人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

なかなか更新できなかったのは
今日という日が気になりすぎて
なにも手につかなかったからで。

さくらバレエスクールのクリスマス会。
もうクリスマスは過ぎてしまって、スタジオからも100均からもクリスマスグッズがすっかり消えてしまっていましたが
クリスマスの名を借りたお楽しみ会を開催しました。


私、多少レクリエーション指導の心得はあるものの
生徒たちの年齢はバラバラで、楽しめるゲームの難易度にけっこう差があるし
お菓子を広げて歓談、といった方法も使えず

うーん、盛り上がらなかったらどうしよう…。

と、かなり、かなり
どきどきでした。



どうでしょうか?
それなりに、みんな楽しんでくれていたのでは…と思う(思いたい)のですが042.gif



イエローのみんなの踊り、いかがでしたか?
少ない準備期間で、あの仕上がりはなかなかのものだと思っています。
振り付け・指導の助子ちゃんとイエローのみんなのファインプレーですな071.gif
早くピンクのみんなの踊りもみてみたい!



ゲストのダンスのCDを
私が準備しそびれていて
ゲストさんには大変失礼な事をしてしまいました…。040.gif

助子ちゃんは助子ちゃんで
プレゼント交換の段取りがうまくいかなかったと落ち込んでたし048.gif



まあ
いろいろな不手際もありましたが
初めてのことなので
大目にみてやってくださいな。


帰り際、
助子ちゃんとプチ反省会。
きちんと書き留めて、次回の教訓にします!




最後にみんなに聞いた
「来年頑張ること」

しっかりと自分の言葉で
来年の抱負を語るみんなの表情が
ちょっと大人に見えて

来年、どんな風に成長してくれるかな、と
楽しみになってきました♪



解散後、


一人の生徒が
ふと私を呼び止めて
意を決したようにこう言いました。


「先生、私がんばるから。ほんとにがんばるから。」


その真剣なまなざしに
充分に答えてあげられるように

先生も
がんばらないとね。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-27 00:25 | スクール | Trackback | Comments(6)

バレエ・ライフを始めたばかりの人に共通する悩み。

プリエ、タンデュ、ジュッテ…。
必死で足を動かしていると、なかなか手まで気を配れない。

足の指先に力を入れれば、手の指先も同調する。
足指「あんたは力入れなくていいの!」
手指「いや~!あたしも~!」

おねえちゃんと同じランドセルを欲しがる妹のようですが
この駄々っ子を制御しきれないのがつらいところです。
自分の体なのになあ。


神妙に
アンバーからアンナバンへ動かした手先を見ると
がちがちに力が入って反り返った両手の中指が
ドッキング。
b0185509_16301380.jpg



ああ、これは…。
いつか見た風景…。



何だろう?
この懐かしい感じ…。




あっ!
わかった!



E.T.だ!

b0185509_16412837.jpg

そう。

あの
怪我した少年の指に自分の光る指を合わせて
一瞬で治してしまった、あのシーン。


ET世代はすっかり盛り上がって
「…ト・モ・ダ・チ」「…ト・モ・ダ・チ」とはしゃいでおりましたが




…いや、


指の間は10㎝程度
開けておいてください…。


ちなみに
こんなのみつけました。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-18 16:51 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

夢を追うリスク

THE MANZAI。
最も面白い漫才師を決める大会とのことで
お笑い好きの家族と見ておりました。

採点基準が「?」だらけでしたが
まあ、しょせんテレビのお祭り。
誰が優勝しようがどーでもよかったんです。

ひとつひっかかったのが


なかなか芽が出ず
もう芸人を辞めようかと悩んでいたという出演者に
大御所がかけた一言。


「辞めるな!」



うーん。

彼ら、この大御所の何気ない一言で
ますます辞めるチャンスが遠のいてしまうなあ。


結成後、10年以上経過しているこのコンビ。
そこそこ活動はしているものの、家族を養っていけるほどの収入はない。
そこそこ活動しているだけに
大勢の目に触れるチャンスがあるのに、
人気に火がつかない。

残念ながら
彼らの実力というのは
そこまでなんだと思う。


もう、辞めよう。

そう思っていた矢先のTHE MANZAI出場。
号泣して喜んでいた彼らだが
結果は散々だった。


そんな彼らに

「辞めるな!」


この言葉の残酷さについては
私のつたない解説よりも
とある著名アスリートのツイートが雄弁。


才能じゃない努力なんだ。一見優しくて勇気づけられる言葉だけど、ある段階からは残酷になる。努力で何とでもしようがあるという意味をこの言葉は含んでいて、諦める事を許さない所がある。それで挫折し損ねてる人もたくさんいる。

トップ選手は努力の割合を高く言うけれど、実はトップが見ている風景はもう相当に淘汰が終わったような世界。ほとんどがふるい落とされて才能がある人だけで戦っている段階では確かに意思と努力の勝負になる。でも、その前に土俵にすら上がれなくて諦めた無数の人がいる。

