ブログトップ

さくら徒然日記

カテゴリ:発表会への道のり( 142 )

チャレンジ!

まだ決定ではないのですが
次回の発表会について、少し考えていることがあります。


いままで、
それぞれのお母さんに一任していた
発表会当日の子供たちのお世話を

上級生たちに任せてみようかと。


さくらバレエスクールは活動を始めて7年目になります。
次の発表会は単独公演としては3回目。

幼かった生徒は成長し
それなりに経験も積んでいます。
世話好きで気が利く生徒も多いです。

もちろん
丸投げはせず、
事前準備はしっかりと行い
大人がフォローできる体制は整えますが

大人は必要以上に手を出さず
見守っていけたらいいな。


上級生は
任されることで生まれる責任感。

年少の生徒は
お母さんと離れても
発表会を乗り切れる自立心。


発表会が終わったとき

生徒たちがそれぞれ
大きな自信を持つきっかけになるかも。



初めての試みなので
混乱や失敗もあるとは思いますが

それは、次に生かしていけばいいですよね。


同じところに留まっていても成長しないのは
我々大人も同じ。

より、良いほうへ。
チャレンジです!



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-10-16 16:51 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

二刀流

発表会の振り写し、いよいよラストです。
エンディングの最後にみんなで踊るパートの練習を始めています。

これが
重心を落としたり
肩や腰をひねったり
バレエにはない動きが満載で

バレリーナたちには
なかなか手ごわい振り付けなんです。

私はこの部分に関しては
盛り上がればいいと思っているので
元気よく踊ってもらえれば十分なんですが
(恥ずかしそうに小さく踊るより、思いっきりはじけてほしい)

みなさんがあとでDVDを見たときに
激しく後悔しない程度には
キメていただきたいと。



まあ、正直に言ってしまいますが
当然ながら大人出演者たちの「クラシックバレエのレベル」というものはバラバラで
ヴァリエーションを踊る者もいれば
まだバレエを始めて間もない者もいるわけですが


面白いことに

この踊りに関しては
クラシックバレエのレベルが全くあてにならないんです。
初めのうちはね。

クラシックバレエ一筋で頑張ってきた人ほど
違う体の使い方に戸惑ったり。


バレエって
針の穴に糸を通すような集中力が求められます。
それはそれで素晴らしいアートであり
魅力ある踊りなんですが

細かいことを考えず
(考えないこともないけれどバレエに比べれば…)
ただ音楽に乗って体を思いっきり動かすというのもまた、
魅力ある踊りだと思うんです。
ダンサーにとっても、観客にとっても。


どっちも踊れるほうが、楽しくない?


というわけで
エンディングでは子供たちにも
バレエではない踊りを踊らせています。
大喜びで踊ってくれるから嬉しいねー
子供はさすがに頭も体も柔らかいので
あっという間にモノにしますね。

将来

バレエ以外のダンスに興味を持った時にも
自由に自分の体を動かせる、幸せ。

ぜひそれを手に入れてください。



さてさて

慣れない動きに苦慮している大人たちですが
少しずつサマになってきた人が増えてきました。

そう、コツをつかめば大丈夫!
練習あるのみ!




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
今回も、心があったかくなる演出や
笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-10-02 12:54 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

心残り

今日、さくらバレエサークル発表会出演の皆様に
残念なお知らせをしました。

一人のメンバーの
本当にやむを得ない事情での、出演辞退。



ご本人も
相当悩まれたようでした。

そりゃ、そうだよね。

ビギナークラスに在籍していた彼女。
発表会に出る、と決めてから
ハードなレギュラークラスにも
頑張って参加してくれて

発表会練習でも
私の容赦ない指導に
歯を食いしばってついてきてくれて。
ようやく振り付けやフォーメーションが身についてきて
まさにこれから、だったから。


私も
なんとかして出演してほしかったので
念のため代役を立てつつも
彼女の復帰を待つ段取りを整えていましたが

…残念ですが、出演はあきらめます、と
連絡が来ました。



大変な事態になっているという報告を
メールで受けたとき

その返信には
とても気を使いました。

何通も下書きをして推敲して
時間をおいて読み直して。

何とか出演してもらいたい。
でも、それが負担にならないようにしたい。
そして、出演するからには
できる範囲で努力してもらいたい。
そうでないと、逆に悔いが残ることになる。

