人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

-4Kgの理由

親子で通ってくれている「母」さんと「娘」さん。

今日、「母」さんから嬉しいメールが届きました。


私と娘ふたりそれぞれ、体重が4Kgずつ減ったんです!
先生!嬉しいです!



スケジュールの都合で、なかなかレッスンに通えないお二人。
バレエのレッスンは、細くしなやかな筋肉を作る手助けはできても
直接、減量につながる運動ではないし

身体を動かすことに抵抗を感じなくなったり
少しでも自分の体と向き合う時間ができたことで
意識が変化してきたのかな?

と思っていたら


なんと


受講した「ストレッチクラス」の内容を紙に描いて壁に貼り、
親子で競い合いながら
(実はストレッチは「競い合い」はよくないんですが(^_^;)これはほほえましい程度かと)
ストレッチを楽しんでいるそうです!

また、
食事にも気を使うようになったんだとか。



これよ、これ!

-4Kgの理由。


それは

生活の中に「ストレッチを楽しむ習慣」が生まれ
食事に気を使う気持ちが生まれ

その結果、少しずつ変わっていく体調や体型を

親子で、楽しんでいる。


最高じゃないですか!

私、とっても嬉しいです!
すてきな報告、ありがとう!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-24 19:50 | ダイエット・ボディメイク | Trackback | Comments(2)

おかえり!

事情で少しお休みしていたメンバーから

「レッスンに行ってもいいですか?」
とメール。


あったりまえやん!



最近、こんな感じで
「ご無沙汰」のメンバーがどんどん帰ってきてくれてます。

そんなメンバーたちは口をそろえて
こう言うんです。


体調が戻ったり、事情が改善したりで
「また、バレエに行きたいなあー。」と思っても
久しぶりなんで、体力も落ちているし…。
レッスンに行っても大丈夫かなあって心配だったんです。




                  「心~配ないさぁ~」
b0185509_1853798.jpg


体力が落ちてる?
そんなの、レッスンに来なかったらいつまでたっても落ちっぱなしでしょ037.gif


しかも

さくらバレエサークル
「参加できるときに参加するチケット制」だから

メンバーみんな、似たり寄ったり。

「あれ…?そういえば久しぶりだったっけ?」
って感じで
さくっとなじめますよ(^-^)


どれだけ休みが長くても大丈夫。
いつでも帰っておいで~(^-^)/
待ってるよ!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-22 19:07 | バレエ始めてみませんか? | Trackback | Comments(2)

座禅

今日のレッスン後
「私、自分に厳しくきっちりしていないといやなんです。座禅とかやってみたいくらい。」
と話していたのは△さん。


座禅!?





いやー奇遇だねえ。





私も実はめちゃめちゃ興味アリ。

座禅とか滝行とか。





小難しいことはヌキにして

心を真っ白にしてみたいなあ、と
考えていたんです。



とてもたくさんのメンバーが入会してくれたさくらバレエサークル


気軽に通える趣味のサークル、というスタンスに変わりはないんだけど


多くの人が関わってくれるようになればなるほど
メンバーの皆さんが熱心であればあるほど

私の責任が大きくなる。
レッスンという空間だけでなく、皆さんの生き方の一部に
影響を与えてしまう。よくも悪くも。

「人生がばら色になった」と言ってくれる人もいれば
心ならずも傷つけてしまった人もいて。



そして
子供のさくらバレエスクールにおいては
一人ひとりの人生を変えてしまうことだってある。


私は
そんな大きな力を持っているのかな?






なーんて

柄にもなく
真面目に考えこんでしまって015.gif


うん、
もっと肩の力を抜いていこう。

ワタシらしさが
無くなっちゃう。


あー、
ブログもなんだかしょっぱくてすみません。



滝に打たれて出直してこようかな(^_^;)

明日からはまた、元気になるよ~



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-21 18:11 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

