人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

カテゴリ:スクール( 130 )

IT

さくらバレエスクールでは
月謝の支払いについてクレジット決済(銀行振り込みも可)を利用しているのですが

運営会社より
近々、サービスを終了するという連絡が来ました。

うーん
困った。

手間がかからず、ポイントもつくクレジット決済は
利用している保護者も多く
また、私にとっても
お支払い状況を一括管理できるシステムは
なくてはならないものになっています。

他者のクレジット決済をいろいろ検討していく中で
ここなら…という業者さんを見つけコンタクトをとると
大阪で説明会があるとかで、さっそく申し込みました。

当日
説明会開始10分前に会場につくと

…真っ暗。

どれだけ確認しても
日時、場所は間違いない。

仕方がないので
自分で明かりをつけて
一人で座って待っていたけれど
誰も来ないし
サポートデスクに電話してもメールを送ってもつながらない。

諦めて、とぼとぼ帰宅すると
複数の着電とメールが入っていて
どうやら
日程の変更の連絡が私にだけ入っていなかったらしい。

「申し訳ありません!
私が直接伺って説明させていただきます!」


日を改めて
現れた男性は
なんと、

取引しようと考えていた業者さんを含む
大きなグループ会社の代表取締役!


非常に分かりやすく、てきぱきと説明してくれた内容は
私が考えていた以上のものだったし
1対1だったので聞きたいことを全部聞くことができて

説明会行けなくて
かえって良かったかな(^^;)


クレジット決済だけでなくコンビニ決済も簡単にできるし
保険もついてるし
スクールの「連絡帳」としての機能も充実していて

今までメールでお知らせしていた連絡も
アプリで送れるようになるし
既読未読もわかるし
アンケート機能も付いているので
今までクラス連絡係にお願いしていたアンケートのとりまとめも
私のほうでできるし

ちょっとワクワクするくらい♪

私が負担する手数料は少し高くなるけれど
保護者の皆さんと私自身の利便性を考えたら
これは使ってみたいなあー

しかし
スマホでこれだけいろんなことができるようになるなんて。
時代は、どんどんうごいているんだなー
昭和脳のまま退化していかないように、気を付けよう! 


追伸
大人クラスさくらバレエサークルについても
クレジット決済ができないか、検討中です!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


by sakura-ballet | 2019-07-18 14:11 | スクール | Trackback | Comments(0)

バレエノート

以前からちょくちょく耳にしていたんですが

一部のお母さん方がレッスン内容をメモしておられるとのこと。


うーん
熱心なのはありがたいんですが…。


私が子供たちに
「バレエノートを作ってレッスンで注意されたことや習ったことをメモしておきなさい。」
と言っているのは
レッスン内容を余すところなく記録しておけ、という意味ではないんです。

だって
小学1年生も多いイエロークラスは
まだ文字そのものも覚えたばかり。
完璧な記録なんてできないのは当然です。

それでも
バレエノートをつけるように促しているのは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておこうとする姿勢や
ノートに記録するという習慣を身につけるため。

だから子供たちには
「一つだけでもいいから、教わったことや注意されたこと、気づいたことを書けばOK!」
と言っています。


お母さん方がこれをやってしまうと
子供たちは

レッスンに集中して大事なことや注意されたことを覚えておくことや
ノートに記録するという行為を
お母さんに丸投げしてしまいます。
たとえ、子供本人がノートに記録したとしても
お母さんが完璧なレポートを持っていたら
子供の記録の価値が半減してしまいます。

大人でもそうでしょ?
せっかくレポート作ってんのに、裏で完璧なレポート用意されてたら
やってらんないわ、って思いません?


とはいっても
「うちの子、覚えが悪いからメモ取って復習させないとついていけないから…。」
と思われる方。

今、ついていけなくてもいいんです。

大切なのは
これから伸びていくための下地を作ること。

今はついていけなくても
自分の力で解決する努力を続けることで
ぐんと成長するときが来ます。


子供自身の成長の芽を
どうか、大切に育ててあげてください。



あ、そうそう

一声かけても子供がバレエノートを書こうとしない場合は
本人がその気になる時期が来るまで
放っておいてくださいw



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-06-08 12:10 | スクール | Trackback | Comments(0)

100均レッスン(税抜)

新設した最上級クラス、ブルークラス。

このクラスのレッスンは月12回なんですが
ブルークラス生徒はもう一つ下のグリーンのレッスンも受けることが出来るので
受講できるレッスンは1か月に合計24回あります。

塾などで忙しくなってくる年代なので
振替での受講をしやすくするための措置でしたが

両方受けてもいいよ、と伝えると
熱心な生徒がさっそく
ダブルで受講。

すごくうれしいんだけど

従来の規定だと月謝分の回数を越えて追加レッスンを受ける場合
1回につき1620円必要。
これでは気軽に追加受講できないな、と考え

規定を変更しました!