それを
どう伝えたらいいのか。


私なりに
考え抜いたつもりでしたが

私のメールは

出演が危ぶまれ
気弱になっている彼女にとって
圧が強かったのかもしれない。


もしかすると

私の言葉が
彼女の頑張ろうという気持ちを
萎えさせてしまったのかも、と思うと

胸が痛いです。
いや、思い過ごしかもしれないけど。



レッスンのたびに
私に、けちょんけちょんに注意されてもめげずに
「先生、ちょっとずつ慣れてきました!」と
笑顔で話してくれた彼女に

舞台に立って欲しかったな。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-08-12 21:02 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

乙女心

さくらバレエスクールでは
発表会の衣装を
業者さんに引かれるほど早い時期に決定します。

早いうちに決めると
狙った衣装に先約が入っているということはないので
選び放題なのはいいんですが

問題は
生徒たちが成長して
サイズが変わってしまうこと。

なので

毎回、かなり早い時期から
何度かサイズを測定してもらい
どれくらい成長したかをみて
本番のサイズを予測するんです。


これ、数字を眺めているだけでも面白い。

うわあ、こんなに大きくなったのねっ
って、
母のような気持で眺めてしまう。


こうやって
数字の推移を確認するので
不自然なデータを発見することもできるんです。


えっ、この子、小さくなってるけど
とか。

保護者に確認すると
数字の間違いだったなんてこともよくあって

そのままの数字を業者に提出していたら
明らかに違うサイズの衣装が来るところだったという
恐ろしいミスを
すんでのところで食い止めることも。



各クラスの担当から送られてきた最新のサイズを確認していると

ある生徒(小学生)のウエストサイズが
妙に細くなっているのを発見。

前回のサイズよりも細くなっているし
何より
B・W・Hの数字が
峰不二子もびっくりのナイスバディに…。

うーん
確かキミは
そこそこ恰幅のいいスタイルだよなー

メジャーの数字を読み間違えたかな?
そう思ってお母さんに連絡を取ってみると


本人の希望で
目いっぱいお腹をへこませて測定したらしい(^^;)

乙女心発動!
身体測定の女子高生かっ

大人は
本番までに痩せることも多いので
ちょっときつめに測るのもありだと思うけど

子供はきつい衣装だと本番大変よー
多少はムシで調節できるけど。

そう言って測り直してもらうと
+7㎝でした。
これ、衣装によっては背中出しが必要なレベルよ。
危なかったー


「小手先でなんとかしようとせず、
お母さんと一緒にお菓子を減らそうと言っておきました。」

とは、お母さんの弁。



しかし

彼女を含め、あきらかにおかしな数字の生徒が何人もいて
やはり、家庭で測定してもらうのは危険なのかなと思うようになりました。
測り方はお伝えしているんですが。

子供用のZOZOSUITがあったらいいのに。
なーんてね。


次回からは
スタジオで測定できるように
考えようっと。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-08-07 21:39 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

難役

8月になりました。
発表会本番まであと7か月と少し。


創作作品「空」は
様々な表情を見せる空模様を表現したものです。

晴天、夜、雨、嵐、雪。
そして、虹。
(雪の後に虹は出ないんですが構成上やむなし_| ̄|○)


この空を
客観的に眺める親子が出てきて
これが作品のスパイスになるんですが

…もろ、演技なんですよね。
マイムだから、セリフもない。

身振り手振りでの表現。

これ
難しいよ。


この難役を誰に任せようか
ずいぶん悩みましたが

やんちゃで年上の男の子と
演技を理解できるぎりぎりの年齢の子のうち
一番身長が小さい女の子に
運命をゆだねることにしました。

運命って、大げさですか?
いや、そうでもないんですよ。
この二人は、作品導入部分の要なんです。
あんまりプレッシャーかけるといけないので、本人たちには言っていませんが。


晴れた夏の日、
空を眺める兄妹。
ふと現れた鳥を、追いかけまわす兄。
それを叱りつける妹。

迎えに来た母親に駆け寄り
夕暮れの空のもと、3人手をつないで家路につく。


…こうやって書くと簡単そうなんだけどねー

音楽とのタイミングとか鳥とのコラボとか
覚えることがたくさんあって、本当に難しい。


踊りの練習もあるので
演技練習にはほとんど時間が取れず
レッスンの合間の休み時間に集中してやるんですが

鳥役など次のクラスの生徒や
見学スペースの保護者から
クスクスと笑いが起こるくらいかわいいw

幼い二人の魅力で
心温まるシーンになるんじゃないかなー


ちなみに母親役は
経験豊富な保護者のお一人にお願いしています。
こっちは全然心配ないです♪


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-08-02 12:49 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