先日のブログのコメントにあった

「レッスン開始時の爆笑事件」


気になって眠れない、というあなたの為に
ご説明いたします。



イエロークラス(小2~)のレッスンは
私語厳禁の少々緊迫した雰囲気。

にこにこと話しかけてくれる生徒たちはとてもかわいいのですが
レッスンが始まれば集中してもらいたい。


昨日のレッスン開始直前、
みんなを集めて強い調子でこう言いました。

「さ、レッスン始めるよ。
わかってると思うけど、レッスンが始まったらお喋りは禁止。
集中してレッスンを受けなさい。」



さっとレベランスの用意をする生徒たち。
それまで流していた音楽も止めて、2人の講師と生徒全員が神妙に向かい合う。


ぴん、と張りつめた空気を破って、高らかにレッスン開始を告げる私の声…








「はい!ではレッスンを終わります !」



アシスタントのN先生も、生徒も、見学スペースでお待ちの保護者も思わず噴き出したのですが




一番真面目な生徒、Hちゃんは
だんだんサマになってきたきれいなレベランスをしながら
スタジオ中に響く大きな声で









「ありがとうございましたっ!!」





一瞬、「ええっ!?なんでみんな笑ってるの?」と驚いた表情を見せてくれたHちゃん。

そうやねえ。
「レッスン終わります。」と言ったら「ありがとうございました。」だもんね。



一番集中していないのはこの私でした~


っと、こんなお話でございます。
あの場の空気を上手に説明するのが難しいけど
なんとなく、わかっていただけましたでしょうか?



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-17 16:12 | スクール | Trackback | Comments(3)

自立

さくらバレエスクールの小学4年生の生徒Mちゃんに

「夏休みが終わるまでに最初から最後まで自分できれいなシニヨン(お団子)を作れるように、今から練習しておいてね。」

と声をかけました。

もちろん、ほかの生徒にも
「4年生になるまでに練習しておいてね。」と。


さくらバレエスクールは開校したばかりで
まだトウシューズが履ける生徒はいませんが


トウシューズの許可を出す前に
裁縫のテストをしたいと思っています。
もちろん、自分で
トウシューズにゴムやリボンを縫い付けてもらうためです。



お姉さんだけではないです。
どんな小さな生徒でも
自分の荷物は自分で持たせるようにお願いしていますし

小学生の生徒は
みな、自分の着替えた服は自分できちんとたたんでいます。



私も母親なのでよくわかるのですが

何から何まで大人の手を借りなければいけなかった赤ちゃんのころから

子供って、毎日毎日育っていくんですよね。当然なんだけど。


ゆっくりなようで、意外に早いこの成長のなかで
いつ、「自分でやらせる」にシフトしていくか。

スプーンを持たせてみる。
コップで飲ませてみる。
靴を履かせてみる。
着替えさせてみる。

この辺までは、けっこうマニュアルがあるし
ママ友同志の話のなかでなんとなく「頃合い」がわかるものですが

そこから先は
家庭の方針や子供自身の個性で
ほんとうにばらばらです。

しかし私は
「やらせなければ、いつまでたってもできない。」

そして
「小学校4年生は、身の回りのことはこなせる年齢である。」

と考えています。


はじめはイライラ・ヒヤヒヤするかもしれませんが
危険のないよう環境を整えたうえで
あとは、見守る。

そして
ちょっとくらいの失敗を怖がらない!
(指切った?大丈夫、ちゃんとくっつくように人間できてるから。)


子育てって、忍耐ですね。
微力ですが、私たちもお力になりたいと思っています。


さて、先のMちゃん。
突然のお団子宣告に少し戸惑っていたようですが
力強くうなずいていました。
今日から練習しているのかな?
上手くできなくても大丈夫!ゆっくり練習していこうね!

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-16 22:20 | スクール | Trackback | Comments(4)

パニック!

ありがたいことに
ここんとこ多くのメンバーさんに参加してもらってます。
さくらバレエサークルのレッスン。


せっかくの広いスタジオと
多くの参加者を活かして

周りの人たちとうまく関わり合いながら
大きく、勢いよく移動する練習をしてみました。


動きそのものはカンタン。
とにかく大きくツーステップ。それだけ。

全員が
正しいタイミングで動き始め
しっかりと前に進めば
絶対にぶつかることはないし、列が途切れることもない


はず。

なんですが。





何でしょう、このブツブツと途切れる感じ(^_^;)

しかも



なんでもないはずのツーステップなのに
(最初に出る足と手は指定していますが、あとは自由にやっちゃってもらってます)

いざ、
自分の順番が来ると


もうなんか
あわわ…って大慌て。
大縄跳びに入っていけない小学生を見ているような…。


自分の出番のずいぶん前から
気合い充分で準備しているにも関わらず、です037.gif
焦っちゃうんでしょうねー

無理もないか。
一人のミスが、ずっと後引いちゃうもんね。
責任重大だ!




さすがに
舞台経験者や
ジャズなど他ジャンルのダンス経験者は落ち着いたものでした。




自分の体と向き合うバレエもいいけれど

みんなで踊るなかで
自分に与えられた役割を全うするのも

また違った爽快感を味わえると思いませんか?