ブルークラス月12回契約の生徒が
12回を超えて受講する場合

なんと1回
108円で受講できます!

100均よ?100均!!
自販機の水のほうが高いぞ!!


ブルークラスの月12回受講者については
無制限で受け放題、とも考えたんですが

グリーンクラスはグリーンの生徒のためのクラスなので
ブルーの生徒とは言え、生半可な気持ちで受講してほしくないんですよね。

108円。
ブルーの生徒なら、おこづかいで払える金額です。

自分でこづかいを使ってでも
あるいはお手伝いやテスト頑張った!などでご褒美として
108円をもらってでも

レッスンを受けたい!

そう思う子にはどんどん追加でレッスンを受けてもらいたいです。


グリーンの子にとっても
いいお手本になってくれるでしょう。

頑張る生徒を全力で応援するぞ!


(バレエだけ頑張るんじゃないぞ!勉強、お手伝い、遊びだって大事にしようね!)




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-03-23 09:28 | スクール | Trackback | Comments(0)

クラス再編

発表会後、さくらバレエスクールではクラス再編が行われました。


一番の心配は
最年少クラスから一つ上のイエロークラスに進級する生徒たち。

けじめがある中にも楽しく、を優先していた
これまでのレッスンから
一気に緊迫した空気になり
注意したことを守れなければ(レッスン以外はバーに触らない、とか)
容赦ない叱責が飛び
徐々にではあるけれど
レッスンそのものも難しくなっていて。

お母さん方から
本人のやる気や性格なども聞いたうえで
進級させているので
頑張れる子ばかりだとわかっていても
もしかしたら気持ちが折れてしまう子が出てくるかも、と
進級者が出るたびに内心はらはらしているのですが

うん、なかなかやるねー!
イエロークラスへの進級者たち
今のところ、みんなちゃんとついてきてくれているかな。

意外だったのは
イエローからその上のグリーンに進級した生徒たちのほうで
なかなかの実力者ぞろいだったのですぐに慣れるだろうと思っていたら
けっこう、苦戦。
思うように動けず、涙する子もちらほら。

悔しいんだろうねー
ここが踏ん張りどころだぞ!

グリーンから新設したブルークラスへの進級組は
気負いなくのびのびレッスンを楽しんでいるようですが
Vaを踊れる体力とテクニックを身に着けるため
基礎を徹底的に見直しつつ、難しいパにも挑戦していく予定。

それぞれの弱点、徹底的に克服していくぞ!
で、もっともっとできることを増やしていくぞ!


…と、まあ
進級者たちはこんな感じなんですが


驚いたのが、進級しなかった生徒たち。

進級できなかったことを悔しがっているんじゃないか、
少しやる気をなくしてしまうのではないかと
長い間生きてきて心が澱んでしまった私のような大人は心配していたんですが

全くの、杞憂でした。


進級してきた子たちの前で

どう?これがイエロークラスよ!
と言わんばかりに
今まで以上に美しく踊って見せる子たちや

ちょっとしたことが思うようにできなくて
声を押し殺して悔し泣きをする4歳児…。
(で、すぐに立ち直る!)


めちゃ、前向きやん!


みんなのほうが一枚上手だわー
参りました_| ̄|○




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



by sakura-ballet | 2019-03-19 22:51 | スクール | Trackback | Comments(0)

レッスン風景

b0185509_01221417.jpg
さくらバレエスクールの生徒たちのレッスン風景写真を公開!

私は、レッスン中は撮影しないし
(アライメントチェックのために撮ることはあるけれど)
保護者の皆さんにも禁止しているので

プログラムと広報媒体のために
カメラマン(保護者有志)にこうして撮影してもらうのは
貴重な機会なんです。


最年少クラスのこの子たちが
b0185509_01271871.jpg

真ん中クラスになるとこうなって
b0185509_01234985.jpg

上級クラスになるとこうなります。
b0185509_01240244.jpg

次回のレッスン風景写真では
何人が上のクラスに進級しているかな?
みんながんばれ!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
勉強になるブログがたくさんあります。
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

by sakura-ballet | 2018-12-23 23:17 | スクール | Trackback | Comments(0)

センス

例年

発表会プログラムやチラシ、HPなどに載せるレッスン風景写真撮影を
撮影が得意な保護者の方にお願いしています。


私は
撮影と言えば
シャッターを切ることくらいしかできず
(「元気はつらつ」の掛け声で「オロナミンC!」と言ってもらうことくらいはできる)
まともな写真がなかなか撮れないんですが

撮影が得意な人って
アングルとか背景とか、ちゃんと考えているんですねー
いや、そうでないといい写真撮れないよねー

で、
やっぱりセンスっちゅうもんが必要だと思う。

b0185509_19450960.jpg

これは
今回も撮影に快く応じてくださった
専属カメラマンのお一人が
試し撮りしてくれた写真。

絵になるっていうのかなー
いい写真だなー


来週、全クラスのレッスン風景撮影がありますので
ウチのカワイコちゃんたちの姿を
こちらのブログでも紹介させてくださいね!