才能ではなく努力。その言葉に責められている人もいる。僕はそういう人に話をしたくて、”努力でどうにもならない事はあって、でもどうにもならないと気付くとこまでできた事自体がすごく財産になる”と言いたい。人生は不条理、それを知った後の世界は随分違う。



バレエでプロを目指す少女たちにも同じことが言えると思います。

他のスポーツ競技や芸術など以上に
生まれつき持っている身体的な条件や
その他さまざまな条件で
かなりの狭い門になる厳しい世界。

生活のほとんどを
バレエに費やす毎日を
どこまで続けていくのか。

人によっては、
早く終止符を打つ勇気が必要でしょう。
残酷だけど、現実。



だから

もっと気楽に
バレエを楽しめたらいいなあ、と思うのです。



お笑いのプロはあきらめても
就職して同僚を笑わせればいい。


プロやトップレベルのアマチュアを目指すだけがバレエじゃない。
バレエやるなら幸せにならないと♪


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-16 23:39 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(2)

裸一貫で勝負!

さくらバレエスクールでは
レッスン中のニット類の着用を禁止しています。
(イエロークラスのストレッチの時間を除く)

確かに最初はちょっと肌寒かったりするけれど
(この肌寒さに耐えられない体調なら、レッスンは無理)
レッスンしていればすぐに暑くなるから
結局、すぐ脱ぐことになるんです。
子供は体温高いしね。

大人はさっさと脱げるけど
「せんせー、あついー、脱ぎたいー。」
で、いちいちレッスンの流れを止めるのはもったいない。



そして

もう一つ、大きな理由があります。




それは

踊るからだそのものの美しさを
大事にしてもらいたい、ということ。



おしゃれをするのも大事だけど
おしゃれにみえる余計なものを身に着けることで
からだそのものを見る集中力が欠けてしまう。

かわいいレッグウォーマーをつけた脚を見るとき
100%「脚」を見ることができる人はいないでしょう。
何%かは、レッグウォーマーに意識を持っていかれるはず。



髪型についても同じことが言えます。



たとえば
ポニーテールやツインテール。

踊るとくるんくるん動く髪は可愛いです。
でも
人間は動くものに目を奪われがち。


100%「頭」や「顔」を見ることができません。
もっと美しくあるべき部分に
集中できないんです。


髪型については
髪を小さくぴたっとまとめることで
より首の長さや頭、顔の角度に意識を集中し、
重心を高く保つ効果も大きいのですが。




なるべく
すっきりとシンプルなスタイルでレッスンに臨む。

すると

からだそのものがとてもよく見える。

私たち講師にも
鏡に映る生徒自身にも
周りの生徒たちにも。



余計な飾りでごまかさない、真の美しさを追求しようじゃないか!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-12 21:33 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(4)

幸せの基準

さくらバレエスクールのレッスン後

助子ちゃんが
『ストレスが原因の病気』について
熱く語っておりました。

うーん、しかし
なんでまた?


「いや、さくら先生、気を付けないと…。ストレスが…。たまってないですか?」







ありがとう、助子ちゃん。

でもね、思わず即答しちゃったよ。





ストレスに感じることなんてなーんにもない!



そりゃ、小さいこと言えばきりがないよ。

ぱっとしないムスメの成績
ぱっとしないダンナの給料
ぱっとしないワタシの諸々。

でも


家族と楽しく暮らして
私の適当なオチで笑ってくれるすてきなメンバーたちと楽しくバレエができて
可愛いスクール生がどんどんきれいになっていくのを目の当たりにして
最高のアシスタントに恵まれて。

楽しいねえ。サイコーやねえ。


こんなに楽しませてもらってるのに
ストレスなんて、
サービス残業続きのサラリーマンが聞いたら怒るよ。


樽井で
さくらバレエサークルを始めてから


「幸せの基準」がどんどん下がってきたような気がします。

同じ状況なら
「つまらない」と感じるより「幸せだ」と感じられるほうが
ラッキーだと思うんですが、甘いですか?



というわけで

幸福感満載のワタシ。



ただ


苦手な冬の寒さと
大掃除に
ちょっとしたストレスを感じてしまいそうです。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-08 18:35 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

クリスマス会

私は冬が苦手。

寒いくらいなら、汗だくになっても暑いほうがいい。


とにかく
木枯らし1号から春一番までは

夏を待って
耐える期間。


(大阪暮らしだってのに情けないよねー)



子供のころ、本気で考えていたのは

クリスマスからお正月にかけての
なんだかこう、ちょっと特別な日々は

ひたすら耐える「冬」の期間に
神様たちが与えてくれた
アクセントだ、と。

神様:「とりあえずこれで一息ついて春がくるまで頑張んなさい。」



きっとそんなんじゃないんでしょうが
それでも

やっぱり
クリスマスやお正月は
なにか
「いつもと違う感」が必要かな、という気がします。



…というわけで


子供のクラスさくらバレエスクール
クリスマス会をやっちゃうことにしました!
060.gif


たいしたことはできませんが
みんなのいつものノリで盛り上がるといいなあ。


助子ちゃんと
わくわくしながら準備してます♪



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-12-04 15:45 | スクール | Trackback | Comments(2)