たまには
こんな練習もしていきましょう!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-13 15:40 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

告白

父の話をさせてください。


父は、その昔どこにでもいた野球少年でした。

少年野球チームなんてしゃれたもののない時代
友達と毎日暗くなるまで野球ごっこ。
中学、高校と野球部に所属するも
甲子園など夢のまた夢。

卒業後はふつうにサラリーマンとなり
仕事から帰ると冷えたビールを飲みながら
阪神タイガースの試合をテレビ観戦する

どこにでもいるおっさんでした。


そんな父が
ひょんなきっかけで
とある中学生のピッチングを個人指導することに。

少年をA君としましょう。

彼は、幼いころから野球が大好きだったそうです。
特にピッチャーに憧れていて
夢は「甲子園にエースとして出場し、全国制覇すること。」

彼の両親は
そんな彼の夢を応援し、惜しみない援助をし
A君本人も必死で努力していたそうですが

リトルリーグでも
中学校で入った野球部でも

エースはおろか
レギュラーも怪しかったとか。
しかも、どの指導者からも
「おまえはピッチャーには向いていない。あきらめた方がいい。」
と、言われてしまったそうで

ワラにもすがる思いで
近所の野球通のおじさんたちにコーチを頼んでいたらしく

何人目かに声がかかった父が引き受けることになったようです。



父とA君は
A君の部活帰りを待って
近所の公園で練習を始めました。

A君は
父の言葉を忠実に守り
それはそれは熱心に練習したそうです。


一度だけ練習の様子を見に行ったことがあるのですが

普段饒舌な父が冗談一つ漏らさずにいたのが
とても印象に残っています。




そして。

A君は、とある甲子園常連高校に進学し




そこで

念願のピッチャーになりました。







A君にとって最後の甲子園。



優勝を決めたそのマウンドに立っていたのは



エースナンバーをつけたA君だったんです。








んー

これ、書いちゃっていいのかいまだに悩んでおりますが




私はダンサーとしての実績が非常に乏しいです。

その事実が
私自身を苦しめることがあります。

バレエを指導する資格があるのか。

バレエとは、その道を極めたものにしか指導できないのでは?


いまさら、変えることのできない過去に執着してしまう時、
父のことを思い出すようにしています。


名選手でなくても
名コーチになることができる。

その道のプロが見放したA君は
父の指導でちゃんと結果を出せたではないか。


父がそうだったように
自分にできることを精一杯がんばってみよう。
過去は過去。
私の実績は、未来が作っていく。



ちなみに

父はちょっぴり体調がすぐれなかったものの
検査の結果異常もなく
すこぶる元気です。

偏屈な性格と妙なおやじギャグで
周りの人間を辟易させておりますが(^_^;)



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-12 17:06 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

憧れの存在の卵たち

GW、大人クラスの発表会のため
1週間お休みだった子供たちのクラス。
久しぶりのレッスンでした。


アシスタントのN先生が出演するということで
先日の発表会を見に来てくれた子もけっこういたのですが
普段、指導してくれているN先生のとても美しい踊りを目の当たりにして

「わたしも、あんなふうになりたい!そのためにバレエがんばろう!」

と決意を新たにしてくれたようで。


しめしめ。
目いっぱい、がんばってくれたまえ026.gif

だって、次に「憧れの存在」になるのは
あなたたちだもの。



今年の2月に始めたばかりのさくらバレエスクールには
目標となるべき「お姉さん」がいません。

イエロークラス(小2~)の生徒たちもとてもがんばっていますが
まだまだ駆け出しです。


しかし


数年もすれば
厳しいレッスンに耐えてがんばっているイエロークラスの生徒だけでなく
今、スキップで元気に教室を跳ね回っているピンククラス(4歳~小1)の子たちも
すてきな「お姉さん」に成長しているのでしょう。


がんばって練習して
早く
憧れられる存在になってほしいな。



ところで


ピンククラスのレッスン中。

私の話を上の空で聞いていなかった生徒に注意すると


にっこり笑って

「はあ~いっ053.gif


まるで
仕事のミスは多いけど
笑顔はぴか一で人気の
ゆるふわ系新人OLのよう(^_^;)


私語厳禁のイエロークラスに上がった時、そんな返事したら
「しばき倒すで。」
と警告しておきましたが(^_^;)


やっぱ、かわいいわ。053.gif



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-10 11:39 | スクール | Trackback | Comments(0)

舞台のススメ

本番後、出演者から送られてきたメールのほんの一部をご紹介します。
「感想を送ってね!」などとお願いしたわけではないので(^_^;)
おそらく、本音なのでしょう(^-^)


