彼はあっという間に初心者ではなくなってしまったので特別ですね。)


3人のますますの活躍、成長に期待しています。
そして


さくらバレエスクール さくらバレエサークルの生徒たちみんなに
より、丁寧にレッスンを受けてもらえるよう
私も試行錯誤を重ねたいと思っています。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2020-01-23 13:17 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

一瞬

大人クラスのレッスン。

皆さん非常に熱心で
日に日に上達なさっているのですが

とても残念に思うのは

レッスンの一瞬一瞬を最大限に活かせていないな、ということ。


もちろん
真剣に丁寧にレッスンを受けてくださっているのですが


たとえば

音楽が始まる前の一瞬だったり
プリエでポジションを変える一瞬だったり
踊り終わったあとの一瞬だったり
センターで移動する時間だったり

決められた動きではない部分で
気が抜けちゃう瞬間があるんですね。

ただ、アンバーっぽいアームスでなんとなく音楽を待っていたり
慌ててポジション変えたり
照れ隠しのように下を向いてしまったり、逃げるように走ったり。


もったいないなあ。


脚を高く上げるとか
きれいにピルエットを決めるとか
それももちろん頑張れたらいいけれど
そんなハードルの高い動きよりも

少し、意識するだけで
大きく印象が変わる「一瞬」を
もっと大事にしてほしいなあ。

ちょっと意識するだけで
ぐっと垢抜けて見えるようになるよ!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
勉強になるブログがたくさんあります。
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-07-12 21:19 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

バレエノート

以前からちょくちょく耳にしていたんですが

一部のお母さん方がレッスン内容をメモしておられるとのこと。


うーん
熱心なのはありがたいんですが…。


私が子供たちに
「バレエノートを作ってレッスンで注意されたことや習ったことをメモしておきなさい。」
と言っているのは
レッスン内容を余すところなく記録しておけ、という意味ではないんです。

だって
小学1年生も多いイエロークラスは
まだ文字そのものも覚えたばかり。
完璧な記録なんてできないのは当然です。

それでも
バレエノートをつけるように促しているのは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておこうとする姿勢や
ノートに記録するという習慣を身につけるため。

だから子供たちには
「一つだけでもいいから、教わったことや注意されたこと、気づいたことを書けばOK!」
と言っています。


お母さん方がこれをやってしまうと
子供たちは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておくことや
ノートに記録するという行為を
お母さんに丸投げしてしまいます。
たとえ、子供本人がノートに記録したとしても
お母さんが完璧なレポートを持っていたら
子供の記録の価値が半減してしまいます。

大人でもそうでしょ?
せっかくレポート作ってんのに、裏で完璧なレポート用意されてたら
やってらんないわ、って思いません?


とはいっても
「うちの子、覚えが悪いからメモ取って復習させないとついていけないから…。」
と思われる方。

今、ついていけなくてもいいんです。

大切なのは
これから伸びていくための下地を作ること。

今はついていけなくても
自分の力で解決する努力を続けることで
ぐんと成長するときが来ます。


子供自身の成長の芽を
どうか、大切に育ててあげてください。



あ、そうそう

一声かけても子供がバレエノートを書こうとしない場合は
本人がその気になる時期が来るまで
放っておいてくださいw



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-06-08 12:10 | スクール | Trackback | Comments(0)

泣けるなんて、最高。

大人クラス さくらバレエサークルのメンバーさんから聞いたお話。


先生、この前のレッスンでね
アダジオを練習している〇さんたちを見ていたら
なんかこう、涙が出てきて。

めちゃくちゃ上手とかそういうわけではないんだけどw
(ちなみに当の〇さんも一緒に話を聞いていた)

一生懸命に踊る姿を見ているだけで
感動してしまって。

ふと、見ると
隣にいた△さんも
そっと目元をぬぐっていて。ねっ?
(△さんも力強くうなずいていた)

こんなに一生懸命に
夢中になれるって
素晴らしいなあ、って思ったんです。

そして

こんなに楽しくて
夢中になれて
感動できる
バレエに出会えて

こうやって
踊っていられることが

本当に幸せなことなんだと思うんです。




その場にいたみなさん、
大きくうなずいておられました。


踊りって

踊り手の気持ちを表現するものであって

テクニックなんていうのは
その手段に過ぎない、というのが
私の持論でして

発表会はもちろんのこと
普段のレッスンでも
生徒の皆さんを
けっこう、追い込んでいくのは

真剣に向き合ったからこそ生まれる
みなさんの「本気」が欲しいから。
「本気」で向き合ったものにしか味わえない
充実した気持ちを知ってほしいから。


レッスンで
クラスメイトの踊りを見て
涙することができるのは
本気で取り組んでいる証。
もちろん、それを踊っている人たちも
本気で取り組んでいる証。

レッスンで
感動して泣けるなんて

最高じゃない?


