人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大人だから

なんか、長文です。ごめん。

2015年に開催を予定している
さくらバレエスクール発表会。

スクールの子供たちメインの舞台ですが
せっかくのチャンスだし

さくらバレエサークルの大人たちにも
ぜひぜひ、参加してもらおう!

ということで


メールで募集をかけつつ
レッスンでお声をかけさせてもらってます。



舞台に立つ、ということに対して
どう考えるかは
人それぞれだと思うんです。

初心者向けの
チケット制のサークルであるウチは

「舞台に立ちたい!」
というよりは
「カラダ動かしてないと、調子悪いのよねー。」
といった方が多くても不思議ではないし

そもそも
マメに通うことができないから
単発、もしくは有効期間の長い(半年)チケット制のサークルを
選んでおられる方も多いわけで


「舞台に立ちたい!」

という方が
少ないのも
仕方がないだろうな
と思っていました。


あの感覚・感動を味わうことなく
バレエを続けるのは
ちょっと残念だなあ、
と思うけど

何を重視するかは
ほんとに人それぞれ。
私の価値観を押し付けることはできない。






ところが

「出たいです!」

という方、多いんです。



そして

「でも…。出られないんです…。」

という方も、多い。



そう。

大人だもんね。


仕事・子供・家族…。
みんな、その両肩に大事な、重い荷物を背負ってる。


責任感の強い人たちだから
「出演したい。でも、迷惑をかけられない。
他の出演者にも、職場・家族にも。」
と悩んでしまう。



「…悔しいです。」

と唇を噛んで訴えるメンバー。





さくらバレエスクールの生徒たち。

よく聞きなさい。


舞台に立てることは
幸せなことなんですよ。

なんの心配もせず
保護者の皆さんに助けてもらいながら
出演することができる舞台を

大事に、してくださいね。




話は戻りますが

さくらバレエサークルメンバーで
仕事(専門職)の都合でずっとレッスンにくることができなかった〇ちゃん。

発表会出演者募集メールを見て
どうしてもどうしても我慢ができず

なんと
そのメールを
直接、職場のオーナーに見せて
「私、これに出たいんです!仕事のシフトを替えてください!お願いします!!」
と決死の直談判のすえ

…シフトを替えてもらう荒業に成功したそうです。


執念、だなあ。


一緒に舞台を作ってみませんか?
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-25 20:26 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(2)

かわいくなりたい

評判の悪かった「おっさんサマンサ」。

普段、とても温厚なさくらバレエサークルメンバーの〇ちゃんに

「先生…。このサマンサは、ひどすぎます。」


言わしめた、駄作中の駄作だったのですが



やっと
クリスマス仕様に変身!

b0185509_17431721.jpg


クリスマスツリーのつもりが





どう見ても



モリゾー。
b0185509_17453359.gif




ちなみに

サマンサ史上最悪の
「おっさんサマンサ」は
コチラ↓

b0185509_17532524.jpg



どなたかサマンサをおしゃれに変身させてください!
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-22 17:55 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

発破

先日、あるバレエ教室さんの発表会を観てきました。

比較的、小さな教室で
出演者もそれほど多くはなかったのですが

創作作品は
とても見ごたえのあるもので
振り付け・指導された先生の手腕に
感銘を受けました。

すごいなあ。



…ん?


次は私が
作らないといけないんだ。舞台。






創作はそんなに苦手ではないけれど

それでも


大勢の観客の皆さんを
ひきつける魅力のある舞台をつくるのは

並大抵のことじゃない。




いや
それだけじゃない。


業務を分担できる大きな教室を除いて
ほとんどのバレエ教室では

主宰の先生が
営業・広報・経理、もちろん教えの責任も負っている。
生徒たちを引っ張っていくリーダーシップや
人間的な魅力も必要だし。



バレエ教室の先生は

講師であり
アーティストであり
営業マンであり
広報マンであり
経理担当であり

強いリーダーでなければならない。



いやー
すごいわ、ほんと。
尊敬しちゃうわ。



小さな、ほんとに小さな
バレエサークルから出発した
さくらバレエサークルさくらバレエスクール。

今でもまだ
こじんまりとした団体ですが

自分たちで発表会を
企画できるまでに成長しました。



みなさんのおかげで
こんなに大きくなって

ほんとに
ありがたいことなんですが

私の力量が
ついていっているのか

ときどき
不安になります。


私は

有能な講師なのか
有能なアーティストなのか
有能な営業マンなのか
有能な広報マンなのか
有能な経理担当なのか

そして、強いリーダーなのか。



うわー

どれも中途半端だわ。





こんな私ですが

有能なアシスタントの助子ちゃんをはじめ
みなさんのお力を借りながら

がんばっていこう、と思ってます。



2015年の発表会。
まだまだ先の話ですが

成功させたいですね。





その前に




クリスマス会があったわ_l ̄l〇

がんばれー

がんばれー、ワタシ。

助子ちゃんと一緒に私を助けてくださーい!
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-21 23:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

休日。

ごめんなさい、今日は
私のめっちゃ個人的な趣味のおはなしです。

私の両親は映画好きで
私も幼いころからいろいろ映画を見せられてきたのですが

名作、と呼ばれる作品の中でも
ひときわ強烈な印象を残した映画が

ベン・ハー


1959年公開のアメリカ映画なんですが
もう、おカネと時間と人材と労力のかけ方がハンパない!!