*   *   *   *   *

バレエから遠ざかって〇〇年。また踊れるとは思ってみませんでした。
バレエの世界はとても難しいですが、もうちょっと頑張ってみようかなあ、と思いました。


花ワルが終わった時は感極まって泣きそうでした。
もちろんメンバーの皆さんにも恵まれ、またお世話にもなり、良い思い出になりました。
楽屋もとても楽しかったです!
『バレエは舞台があってこそ』かなという気がしました。


舞台に出させていただくのは少々気が引けましたが、終わってみてメンバーのみんなとの交流が深くなったようで、とても嬉しく楽しい時間でした。
日常を離れて、こんな舞台に参加させていただいて、バレエってしんどくて大変だけど、でも楽しい053.gifと思いました。


先生、限界は目に見えてるけど、私は大人からバレエ始めて良かったです。
色んな事を踏まえた上で協力したり励まし合って一緒に頑張ってきて迎えた本番、舞台袖でお互いのタイミングを取り合う〇○さんの顔を見て泣きそうになっちゃった。舞台中でも顔を合わすみんなが愛しくて愛しくてたまりませんでした。
Vaを踊るメンバーを袖からみんなで応援した時も目があった時はお互いに気持ちが最大限に通じ合ってた。
観客あっての舞台であり、自己満足だけでは許されないかもしれないけど、そんなの通り越して幸せな時間でした。
これって大人の醍醐味ですよね。



*   *   *   *   *

私がみなさんに感じてほしい舞台の喜びを、そのまま体感してもらえたんですね。
うわあ、嬉しいよう。


「大人から始めた私には、舞台は無理」
と思っておられる方。
確かに舞台は負担が大きいし大変ですが
尻込みするのはもったいないですよ!

思い切って、飛び込んでみてください!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-05 12:01 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(2)

おなかいっぱい。

ずっとパソコンの前で腕組みしてます。


昨日の発表会。


あまりにあまりに
伝えたいことが多すぎて
整理できない。



しかしうじうじといつまでも考えていてもらちが明かないので
(感動のブログとラーメンは熱いうちに。スピードが命!)

つたない文面、気遣いのない内容かもしれませんが
お付き合いください。




発表会というのは両刃の刃で
成功すれば、出演者はじめ、メンバーみんなの結束が強まり
新しい目標にむかって大きく前進できるチャンスなのですが

逆に

メンバーの気持ちを
バラバラにしてしまう危険性も持ち合わせています。
メンバーのバレエに対する気持ちが強ければ強いほど
「失望感」を与えてしまう可能性が高いような気がするんです。


だから

めっちゃ怖かった。


「成功させなければ。」
(この場合の「成功」は、出演者をはじめ、メンバーみんなが発表会に対して前向きになってくれること)

そのために
私が頑張らないと。

そればかり考えて
逆に皆さんをがんじがらめにしていたのかもしれません。



舞台への情熱という炎はあるのに、うまく燃えない。
私が燃やそうとするから、うまく燃えないんだ。
みんなは燃えたがっている。だから、燃えやすくすればそれだけでいいんだ。

みなさんがろうそくなら、私は芯になればいい。
直接、ロウに火を近づけたって、燃えない。


そういうことだ。



なので

私のスタンスは
前半…やたら焦って空回り
中盤…悩んだり投げ出しそうになったり
後半…みんながそれぞれ頑張るための後方支援

結果
ほとんど、何にもしてません。


それなのに



本番後





出演者のみなさんから
こんなサプライズが。





b0185509_1512446.jpg



大きさわかるかな?
両手でないと抱えきれないほど大きな、大きなダリアがたっぷりのフラワーアレンジメント!

〇ャコットのニットパンツとレッグウォーマーのセット!
(私が20年物の毛玉だらけニットを履いているのを不憫に思ってくださってのことでしょう…。)

山西由実さんのレッスンCD!

そして
メンバーのお嬢さんが描いてくれた似顔絵付のメッセージカード!

b0185509_15215318.jpg




身に余る、光栄です。恐縮です。
どうしよう、こんなにしてもらっちゃって。
お礼を言わなければいけないのは、私のほうなのに。




完成度の高い(と、私は自信を持っています!)作品を客席からみながら

楽しそうにくつろぐ楽屋の様子をみながら

終演後、てきぱきと手際よく片づけを行い、
私が少し席を外している間に楽屋をピカピカに磨き上げてくれている様子に感動しながら


そして
大勢のメンバーたちが応援に来てくださっているのを知って

成功、を確信しました。


帰宅後、数名の方から
これまたありがた~いメールをいただいたりして。



うわー
幸せすぎておなかいっぱいです…。

一度に食べきれないから
小出しにしてちょっとずつ味わうとするかな。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by sakura-ballet | 2012-05-04 15:45 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(5)