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

by sakura-ballet | 2018-08-24 23:58 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

アダジオクラス!

少々、先の話になりますが
(私の話はだいたいタイミングが早い)

8月に
男性の先生をお招きして

3日間、夏休み特別レッスンを行うことになりました!

バー・センターレッスンと
アダジオレッスンをお願いしています。



バー・センターレッスンももちろんおススメなんですが

可能であれば、ぜひぜひ受けていただきたいのが
男性と組んで踊るアダジオ(パドドゥ)レッスン。

「私は男性と組んで舞台に立つ予定もないし、関係ないわ。」
と思っていませんか?

アダジオレッスンは
本当に勉強になるんです!

男性のサポートを受けることで
ちゃんとできていた「つもり」でいたことが
実はできていなかった、という事実を
思い知ることができますw

その後のレッスンの受け方が変わってきますよー


バー・センターレッスン、アダジオクラスの参加対象者は
スクール生の上級クラスと
大人レギュラークラスメンバー(有効期限内のチケットをお持ちの方。単発の方は対象外です)
に限らせていただきます。

見学は、バー・センターレッスンについては禁止、
アダジオクラスは
その日のバー・センターレッスンに参加した方のみ可、とさせていただきます。

アダジオクラス対象の方については
生徒・メンバー宛のメールでお知らせしている通りです。

その他、詳細も
生徒・メンバーにのみ、追って連絡いたします。


せっかくのチャンスです!
ぜひ、ぜひ、受けてみてください!






ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
by sakura-ballet | 2018-04-27 22:22 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

休むのも仕事のうち

またまたレッスンをお休みし
助美先生に代講をお願いすることになってしまいました。
面目ない…。_| ̄|○

11月中旬にかかった風邪。
いったん、治まったかに見えたんですが
ずっと鼻の奥でなにか残っているような違和感があり

ある朝、突然
大量の鼻水が。
おまけに、耳にも歯にも違和感。
まあ、これくらいなら、と
それから3日ほどレッスンしていたら

帰宅と同時に一気に発熱…。

ああ、やっちゃったな。
私、副鼻腔炎を起こしやすいタイプなんだそうで。
「風邪ひいたら副鼻腔炎になるから、絶対に風邪ひかないで!」
って言われてたっけ。

今日のレッスンの代講をお願いして
朝から耳鼻科に駆け込むと

がっつり、中耳炎にもなっていました_| ̄|○


元気なつもりなんだけど
もう無理がきかない年齢になっているのかな ションボリ

もっと気を引き締めて
体調管理、徹底していこう!


しかしたまには
助美先生のレッスンもいいんじゃないかなあ。
彼女、目は確かだし
私とは違う切り口のレッスンも面白いと思いますよー

休めるときは思い切って休む。
これも大事なことですよね。


さて

明日は貴重なオフ。
体調を整えるために
また耳鼻科へ行って
クリスマス会の原稿準備して
クリスマス会で配る発表会の要綱準備して
足りなかった巻きスカート縫って
調子が悪い車を修理に出して


…全く休まれへんやないかい!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by sakura-ballet | 2017-12-11 19:08 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

幸せな瞬間。

へんな質問します、すみませんm(_ _)m


バーレッスンでは

まず動きの説明を受けてから
ポジションをとって
音楽を待つわけですが

音楽が始まるまでのこの瞬間って、
みなさんどう思います?



私、この瞬間が大好きなんですよ。



先生からいただいたアンシェヌマンや注意点など
たくさんの情報をインプットして
フル回転している頭の中を
決して周りに悟らせないように

これから行うアンシェヌマンを
最高に優雅に美しく(当社比)キメてやる!
という燃える決意を
決して周りに悟らせないように

ポジションをとって静止する。
静かに、穏やかに、凛として。



短距離走の選手が
スターティングブロックに足をかけて
両手をつき、地面を見つめて
ピストル音を待つ瞬間のような
張りつめた空気。


もうすぐ、もうすぐ
音楽が聞こえてきて
バーレッスンができるというワクワク感。

これを
毎回かみしめているんです、私。
曲が始まるたびに。
(今はあまりレッスンには通えていないのがつらいところですが)


幸せな瞬間だと思いません?