CGなどない時代に
どうやって撮ったのかと思うほどの
迫力映像。
(一部、「あ、模型使ってるな」というのがバレバレのシーンもありますが)

特に有名なこのシーン。
これだけの馬をガチで走らせて
(しかも、操っているのは役者本人!)
筋書き通りのレース展開に持って行って

生身の人間と馬の
派手なクラッシュの連続。
よく最悪の事態にならなかったもんだと。
(人も馬も、大きな怪我などはなかったそうです)

このシーン、
映画史上もっとも優れたアクション・シーンとして
ニューヨークの近代美術館に収蔵されたんだそうです。

吹き替え版ですがyoutubeで見つけました。

ちょっと端折ってるのかな、もうちょっと長かったと思うんですが


私が生まれる前の映画なので
テレビでしか観たことがなくて

でも
一度、映画館で観てみたいなーと思っていたら

なんと

新・午前十時の映画祭という企画で
上映中だったことが判明!

粋な企画に感謝しつつ
念願の映画を堪能してきました♪



キリストへの信仰心が大きなテーマのひとつなので
なじみのない私には理解しきれていない部分も多いと思いますが

それを差し引いても
名作中の名作だと思います。

もう、しばらく映画館行くのやめとこうー
他の映画ではこの感覚は味わえないし。
(好きな映画もあるけど、テレビでも充分かと。私はね。)

すみません
バレエもサークルもスクールもお笑いも
なーんにもなくて(^_^;)


子供のクラスでは
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-14 21:26 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

忘れないで

大人初心者のさくらバレエサークル

怒濤の入会ラッシュも
秋の深まりとともに落ち着いてきました。



レッスン参加者もなんとなく少なくなって
寂しいなあ、なんて思っていたのですが

11月に入ってから
本当に立て続けに
メンバーさんたちからメールが届いています。


その内容は


大きくくくると


「私を忘れないでください!」

というカテゴリー。



遠距離恋愛の彼氏が
最近ちょっと冷たくなってしまって
焦ってる女子が
連打しそうな感じのやつ。



大人は

やっぱり
大変なんです。いろいろ。


仕事のスケジュールが合わなかったり
家の事情だったり
本人の体調不良だったり。

レッスンに行きたい気持ちは
とってもとっても強いのに
どうしても、行けない。

それを

必死で伝えてくださるメールを


手を合わせたくなるような気持ちで
読んでいます。



ウチは「行きたいときに気軽にいける」チケット制だし
特に、出席や欠席の連絡は必要ありませんよーと
お伝えしているのですが

やっぱり

ちょくちょく参加してくれていた方が
急に来なくなったりすると

「どうしたのかな?」と思ってしまう。

お気軽参加、がウチの売りなので
サークルを通り過ぎていく人たちだって
たくさんいるんだ、
だから
いなくなる人のことを
気に病んではいけないんだ、ということは

良くわかっているつもりですが

気持ちを込めて
おひとりおひとりと向き合っているだけに
やっぱり、気になってしまう。
気になっちゃいけないんだけど。


だから

「忘れないで」

のメールは本当にうれしいんです。

「忘れるもんか。いつまでもキミだけを愛しているよ053.gif

とは言いませんが

ちゃんと、覚えてますよー(^-^)



実は
人の顔と名前を覚えるのが苦手で

何年も前に引っ越してきたお隣さんをはじめ
近隣住民の顔はほぼ判別不可能ですが

(自宅マンションのエレベーターに乗り合わせた人に
笑顔で「何階ですか?」と聞いたら
「あなたの隣に住んでます。」と真顔で言われた経験あり)


みなさんのお顔は
ちゃんとわかります。


さくらバレエサークル
私が元気なうちはずっと活動しています。
みなさんが復帰されるのを
ずっと待ってます!


子供クラスでは
アシスタント募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-11 00:58 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

湯気

先日のさくらバレエスクール

いちばんやさしいピンククラスに
3人の体験のお友達が参加してくれました!


たまたまこの日は
出席者が多くて
(ウチは出席する曜日を固定していないので
日によって参加人数はバラバラなんです)

レッスン前からハイテンション071.gif

さらに

見慣れないお友達がいるとあって


湯気が出そうな盛り上がり。


方々に散らばっている生徒たちに
「レッスン始めるよー。」
と声をかけると




「はあーいっっ!!」


超・前傾姿勢のダッシュで集合。

(キミら、かけっこ早いやろうなあ)




そして

レッスン前のご挨拶。




いつも

この
「ご挨拶」の声の大きさでは
日本屈指のバレエ教室ではないかと
思っているわけですが


今日も、ええ声しとる。


あまりの迫力に
物怖じしちゃった体験さんもいましたが


ダッシュかまして列に並んで
元気よく挨拶していた生徒のなかにも

入会後
しばらく見学スペースからレッスン場に
入って来られなかった子や

レッスン中、急に固まってしまって
口をヘの字にぎゅっと結んだまま
全く動くことができなかった子もいたわけで


大丈夫。

子供は、ちゃーんと、成長するから。




ウチのピンククラスの生徒たちは

元気いっぱい、ハイテンション
ちょっぴりおふざけが出ちゃうときもあるけれど

やるときは
ちゃーんとやる。
先生の話もちゃんと聞いてくれる。

何より、バレエが大好き!



将来が楽しみな
自慢の
生徒たちです!

体験に来てくれたお友達、
そしてまだ見ぬそこのお友達も

もしよかったら
仲間になりましょう♪


ちなみに


そんなに寒い日ではなかったのですが
レッスン後

窓ガラスが曇りまくり。


キミたち
ほんまに
湯気だしてたのね。

子供クラスのアシスタントも募集しています!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2013-11-07 20:45 | スクール | Trackback | Comments(0)