~ おまけ ~

失敗作ですが
あんまりかわいかったので公開!
レッスン後、もう着替えを済ませていた〇君に
「写真撮るからもう一回着替えてー!」と無理やりお願いしたところ
慌てて着替えてくれたんだけど
シューズ履き忘れてはだしだった(^^;)

ま、それもご愛敬。
b0185509_20061112.jpg
「オロナミンC」とか「カワイコちゃん」とか
んもう、昭和臭がにじみ出ちゃってますねー


ランキングってやつに参加させてもらってます!
勉強になるブログがたくさんあります。
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

by sakura-ballet | 2018-12-07 20:20 | スクール | Trackback | Comments(0)

見守る。

保護者の皆さんとの個人懇談。
ようやく、半数近くが終了しました。

今までは
進級するかどうか相談が必要な生徒のお母さまにだけ
個人的に話をさせていただいていたのですが

せっかくなので今年は
生徒たちのおうちでの様子とか
スタジオでの様子とか
今後の指導方針など
皆さんと意見交換することにしています。


すると

出るわ出るわ。
「聞いといてよかったーっ!!」という情報。

また
こういった機会でないとお伝えしにくいんだけど
ぜひお伝えしたいことなども
しっかりお話しすることができて

うん。進級者以外のお母さまとも
懇談できてよかったわ。


週に数時間の習い事だけど
生徒たちが幼少のころから
長く付き合っていくので

私たち講師は
ご両親や親戚の方々とは違う目線で
生徒たちを見守っていくことが出来ます。

私自身、稚拙ではありますが
長く教育に携わってきましたし
アシスタント二人も
とても見る目がある人達です。
(まあ、長く教育畑にいるからこそ考えが偏る場合もあるんでしょうが
そこはアシスタントたちが冷静に正してくれます)


ウチの生徒になったからには
体も心も強く美しい子になってほしい。
幸せな人生を自分の手でつかむための礎を
こどものうちに築いてほしい。

はなはだ僭越ではありますが、そんなふうに思っちゃうんです。
みんな、かわいいもんなあ。


しかし驚くのが

保護者の皆さんのほとんどが

「先生、ビシバシ指導してやってください!」
とおっしゃること。

まあ
進級してしまったら
「お手柔らかに~」って言われても
お手柔らかにはできないけどね128.png

ビシバシやっちゃってるけど
(いや、体罰とかそんなんじゃなくて)
けっこう泣かせたりもしてるけど
それでも
みんなバレエ大好きだから大丈夫ですよ!
みんな強い!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
勉強になるブログがたくさんあります。
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

by sakura-ballet | 2018-11-16 19:28 | スクール | Trackback | Comments(0)

進級

ただいま

発表会後の進級について
あれこれ考えを巡らせているところです。

様々な角度から生徒たちを見て
それぞれにとって最適な答えを導き出そうとしているわけですが

これが、なかなか難しい。


特に
ごくごく基本的なパと
スキップなどを中心に練習してきた
最年少クラスから
クラシックバレエの基礎を学びだす真ん中クラスへの進級を決めることは

一筋縄ではいきません。

まず、生徒たちはまだまだ幼いんです。
体がしっかりと強くなっていないといけないし
先生の話をちゃんと聞いて、言われたとおりに動けないといけないし
(たとえできなくても、本気でやろうとする姿勢が必要)

真っすぐに立つことができるか
膝やつま先を伸ばす意識はあるか

楽しいばかりではなく、厳しい声も飛ぶレッスンに耐える精神力
音楽を聴く力
60分持続できる集中力…。

いろいろありますが
一番大事なのは

バレエが好きで、上手になりたいと思っているか。
ですね。


これらを総合的にみて判断するんですが
ある部分では突出している子がある部分では足りなかったり
ほぼ完ぺきなのに、見逃せない弱点がある子がいたり
まだ幼いのに、やる気とバレエに対する情熱はピカイチだったり

もう、ほんとに
どうすりゃいいのよって思っちゃう。
嬉しい悲鳴なんですけどね。



保護者の皆さんに聞いてほしいことがあります。


これは
常々感じていることですが

子供って
成長するんですよ。
体だけではなく、精神的にも。

そしてそのスピードは、本当にばらばらなんです。
個人差が大きいんです。
なかなか集中できなかった子が
いきなりお姉さんになって真剣にレッスンを受けるようになったり
不器用だった子が急に覚えが早くなったり
逆に、順調に伸びていた子がスランプに苦しんだり…。


