人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

人生で一番長い2日間 6

23日(金)19:30。


浪切ホールから電話がかかってきました。

まさか、明日使えなくなったとか?!


「明日のご利用の件ですが、コロナ対策の徹底をお願いしたいんです。」


浪切ホールさんとしては、絶対にクラスターは出せないとのこと。
そりゃそうでしょうね。ウチだって出す気はないよ。

電話口のお兄さんは
おそらく、上司から口うるさく言われたのでしょう、
申し訳なさそうに細かな感染対策の徹底を確認してきました。

数日前からの検温の徹底
当日、入口での検温・消毒
入場者全員の連絡先の把握
マスク着用…。
いや、もちろんちゃんとやってますって。

そこで、収容人数について話がありました。

余裕があると思っていた収容人数ですが
全員が出演するオープニング、エンディング、ドンキなどで
出演者の家族がみんな練習室に入ってしまうと
コロナ禍仕様の収容キャパを越えてしまうことが判明。


なるほどね。


実は、
写真の7プロジェクトさんから
24日(土)の発表についてもオンライン配信を打診されていました。

オンライン配信を行えば、出演者家族が密になることもなく
また、遠方の家族や友人、チケットを申し込んでくださった方に観ていただくこともできるし
アーカイブが残るので、万が一5/2がダメになったとしても映像が残る、というメリットがある一方で

配信をすれば多額の費用がかかる、
家族は、すぐそばで行われている舞台を直接見ることが出来ない、
急だったためドコモ回線での配信しかできず、ドコモの回線で視聴するとパンクするので
ドコモの人は館外へ出ないと視聴できない、
といったデメリットがあり


決めかねていた私は
子供出演者家族にだけアンケートを取っていたところだったんです。
(子供クラス連絡アプリにはアンケート機能がついているので)
その時点でほぼ100%の保護者が「直接観たい」と回答していました。


しかし
コロナ禍仕様の収容キャパでは
練習室に入れる家族は18名まで。

これは
問答無用でオンライン配信だ。
でも、せっかくだから
収容人数ギリギリまでは中に入って直接観てもらうようにしよう。


先ほど、オンライン配信についてのアンケートを取ったのですが
収容人数に限りがあるため、オンライン配信を行います。
ご家族1世帯2名までは中に入ってご覧いただけますが
小品やVa以外は人数制限します。
中に入れない方はオンライン配信をご覧ください。

と、子供出演者に連絡したものの
(ここで大人出演者へ連絡ができていませんでした…申し訳ない!)

誰がどの演目で中に入るかということまで決める余裕がなく

すみませんがそこは皆さんで決めてください、と
無責任な投げ方をしてしまいました。

すると

「先生、私たちに中に入る家族の調整をさせてください!」

と、ありがたいお申し出が。

この発表会を最後に卒業する生徒のお母さんたちからでした。

「私たちに最後の仕事をさせてください!」

あなた方には
ずいぶん長い間、お世話になってきました。

さくらバレエスクールを立ち上げたころからの付き合いで
手探りでスクールを運営していた私を幾度となく助けてくれたふたり。


ありがとう。
今回も甘えさせてもらいます。

二人に任せれば安心だ!


続きます。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



タグ:
# by sakura-ballet | 2021-05-01 01:29 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

人生で一番長い2日間 5

23日(金)18:30

浪切ホール練習室の予約手続きを済ませ、
その駐車場に停めた車の中で
スタッフ、出演者に連絡。

明日、15:00から岸和田波切ホール練習室で本番です。
都合の悪い方、ご連絡ください。

メールを送信し、何件か電話をかけてから
ダッシュで帰宅。

朝から全く食べていないことに気が付くも
まだまだ急いでやることがある!