見学者

さくらバレエスクールには
保護者の皆さんにレッスン風景を見ていただけるスペースがあります。

最年少クラスのレッスンは
比較的、見学の保護者が多いです。

レッスン道具は生徒本人に持たせるようにお願いしているのですが
まだまだ着替えや準備に手がかかる年齢の子もいるし
頑張っている姿を
お父さんお母さんに見てほしいという生徒も多いし

何より
生徒たちがかわいいから見ていたい、という親心もよくわかるー


真ん中クラスは
数名の親御さんが
熱心にレッスンを見学されるくらい。


上級クラスになると
たまーにこっそりと見学される方がいるくらいかなー



ところが


発表会練習が進んでくると


見学者が増える増える~


特に
真ん中クラスのレッスンは
発表会練習が始まる時間になると
見学スペースがいっぱいに。

前回の発表会前もそんな感じだったなあ
特に、「お風呂」の練習時間は大混雑だった…。


わざわざ送迎の車を降りて
人の多い見学スペースで
(しかもちょっと暑い。扇風機でなるべくレッスンスペースの冷気を送るようにはしているけれど)
食い入るようにレッスンを見つめている保護者のみなさん。
お母さんだけでなく、お父さんも多い。
こっそりご覧になるからか
生徒から目につきにくい場所が大人気(^^;)

作品への興味、期待をひしひしと感じます。



私が一言説明しただけで
流れを理解し、思った通りに動いてくれる生徒たち。

みんなのおかげで
どんどんいい作品になっています。
あ、ここはもっとこうしたい、とか
こんなの面白いんじゃないか、とか
私の妄想をどんどん表現してくれるからありがたい。
みんなじゃなかったら、きっとこうはいかない。

いやもちろん、まだまだ練習は必要だけど

すでに大勢の見学者を引き寄せる作品たち。


本番がたのしみだーっ


さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!入場整理券も必要ありません。
(が、ご来場時間によっては立ち見になる可能性があります)
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-07-27 00:57 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

衣装・小物 こぼれ話

前回に引き続き、「虹」の衣装・小物のお話。

手作り傘キット(こんなのがあって、助かった!)やサテン生地が届き
さっそく、生徒や保護者の皆さんに配布しました。


傘はキットに作り方がきちんと書いてあるけれど
そもそも、「傘」を手作りしちゃおう、なんて人は
ある程度洋裁の心得がある方で
ミシンなんてン年ぶり、という方にとっては、けっこうハードルが高い…。
でもなんだか皆さん楽しそう。うん、けっこう楽しいぞ。


「雪」の女の子のスカートは
なるべく簡単に作れるように工夫しました。
これでなんとか、ミシンが苦手なお母さま方にも縫っていただけると思うし
ミシンがないなどで、どなたかに制作を依頼する場合にも
お願いしやすいのではないかと思います。
(でも、ちゃんとお礼はしてね)
作り方を書いたプリントも一緒に配布しました。
(これが後でとんでもないことになるー 後述↓)

「雪」の男の子はサッシュベルトですねー

「月夜」「雷鳴」は
どちらも端処理のみです。かんたん。
なので
最年長クラス生には、「学校でミシンを習っているなら、自分で縫ってごらん。」
と声をかけました。

すると早速
自分でミシンをかけた生徒がいたそうで

初めてのミシンで縫い目が曲がってしまったけれど、がんばった!
いやー、えらいよ!


今は、ミシンのないご家庭も多く
ただでさえいろいろとご協力いただいている中、
簡単とはいえ衣装・小物作りをお願いすることを
心苦しく思っていたのですが

こういう話を耳にすると
少しばかりの手作りも悪くないのかな、と思ってしまいました。
(あ、でも、なるべく負担の少ないようにします!今回はご勘弁を)

お手数おかけして申し訳ないのですが、華やかなコーダのためにお力添えお願いします<m(__)m>
絶対華やかな場面になるよ!



さて

帰宅後まったりと過ごしながら
何気なく、配布したスカートの作り方プリントを眺めていると


・・・・!

表記ミス発見!
これだとサイズが小さくなってしまう!