生徒たちを見ていると

音楽が始まる瞬間に
「やるぞ!」という気迫がみなぎっている生徒と
そうではない生徒がいて
(ただポジションをとって静止しているだけ、というのも違うんですよね)

この瞬間を楽しめていないのは
もったいないなあ、と思っちゃうんです。

幸せな瞬間なのになあ。


ちなみに

この瞬間を味わっている生徒は
レッスンの受け方も前向きで
上達も早いです。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by sakura-ballet | 2017-11-18 00:27 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)

台風の影響

季節外れの台風21号。

22日の夜から23日にかけて
大阪にやってきました。

22日、23日とも
大人クラスのレッスンがあって
少し、迷ったんですが

まあ、大人だし
レッスンは台風直撃の時間ではないし
各自の責任で、ということで
いつも通り、レッスンを行いました。

22日は
むしろいつもより参加者が多いくらいで
なんの問題もなく、レッスンを終えたのですが


翌朝、23日。


道路は、あちこちが冠水。
通行止めの道もあったり、事故で流れが悪くなっていたり。

また

電車が不通になっていた影響などもあって



我が家からスタジオまでの道が、ありえないほど混雑していた_| ̄|○


いつもレッスン開始の30分前くらいに到着するように
出発しているんですが

その時間の20分前に出発したのに
20分の大遅刻。

読みが甘かったー
本当にすみません…。
もちろん、その分延長して
きちんとレッスンは行いましたが
ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m



そして
台風の影響は
子供クラス生徒にも。


ニュースでも取り上げられていましたが
スタジオ近くの男里川にかかる
南海本線の橋がゆがんで不通となってしまい
復旧の見通しが立っていないそうで

電車で通う生徒が
自力でレッスンに来れなくなってしまう事態が_| ̄|○

代行バスはあるものの
下手すりゃ3時間待ちとかで(;^ω^)
ほぼ使い物にならず
お母さん方のご協力などで、なんとかスタジオに来れる日もあるけれど
(これはお互いに負担になるといけないので、強制はしたくないんです)
レッスン参加回数が激減してしまうのは避けられないようです。


うー
早く復旧してくれないかなあ、南海本線。



ところで

先に話題に上がった大人クラスですが

20分遅れでスタジオに到着し、ドアを開けると


みんなそれぞれ
熱心に練習してた!

いやー

てっきり、座り込んで
おしゃべりに花を咲かせているかと思っていたのに(;^ω^)



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by sakura-ballet | 2017-10-26 14:28 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

答えは明白

バレエが大好き、と言ってくれる子がどんどん増えて
みんな、あっという間に
いろんなことが出来るようになっていく

頼もしい、最年少クラス。


心地よい緊張感を崩すことなく
でも、レッスンを心から楽しんで
みなで競うように
講師の言葉を全身で受け取り
上達していく

頼もしい、真ん中クラス。



…に比べて

今一つ、覇気が感じられないのは
なんと、最年長クラス。


レッスンの受け方から問題がある。


講師の説明をちゃんと聞いていなかったり
聞いていても、実際に動いてみて自分のものにしようとしなかったり
だから何度も間違えるし、注意されたところもそのまんま。
アンシェヌマンや振り付けを本気で覚えようとしないから、まず練習にならない。
(頑張って覚えてるけど難しくて無理なんです、って思うならこのクラスの受講は無理です。本気出してないだけ。)

張りつめた空気の真ん中クラスのレッスンとは大違い。

あまりの惨状に

がつん、とどなりつけました。
「バレエのレッスンを受ける態度じゃない!」


すると

次の日のレッスンで

目が合う子、続出。

私の顔色を見ながら
レッスン受けてるんです。


で、
みんな一応ちゃんと話を聞いて
ちゃんと自分で練習して
一見、集中しているように見えるんですが


ふふふ。

みんな、知らなかった?





背中にも
目、ついてるよ。



私が見ていない(見てるよ)ときに
ぼーっとしてるの、知ってるよ。



もちろん、
最年長クラスにも
ちゃんと努力している子もいっぱいいます。
そういう子は
本当に、本当に努力してる。


「先生に怒られないように」努力する子とは
気迫が違う。


私が見ているかを気にしながら受けるレッスン、集中できないでしょ?
頑張ってるふりしたって、意味ないでしょ?

頑張ってる子は
頑張ってるふりなんて、しないよ。
そんな余裕ないもん。



しかし
これは全員に言えることなんですが

悪気がある子はいないんですよね。

集中しきれていないのは
比較的、進級したばかりの子たちに多い現象なので
時間も長く、内容もハードになったレッスンに
頭と体がまだ順応していないんでしょうね。

叱っても
改善されないことが分かったので
別の対策を考えるとするか。



あ、

この記事を見て
「頑張ってる子と頑張ってない子、
私、どっちだろう?」と思った子。

わかるよね?

頑張ってる子は
もれなく、上手になってます。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by sakura-ballet | 2017-10-06 21:04 | スクール | Trackback | Comments(0)