間違いなく言えることは
みんな、ちゃんと成長します。
バレエが好きで、本気で努力ができるようになれば
遅かれ早かれ、上達します。

なので
どうか

現時点でのお子さんの様子をみたり
進級が遅れたからと言って
「うちの子は向いていない」などと決めつけないでほしいんです。

かえってゆっくり成長する子のほうが
丁寧に踊れるようになることがあるんです。

無理に進級させるより
丁寧なレッスンと
自信を積み重ねていくほうが
結局、上達への早道だと思います。
生徒の性格によっては
ちょっと厳しい環境のほうが伸びることもありますが。


本人が
バレエを踊りたいという気持ちを持っているなら
それだけで大丈夫!


逆に

本人が
どうしてもバレエを好きになれないなら
無理に続けさせるのもかわいそうかなと思います。



さあ

そろそろ決めないといけないですねー




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

by sakura-ballet | 2018-10-07 01:12 | スクール | Trackback | Comments(0)

避難訓練

前回の記事を読んでくれた保護者有志の皆さんが
自主的に
りんくう翔南高校まで避難訓練してくれました!

小学生と園児を連れて
徒歩で高校まで行けるのか
どれくらいの時間がかかるのか検証して
きちんと報告してくれたところによると


晴れていて、特に混雑もない状態の道であれば
10分強で到着するそうですが

園児にとっては
少し負担の大きい距離だったようです。

有事の際は
みんな非難するので
混雑はあるでしょうが
のどかな町で、そこまで人口も多くないし
広い道を通ってくれたので
(裏の狭い道のほうが近いんだけど、火災や倒壊などで通れなくなる可能性があるので
広い道を選んでくださったのは正解だと思います)

予想通り
小学校中学年以上の子供なら
15分程度で到着できそうです。


なので

やはり、15分以内で津波が到着しそうなら小学校へ
それより余裕があれば高校へ
そして
最年少クラス生徒については
(スタジオに保護者がいる中・上級クラス生徒も)
それぞれの保護者の判断で避難場所へ連れて行ってもらうという方法で
避難したいと思います。
もちろん、その場の状況で変わってくるとは思いますが。


この結果を踏まえて
私からも非常時の心構えを
生徒に伝えていこうと思います。


避難訓練してくださった保護者の皆さん、生徒たちや兄弟のみんな
本当にありがとうございました!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


by sakura-ballet | 2018-06-26 12:21 | スクール | Trackback | Comments(0)

ネーミングセンス

さくらバレエスクール最年少クラスの作品。

最初、前列と後列に分かれていたのが
一列になって
後半は、前列後列が入れ替わるんだけど

「じゃあ、はじめに前の列だったお友達は後ろの列ね」

「最初に後ろの列で今は前の列にいるお友達は右から、
最初に前の列で今は後ろにいるお友達は左から…。」

って

まどろっこしいこと、この上ないので

列に名前を付けよう!と思い立ちました。


「よーし、いまから列に名前をつけるから覚えてね!
最初に前の列にいたお友達は…お友達は…。」





レッスン中に急に思いつきで
名前を付けると言ってしまった私。

気の利いた名前を考えているはずもなく。

しかし

名前をつける、と言ったとたん
水を打ったように静かになり、

どんな名前を付けられるんだろう?
じっと私の言葉を待つ子供たち。

なんか、めっちゃ期待してる…。


こ、これは…。

下手なことは言えないぞっ


「前の列のお友達は…前の列のお友達は…。」



番号は…これだけ期待されているのに、ただの番号なんかじゃだめだ
色は…そもそもクラス名が色の名前だ
女の子が好きそうなキャラクターは…どっちの列にも男の子がいるからだめだー


脳内をひっかきまわして、いい名前を探す。
早く、早くみんなが気に入ってくれる名前を考えないと!


「前の列のお友達は…

おっおっ…お、お花チーム!

後ろの列のお友達は、お、お星さまチーム!!」


苦し紛れのネーミングに
子供たち、ノーリアクション_| ̄|○

だろうなー



レッスン後、見学スペースの向こうから
「〇〇ちゃんはお花チームやねえ♪」
と、
子供たちに話しかけて、盛り上げてくれるお母さんの声を聞いて
(ありがたい!)


もうちょっとマシな名前はなかったものかと
センスの無さに泣けてくる…。

ええい、ままよ!
こうなったら、お花チーム、お星さまチームで
目いっぱい盛り上げてやるぞー



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


by sakura-ballet | 2018-06-14 23:38 | スクール | Trackback | Comments(0)