人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

タグ:さくらバレエスクール ( 189 ) タグの人気記事

目の保養

最年少クラスのレッスン前。

いつも
鬼ごっこしたり
おしゃべりしたり
お母さんに甘えたりしながら
レッスン開始を待っている4~5歳児たちが

きゃっきゃと歓声を上げながら
床をころころと転がっていて

新手の遊びか?
と思っていたら

小さい声で
「かみなり」と
つぶやいているのが聞こえてきて



そうか!

「雷鳴」だ!
高速で転がって移動するやつだ!


練習や本番やリハーサルでは目にすることはなかったはずだから
DVDやBlu-rayをそれぞれおうちで観て
印象に残ってたんでしょうね。

本家よりも
二回りくらい小ぶりな、雷鳴。

こんなカワイイ光景、久しぶりにみたなー162.png



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-06-25 19:53 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

バレエノート

以前からちょくちょく耳にしていたんですが

一部のお母さん方がレッスン内容をメモしておられるとのこと。


うーん
熱心なのはありがたいんですが…。


私が子供たちに
「バレエノートを作ってレッスンで注意されたことや習ったことをメモしておきなさい。」
と言っているのは
レッスン内容を余すところなく記録しておけ、という意味ではないんです。

だって
小学1年生も多いイエロークラスは
まだ文字そのものも覚えたばかり。
完璧な記録なんてできないのは当然です。

それでも
バレエノートをつけるように促しているのは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておこうとする姿勢や
ノートに記録するという習慣を身につけるため。

だから子供たちには
「一つだけでもいいから、教わったことや注意されたこと、気づいたことを書けばOK!」
と言っています。


お母さん方がこれをやってしまうと
子供たちは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておくことや
ノートに記録するという行為を
お母さんに丸投げしてしまいます。
たとえ、子供本人がノートに記録したとしても
お母さんが完璧なレポートを持っていたら
子供の記録の価値が半減してしまいます。

大人でもそうでしょ?
せっかくレポート作ってんのに、裏で完璧なレポート用意されてたら
やってらんないわ、って思いません?


とはいっても
「うちの子、覚えが悪いからメモ取って復習させないとついていけないから…。」
と思われる方。

今、ついていけなくてもいいんです。

大切なのは
これから伸びていくための下地を作ること。

今はついていけなくても
自分の力で解決する努力を続けることで
ぐんと成長するときが来ます。


子供自身の成長の芽を
どうか、大切に育ててあげてください。



あ、そうそう

一声かけても子供がバレエノートを書こうとしない場合は
本人がその気になる時期が来るまで
放っておいてくださいw



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-06-08 12:10 | スクール | Trackback | Comments(0)

第3回発表会・空 虹

第2部「空」のコーダ、「虹」
b0185509_00502865.jpg
b0185509_00503683.jpg
b0185509_00503199.jpg
b0185509_00504899.jpg
b0185509_00504531.jpg
b0185509_00505084.jpg
7色のサテンで「虹」を表現するなんて
ベタかなあと思っていたんですが

これが思った以上に華やかで。

ダンサーたちの躍動感が
写真ではなかなか伝わらないのがちょっと悔しいなあ。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-18 01:20 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

第3回発表会・空 雪

b0185509_01483395.jpg
b0185509_01510880.jpg
b0185509_01483715.jpg
b0185509_01484376.jpg
最年少クラスの「雪」
2列で舞台いっぱいに広がっていた18人が
一気に集まって肩に手を置くシーンは
それぞれが正確に立ち位置を決めないと
列に入れない子や肩に手が届かない子が出てしまうとても難しい場面。
腕が短いから、大人がやるよりずっと難しいんですよ。

ゲネでも本番でも
完璧に決めてくれた!


そして

「雪」が終わったら
間髪入れずに次の「虹」の曲が始まるんだけど
「虹」の彼らの登場シーンまでのわずかな時間で
虹色のスカートやサッシュを付ける必要があって

照明が落ちた真っ暗な舞台で1列に並び
順番を守って急いで廊下にでて
待ち構えていたお姉さんに自分のスカートやサッシュを付けてもらうという
これまた難しいミッションもクリア!