まず、辞退した大人4人が出演する場面の調整。

メインの作品、ドン・キホーテは
ほぼ全ての場面にこの4名を含めた大人が絡んでいるため
子供たちとのやり取りで欠かせない部分について
ノートとにらめっこしながら
代わりが出来そうな人全員にメールで連絡。

「〇〇さん、ワイングラスを闘牛士に渡すシーンではグラスを2つ持って▼ちゃんと△ちゃんに渡してください」
「××さん、子供たちがいたずらするシーンで上手の奥に移動し、子供たちにお尻を向けて●さんとお話していてください。子供たちがスカートをめくるので驚いてください」
「★さん、…」
「□さん、…」
「…。」

目が回りそうな件数。
文章で説明するのも骨が折れる。

当日、顔を見て伝えたほうが早いようにも思いましたが
これをすべて、どう考えてもパニックになる当日に正しく伝える自信がなかったので
とにかく、投げてしまうことにしました。
ごめん、わからなかったら直接声かけて聞いて!と祈りながら。
(みなさんそこは心得てくださって、理解しきれないところは当日質問してくれました。メールで質問されていたら爆発してたかも)


そうこうしているうちに

「15時の本番にはギリギリ間に合わないです」という出演者からの連絡が2件。

うー…。

練習室退去期限が17:00。
ここは絶対に動かせないから

逆算して…。
15分、遅いスタートで大丈夫かな?

上演できなくなったJAZZ作品が4:22、
明日欠席のゲストのバトンの演技が2:39、
衣装替えのための休憩時間を極力カットしても、厳しいな。
えーい、ドン・キホーテのレベランスもカットか。

幸い、二人とも
プログラム順では後のほうの出演だったため
「15分だけ遅らせます。それでもし間に合わなければ
申し訳ありませんが、オープニングだけ諦めてください。」


二人から
「わかりました、なるべく急ぎます」
という返信をもらったのですが

あなたたちが悪いわけじゃないのに
急に決めたことだから仕方がないのに、と

申し訳ない気持ちで胸がいっぱいに。


そうこうしているうちに

新たに
「体調不良です。様子を見て明日改めて連絡します。」
「家族が出演に反対しています。ドンキには出演しますが、あとは辞退します。」

うー。

頑張れ、負けるな!
たとえ明日がボロボロでも、5/2は無観客で開催できるはず!
あすから5/2まで1週間あるから、そこで調整できる!



…このときはまだ
5/2の舞台での発表会開催を信じていました。


続きます。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



タグ:
# by sakura-ballet | 2021-04-30 16:01 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

人生で一番長い2日間 4

23日(金)12:30

初夏を思わせる日差しの中、
車内で汗だくになりながら

半泣きでスマホをいじり倒して
めぼしい場所に片っ端から電話。

しかし
どこも先約がいたり
緊急事態宣言前と言うことで
新たな予約を受け付けていなかったり

もう、焦りすぎて
すでに断られたところに
3回も間違い電話してしまった。
(電話の向こうで察してくれた担当の方、とてもやさしかったです)


するとそこへ
チアダンススクールのユキ先生が現れて

「先生…。大変なことに…。」
「延期は不可能だったので、何とか前倒しできないか場所を探しているんです。
こうなったら体育館でもどこでもいいんですがどこかご存知ですか?」
「泉南の体育館はみんな14日前でないと申請できないですね…。」

そういいながら

ユキ先生、目の端を指で拭っていました。

「先生、頑張ってくださいね!明日会場が見つかりますように!5/2ホールが使えますように!」

ありがとうございます。
そのお気持ちだけでも嬉しいです。



めぼしい場所はすべて断られて
最後に思いついたのが

ライトリハを行った波切ホールの練習室。

藁にもすがる思いで電話すると

…空いてる。しかも申込できる!!

ただし

「マンボウが発出されているため、夜間枠は貸し出せないんです。なので
17時までとなりますがよろしいですか?」

いやもう、しゃーないでしょ。

13時からの枠を押さえて
(ここで実は大きな失敗をしています。詳しくは後述)
「今日中に申込に行きます!」

電話を切って
舞台監督さん(24日の仕事がキャンセルになったとかでホールが使えれば来て下さる予定だった)、照明さん、7プロジェクトHさんに連絡。

阪南市役所へ車を飛ばし
担当課で直訴。

「お願いします!無観客でいいので
5/2にサラダホールで発表会やらせてください!!」

「うーん、僕の方からはなんとも…。会議で決まることなので。」

暖簾に腕押し。
もう、会議で休館にならない決定が下されるのを祈るしかない。


車に飛び乗って岸和田へ。
浪切ホールで手続き。
13時からでいいかな、午前中は都合が悪い人も多いし。
17時まで…。ギリギリかな。なんとかしなくちゃ!


