ブログトップ

さくら徒然日記

カテゴリ:メンバーへの連絡( 62 )

どっちもあり!

※ これは「いい」「悪い」ではなく
取り組み方にこんな違いがあるよ、というお話です。
また、特定の人を指したものではありません。



大人クラス さくらバレエサークル

とても熱心に通ってくださっているし
みなさん少しずつ上達されているんですが
(特に発表会の踊りはとっても良くなってます)

それぞれ、
なかなか突破できない壁にぶち当たっているなーと
思うことがあります。


ここさえ何とかすればうまくいくのに、と
とてももどかしく思うので
私は口うるさく指摘するし
こうしてみたら?とアドバイスもするんですが

…なかなか変わらない。

ちゃんとやってるつもりだけどやれていないとか
注意を受けた直後は少しばかり直っていても
次はすっぽ抜けちゃうとか。



よくよく話を聞いてみると

みなさん、ご自分では
「ちゃんとできている」と思っているそうなんです。

「肘を張って」「つま先をのばして」「肩を下げて」と言われても
「私、ちゃんと張れてるし」「のばしてるし」「下げてるし」と
心のどこかで思っちゃう。

でも、すっごく注意される。
どうして?って思う。


たまに撮影する動画をみて
愕然とするわけです。

「私、全然できてないやん!!」




さて、ここで
冒頭に書いた、「取り組み方」の話ですが


ひとつめ。

できない自分を直視して
できたつもり、をやめてみる。
プライドを捨てて初心に帰る。

辛いと思うよ。
自分で考えていた自分の実力が
妄想だったと認めることになるから。
でも、本気で取り組めば
壁は突破できる。



ふたつめ。

趣味だもん。
わざわざつらい思いをする必要はない。

そこそこ上手に踊れているんだと自信をもって
気持ちよく踊り続ける。
難しいアンシェヌマンを踊り切って
「よっしゃ!今日は完璧!」とガッツポーズする。



どちらでもいいと思うんです。
その方向にしっかりと舵を切っていれば。

最近の皆さんを見ていて感じるのは

中途半端なんですよね、舵の切り方が。
(あ、もちろんがっつりと舵を切っている方もけっこうおられます)


上手になりたい。
壁を越えたい。
だから、ちょっと現実を見ようとする。
でも見たくない。
想像していた私と違うから。
あー、そうか私はもうダメなんだ。


これ
辛いだけですよ。
上達もしないし。

それなら
「ふたつめ」の気持ちで楽しく踊ってくれたほうが
魅力のある踊りになると思います。



辛い思いをしてでも
上達したいと思うか

大人バレエを
心ゆくまで楽しむか。



みなさんはどちらですか?




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-10-09 20:21 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

郷愁

大人クラスさくらバレエサークルでは
メンバーさんのメールアドレスを登録して
連絡事項を一斉送信しています。



入会し、アドレス登録したものの
足が遠のいてしまったり
仕事、家庭、引っ越しといったやむを得ない事情で
連絡が不要になる方がいらっしゃるので

年に一度
今後もメールでの連絡を希望する方に
「配信希望 〇〇(氏名)」という件名でメールを送ってもらっています。

今年も
多くのメンバーさんから
配信希望の意思表示!


足しげく
レッスンに顔を出してくださる方ばかりでなく

たまーにしか参加できない方が
「なかなか参加できませんが、その日を楽しみに毎日を過ごしています。」
とか

何年もレッスンに来れないのに
「長いこと参加できていませんが、陰ながら応援しております。」
とか。

レッスンには参加できないけれど、配信を希望される方もけっこうたくさんいて。



大人だからね。

いろんな事情があるわけです。
仕事、家庭…。

本当に行きたいのになあ、と訴えているような
メールたちを眺めていると
少々、切ない気持ちになりますが

これからもずっとこのまま続けていきたいと思っているので

参加できるようになったら
いつでも帰ってきてくださいね。

ここは皆さんのふるさとですから。


逆に

いつもレッスンに来て下さってるみなさん!
あまりメールは使わないかもだけど
登録して、チェックしてねー

〇〇さんとか、△△さんとか、□□さんとか…。
絶対、メール読んでないだろーっ!