一気に酔いが醒めた_| ̄|○

速攻、訂正の連絡をしないと
作ってしまう人がいるかもしれない。
いや、生地代は当然私が負担するけれど
二度手間になってしまうのは絶対に避けたい。

夜の、12時過ぎ。
常識では連絡できない時間だけれど

ごめんなさい!
ごめんなさい!
メールしちゃいました_| ̄|○

どうか、間に合いますように。
「雪」女の子の保護者のみなさん、気づいてくれますように。


もうほんと、詰めが甘いなあ。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-07-08 19:06 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

傘・製作部隊、集合。

さくらバレエスクール第3回発表会まであと8か月と少し。

そろそろ、手作りで用意しなければならない衣装や小物の準備に取り掛かります。


創作作品のコーダは
「虹」がテーマになるので
作品ごとに虹色の衣装や小物を用意するんですが

困ったのが、傘。
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫 の傘って

案外見つからないんです。

1本の傘に、この7色が入っているものはあるんですが。


仕方がないので
作っちゃうことにしました。

まずはサンプル作成。
市販の傘キットに
衣装に使うサテンを張って…と。

b0185509_18531459.jpg
まだ製作途中ですが、こんな感じ。
少し手間はかかりますが、そこまで難しくはなさそうです。


どうしてもご自分で作ったり依頼したりできない方には救済措置もありますが
原則、それぞれで作っていただきたいです。

どうやら「雨」出演者の皆さんで
集まってみんなで分担して作ろうか、という話もでているようで

それはそれで楽しそうだなあー



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-07-03 19:42 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

そろそろ本気出そうか

大人クラス 創作作品の衣装、決めてきました…。

決めてきました…。


担当の方と、悩みに悩んで
やっと、決めました。




背中、ファスナーです。
背中出しはもちろんのこと、ムシでの調節もできません。
少しは伸縮性のある生地ですが、レオタードのようには伸びません。

で、
在庫サイズが限られています。



本気で痩せないと
とんでもないことになるやつです。


前回の舞台では、みなさん
本当に努力してくださって
長時間かけて、じっくりと美しいスタイルになってくれましたが
(※当社比)

本番後、リバウンドしてしまって痩せにくくなったのか
「いつでも瘦せられる」という自信のせいか

今回、「のんびり」が過ぎるような…。(^^;)


いや、無理は禁物なんですよ。
だからこそ、早くからみなさんのお尻を叩いて
少しずつ、無理のないペースで
健康的に美しく理想の体型に近づけるように
応援していこうと思っているんです。

ハードな作品なので
単品ダイエットや食事を抜くといった
極端な方法はやめてほしいんですが

お菓子をやめる
食べすぎをやめる
お酒をやめる
食事の内容を工夫する

夜はさっさと歯を磨いて寝てしまう!

できない理由を探す前に
できることから
真剣にやってみませんか?
すぐには結果が出ないかもしれませんが。


あと9か月とすこし。

創作の出演者には連絡しましたが
目標サイズをオーバーしている方、

この衣装を着こなせるまでサイズダウンできたら
体も軽くなるし
膝や足への負担も減って長くバレエを楽しめるし

なにより
舞台に立つ姿が美しくなりますよ♪


なお

これは大人クラスの皆さんの話で

子供クラスは、ちゃんとご飯を食べてください。
お菓子や高カロリーの間食は控えてほしいですが。
体を作る大切な時期に
無理な食事制限はおすすめできません。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-05-29 22:55 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

その発想はなかった

もひとつ、創作の話を。

子供上級クラスの創作では
ちょいちょい本人たちに動きを考えてもらっているんですが

はじめは戸惑っていた彼女たちも
だんだん慣れてきて

私の想像を超える動きを見せてくれるようになりました。



調子に乗っちゃって


大人クラスの作品も
最後のポーズだけ、本人に考えてもらうことに。

注意点だけ伝えて
あとは
「自分が一番美しくなるポーズを」
と、伝えると


「先生、衣装はどんな形ですか?袖はどうなっていますか?」
と質問が。

「今回は、袖はないんですよー。腕、むき出しです。」


するとみなさん
一斉に


二の腕を隠すポーズを考え始めた


なるほど、
その発想はなかったなー


でも
残念ながら

隣の人と傘の受け渡しをしてもらうので

腕は隠せないよー128.png


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-05-15 00:08 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)