続きます。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



タグ:
# by sakura-ballet | 2021-04-29 20:10 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

人生で一番長い2日間 3

「…水を差すようで本当に申し訳ないのですが、
やはり、今の状況で発表会に参加するのは
家族が許してくれないんです…。」

そう切り出したのは、和歌山在住の大人クラスメンバーたち。

…うん、仕方ないよね。

和歌山県民のコロナに対する恐怖感は
大阪に住む我々とは桁違いであることは
私も耳にしていました。

それは、病気そのものへの恐怖ではなく
風評被害への恐怖。

万が一、陽性にでもなろうものなら
県のホームページで個人が特定できそうなくらい詳細な情報が公開され
ひどいときは商売することも難しくなり
転居せざるを得なかった人もいるとか。


そこまで陽性者が責められる世界では
いくらこちらが感染対策を徹底しようが、関係ない。
「大阪には行くな」
「人が集まるところには行くな」
「外出するな」
ということ。
その県民ルールを守らなければ、後ろ指を指される、ということ。


「…こんな状況なのに、今までレッスンに来てくれただけで嬉しいよ。ありがとう。
残念だけど、仕方がないよね。」


しかし、大人が3人抜けるというのは
かなりの痛手で

特に、JAZZ作品は
7名で踊る作品だったため
(このあとで、もう一人のメンバーが参加を辞退してきました。
彼女は大阪ですが高齢ということもあり、やむを得ない判断だったと思います)
フォーメーションなど大幅に変更する必要がありました。

それでも、5/2に照明付きでならどうにか上演することもできたのですが

この作品、
スポットライトが主役となっていて
地明かりでは何をやっているかわからないものだったため

24日の発表時は踊れない、と判断。

その場にいた、JAZZ作品参加メンバーに
「ごめんね、明日はできないわ」と謝りました。

ただ

私自身も、このためにレッスンに通い踊り込み
そして
気合を入れて振り付けた作品だっただけに

悔しくて。
人生で一番長い2日間 3_b0185509_22112857.jpg

でも、そんなこと言っていられない。


さあ、明日使える場所を探そう!


続きます。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



タグ:
# by sakura-ballet | 2021-04-28 21:24 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

人生で一番長い2日間 2

4月23日(金)早朝。

10:00から大人レギュラークラスのレッスンでしたが、
そのまえにサラダホールに突撃して
24日の利用申請をしようと準備していると

早朝からメール、電話の嵐。
そりゃそうだ、真夜中に「明日発表会やるかもっ」って
スパイシーなメール送ってるんだから。

対応しているうちにどんどん時間は過ぎ、
もう間に合わないので高速使ってサラダホールに直行することに。
その高速の入り口で、2本目の「運命の電話」を受けることになります。


写真をお願いしていた
7プロジェクトのHさんからの電話は
とても心強いものでした。

「先生、明日発表会するんですか?」
「はい、その方向で努力してみます。体育館でもどこでも、借りられるところを探して」
「まだあきらめちゃダメですよ!ホールで無観客でできる可能性も高いですよ!」
「いえ、サラダホールホールが使えるならそれを本番にします。明日はホールが使えなかった場合の保険です。」

「先生、最高!!そうでなくっちゃ!!では、今日1日で準備しましょう!」


さまざまな可能性を想定し、
そのためにどう動けばいいか、具体的に指示してもらい
「僕たち今、東京なんです。でも、明日やるならこちらでできる準備を進めながら朝一番に帰阪します。
連絡お待ちしています。がんばって!」



電話を切って高速をぶっ飛ばし
サラダホールに駆け込んで
24日の利用を頼み込んだものの
「本来、利用申請は1か月前までで、例外的に認める場合も7日前。前日なんて聞いたことがない。」
「そこをなんとか」
「…上に聞いて連絡します。」

大急ぎでスタジオへ行き、レッスンの準備をしていると
速攻、電話がかかってきて
「…やはり不可能でした。」
「わかりました。ではどうにかして5/2に使わせていただきたいんです。」
「僕らは阪南市の判断に従うしかないので…。」
「では、阪南市に掛け合ってみます!!」


よーし、レッスンが終わったらまずは
明日使える場所を探そう。
いくつかあたりはつけてきたので、片っ端から電話だ!
明日の場所を押さえられたら、阪南市役所へGO!

はやる気持ちを押さえながら、レッスンを行って
その後、発表会作品の練習をしたものの

…?
なんだか、出演者の様子がおかしい。


続きます。






ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



タグ:
# by sakura-ballet | 2021-04-27 22:50 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)