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-14 02:17 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

第3回発表会・空 雷鳴

ぶっちぎりで人気だった
「雷鳴」

b0185509_20334037.jpg
b0185509_20305196.jpg
b0185509_20332618.jpg
b0185509_20420582.jpg
b0185509_20334219.jpg
b0185509_20333558.jpg
b0185509_20334693.jpg
b0185509_21325861.jpg

第2回発表会の「お風呂」で
クラシックバレエ以外のダンスを経験済の彼女たちでしたが
それでもこの作品を踊ってもらうのは、賭けでした。

時間をかけてトレーニングして体を鍛え
徐々に側転や床に座ったまま素早く回転するなど
ハードな動きの練習を積み

様子を見ながらの振りうつしでしたが

何度「もうだめだ、やめよう」と思ったことか。


あまりにサマにならなくてどうしようもなくて
もう他の作品にしようと思って
彼女たちに
「ねえ、この踊り好き?」と聞いたら

ぱあっと明るい顔で、一斉に
「大好き!!」

そっか。

じゃあ、もうちょっと頑張ってみようか。


いろんな振り付け・構成を試しながら
作っては壊してを繰り返す
scrap and build ・・・。
苦しい過程でしたが

そのうちにダンサーたちがどんどん成長し
私の思う動きを表現できるようになり

気が付けば

一番、観客の反応が楽しみな作品になっていました。



これを踊ってくれたみんなには
感謝しかないです。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-10 21:40 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

第3回発表会・空 月夜

夜の帳が下りて
月が浮かび上がってきました。
b0185509_10080135.jpg
b0185509_10194947.jpg
b0185509_10083044.jpg
b0185509_10080709.jpg

b0185509_10554576.jpg
「月夜」
当時、小学校3~4年生だった彼女たちが
ここまで妖艶に夜を表現してくれるなんて。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-06 11:51 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

第3回発表会・空 晴天

めちゃくちゃ好評だった第2部・創作バレエ「空」
まずはプロローグ~晴天から

b0185509_21555826.jpg
b0185509_21544537.jpg
空を見上げる兄妹の前に現れた、鮮やかな鳥。
やんちゃな兄は虫取り網で捕まえようとしますが、虫を見つけてそちらを追いかけていきます。
鳥を気にしながらも兄についていく妹。

人間がいなくなってほっとした鳥は
小鳥たちを呼び寄せます。

あれ、ひよこがいない!
b0185509_22102406.jpg
ひよこ登場!
b0185509_22102647.jpg
無事、お母さんのもとへ。
b0185509_22103030.jpg
b0185509_22170785.jpg

あっ、また来た!
b0185509_22500647.jpg

「お兄ちゃんがびっくりさせるから、鳥さんがみんな飛んでいっちゃったじゃない!」
b0185509_22525589.jpg
b0185509_22530700.jpg
b0185509_22530902.jpg
b0185509_22531108.jpg
夕方になり、この兄妹もお母さんのもとへ帰ります。


兄妹役の二人の演技はなかなか思うようにいかなくて
(演技は難しい!)
まあ、かわいいからいいか、くらいにのんきに考えていたんですが
こうしてみるとなかなかのもの。いや、素晴らしいですよ。

母親役の女性は生徒のお母さんで
舞台女優だった方。
さすがの存在感!そして美しい!


彼女の娘さんは
親鳥役の子で
親子で「母親」を演じてくれたのも
おもしろい偶然でした。


ここから陽が完全に落ちて
次の「月夜」につながっていきます。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-05 23:23 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

グリーンクラス。ここからは本当に難産でした…。
イエローまでは私の創作だったんですが、グリーンと大人は古典。
覚悟はしていましたが
ちょっと踊れる、くらいじゃ歯が立たないことを思い知ることに。
古典はやっぱり難しい!
b0185509_19234022.jpg
b0185509_19232039.jpg
「白鳥の湖・ナポリ」
レッスンではゴムまりのように元気に跳ね回る彼女たちだったのに
作品ではなかなか本領を発揮できず、やきもきしていましたが
地道に努力してくれたおかげで、本番は想像以上に華やかに。

衣装コーディネーターさんからは
もっと重厚な衣装を勧められていたんですが
彼女たちのキャラクターに合う衣装に変更してもらいました。
うん、大正解!

b0185509_19242949.jpg
b0185509_19243323.jpg
「眠り・宝石」
初トウシューズの彼女たちにとって、恐ろしく難易度の高い作品。
(他の作品にする予定だったのですが、いろいろとやむを得ない事情で宝石に)
踊らせるたびに「あちゃー…」と頭を抱える日々。

しかし
私がもうだめだ、振り付けを変えよう、と思っても
彼女たちは「大丈夫、大丈夫!」と明るく前向きに
そして地道に(空き時間にずっと練習していたのは知ってるよ)努力して

「あれ…もしかしたら、大丈夫かも。」と思えるようになってきたのが
年明けかなあ。(本番は3月)

姫キャラで丁寧な二人はなんとか本番に間に合ったけど
身体能力は高いものの雑な二人は…。もう少し時間が欲しかったなあ。
一人は卒業したけどもう一人は次の舞台までに
サルからバレリーナにしてやるぞ!w

b0185509_19313278.jpg


b0185509_19313623.jpg
b0185509_19314026.jpg
b0185509_19254222.jpg
「海賊・オダリスク」
この3人は中学生。
塾、勉強、部活との両立で(二人はかなりがっつり部活をしている)
思うようにレッスンに来れなかったり、部活でケガをしたり。

3人が揃ってレッスンに参加する日は限られていました。

彼女たちはさくらバレエスクールのエース。
バレエに専念してくれたら、という思いがなかったかと言えばうそになります。
しかし、
若い大切な時期に、バレエ以外に熱中できるものがあるなら
思う存分熱中してほしいんです。
子供時代、学生時代の経験が
大人になってからの礎になるから。


部活も勉強も頑張る子は、バレエも頑張るんです。
このオダリスクも初めは見られたもんじゃなかったんですが
本番は堂々と美しい踊りを見せてくれました。

この経験も、きっとプラスになるはず。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-05-02 21:31 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

b0185509_21524559.jpg
b0185509_22345337.jpg
b0185509_21530667.jpg
b0185509_21530094.jpg
物置で眠っていた人形たちを見つけた少女が
目を覚ました人形たちと一緒に踊る夢を描いた「踊る人形」

少女役の子の可憐な演技を絶賛する声が多く聞かれました。
確かに彼女、素晴らしかったんですが

人形役の子たちも役になり切ってる!
写真を見ると
人形たちのクオリティの高さが少女を引き立たせていたんだとわかりますね。


b0185509_21534897.jpg
b0185509_21540674.jpg
b0185509_21535309.jpg
b0185509_21555416.jpg
「ワシントンポスト」
飲み込みの早い子たちで
一番、不安の少ない作品だったんですが
もっともっと厳しく詰めていたら、もっといい作品になったかもなあと反省しています。
角度とか、もっときちんとそろえればよかったね。ごめん!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-04-30 22:26 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

発表会後に出演者・保護者に書いてもらったアンケートの集計、やっと終わりましたー

このアンケートは
発表会の開催時期や開催場所、問題点などについて意見をいただき
今後の舞台をより良いものにするためのもので

前向きな意見や
保護者の皆さんへの感謝の言葉(大人出演者でしょう)
目からウロコのアイデアまで

いや、ほんとに
発表会でお疲れなのに
こんなに丁寧に書いてくださってありがとうございます!
次回に向けて、改善できる点はどんどん改善していきたいと思います。
(ただ、全部の意見を聞けるわけではないです。
その理由はまた後日ご説明しますね)


個々の内容については
皆さんに文書で公表・回答していきますが

ひとつ質問があったので

せっかくなのでブログで私の考えをお伝えしたいと思います。


「ヴァリエーションはいつから踊れるのか?また、舞台の場数が欲しい。」

おそらく、子供クラスの親御さんのものだと思うので
その前提でお話しします。


ヴァリエーションというのは
ただのソロ、という意味ではなくて
ダンサーの中でも特に優れた者だけが踊ることを許される踊りなんです。

なので、少なくとも
ポワントを履き始めて初めての舞台で踊れるものではないと思っています。
(第一回で躍らせたのは、やむを得ない状況があったためですが
あのとき無理して躍らせた4人には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あのときのみんなにふさわしい踊りはヴァリエーションではなかったはずでした。)

では、舞台経験の場数を増やせば?

これには、私は慎重になっています。
外部の舞台への出演などのお話しもいただいていますが
肉体的にも経済的にも時間的にも精神的にも負担が大きいのではないでしょうか。
本人も、親御さんも。

子供のコンクールへの出場も
メリットよりもデメリットのほうが大きいと思っています。
詳しい理由は
保護者の皆さんにお伝えしますね。




ブルークラスはヴァリエーションを踊ること想定したレッスン
ということで

今のところ、次にヴァリエーションを踊る可能性があるのは
ブルークラスの子たちですが
これは必要条件です。
ブルークラスだから必ず踊れるよ、とは言えません。


繰り返しになりますが
ヴァリエーションは簡単には踊れません。
全員が必ず踊れるようになるかどうかは、わかりません。
なので、いつから踊れるか、といったお約束はできません。

生徒の成長の度合いはバラバラで
突然、なかなか芽が出なかった子が
びっくりするくらい上手になったりするので

諦めることなく
舞台でヴァリエーションを踊ることを目標の一つにして
まずは、日々のレッスンを大切にしてもらえたらと思います。

(例外として、対象外の生徒が役柄で踊る可能性もありますが
振り付けは大幅に変えていきます)

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-04-09 23:38 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)