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-09-26 00:00 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

もしもの時の連絡方法

さくらバレエスクール生徒や
さくらバレエサークルメンバーへの連絡は
メールを利用しているんですが

なぜか
スマホからだと
一斉に送信できないんですよね。

先日の断水騒動や
私が思わぬ渋滞でスタジオオープン時間に間に合わないなど
(レッスン時間にはほぼ間違いなく間に合うようにしていますが)

出先から緊急で連絡する必要があるときに
とても困っていたのですが


LINE@ってやつを
試してみようかなと思いまして。

生徒メンバーの皆さん
↓のボタンで友だち登録してみてくださいー

友だち追加

このボタンで登録できないときは
スタジオにQRコードを持っていきますのでそちらでどうぞ。

「私、LINEやってないわー」
「LINEは身内だけの連絡に限らせてもらっているんですー」

という方は
無理に登録する必要はありません。
緊急のお知らせは届きませんが
スケジュールやお知らせなどは
今まで通りメールで配信しますし
必要であれば、LINE@でお知らせした内容も
自宅から改めてメールでお知らせします。

また
登録したとしても
マメに配信することはないので
通知がうっとおしい、ということもないです。


一応、私との1:1でのトークもできますが
緊急の利用に限らせていただきますね。
(せんせーっ、こうしたら解決しますよ、とか
間違ってますよーってご指摘とか教えてもらえると助かります)
皆さんからのトークやそれに対する返信は
他のメンバーからは見られないようになっています。

生徒、メンバーさん以外の方でも登録は自由ですが
たぶん、面白い配信はないです(^^;)


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
by sakura-ballet | 2018-09-24 10:19 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

命を守るために。

先日、大阪府北部で大きな地震がありました。
近いうちに、より大きな地震が来る可能性があるということで
我が家でも防災グッズの点検など行いましたが

レッスン中に大きな地震が来た場合どうすればいいか
改めて考えてみました。


海抜2~3mで、海岸線から1kmほどの場所にあります。
警戒したいのは、津波。

ずいぶん前に市役所で確認したところ
近くにある樽井小学校が避難場所になっているとのこと。

ここなら近いし、安全だ。
万が一の際は、ここへ生徒を誘導しよう。

なんの疑いもなく
そう思っていたんですが

改めて調べてみると

樽井小学校の場所は、海抜5m。
そして、
校舎は3階まで。

…これ、
もし17mの津波が来たら
ひとたまりもないんじゃないか?


スタジオから南東方向へ進むと
海抜は13mを越えていて
そこには4階建て校舎のりんくう翔南高校がある。

ここならより安全だが
問題は、距離。
スタジオからは1km以上離れている。

避難開始から津波到達までの時間で移動できるのか。
生徒の体力・スピードによっては
かえって危険かもしれない。


近場の小学校か、
離れた高校か。
それとも、もっと適当な避難場所があるのか。


…ごめんなさい。
答えは見つかりません。
自信を持って、生徒たち全員を誘導することはできません。
無責任で申し訳ないんですが。


津波の規模も
到達までの時間も
はっきりしたことはわからないなかで
私なりに即時判断して避難するしかありません。


なので

有事の際は
原則、保護者の方がそれぞれの判断で避難方法を決めて
お子さんをお連れください。
未就学児~小学校低学年の生徒の保護者の皆さんは
レッスンの間、
スタジオ近くでお待ちくださいますようお願いいたします。

中・上級クラスの生徒については
保護者の方がいらっしゃらない場合は
私が、避難場所へ連れていきます。
津波到着まで時間がない場合は小学校へ
15分以上余裕があれば高校へ行きます。


近いうちに
避難訓練しようかな。

レッスンも大事だけど
命は、もっと大事。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪


[PR]
by sakura-ballet | 2018-06-19 15:17 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

アダジオクラス!

少々、先の話になりますが
(私の話はだいたいタイミングが早い)

8月に
男性の先生をお招きして

3日間、夏休み特別レッスンを行うことになりました!

バー・センターレッスンと
アダジオレッスンをお願いしています。



バー・センターレッスンももちろんおススメなんですが

可能であれば、ぜひぜひ受けていただきたいのが
男性と組んで踊るアダジオ(パドドゥ)レッスン。

「私は男性と組んで舞台に立つ予定もないし、関係ないわ。」
と思っていませんか?

アダジオレッスンは
本当に勉強になるんです!

男性のサポートを受けることで
ちゃんとできていた「つもり」でいたことが
実はできていなかった、という事実を
思い知ることができますw

その後のレッスンの受け方が変わってきますよー


バー・センターレッスン、アダジオクラスの参加対象者は
スクール生の上級クラスと
大人レギュラークラスメンバー(有効期限内のチケットをお持ちの方。単発の方は対象外です)
に限らせていただきます。

見学は、バー・センターレッスンについては禁止、
アダジオクラスは
その日のバー・センターレッスンに参加した方のみ可、とさせていただきます。

アダジオクラス対象の方については
生徒・メンバー宛のメールでお知らせしている通りです。

その他、詳細も
生徒・メンバーにのみ、追って連絡いたします。


せっかくのチャンスです!
ぜひ、ぜひ、受けてみてください!






ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-04-27 22:22 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

さくらバレエスクールの生徒やサークルメンバー、そのご家族や
アシスタント、もちろん私自身もお世話になっていて
何度かこのブログでも紹介している
柔道整復師のトシ先生が

スタジオに来てくださることになりました!

先生にスタジオに来ていただくことにしたのは
バレエを踊る以上、どうしても影響のある足や膝などの不調を
できるだけ早く、適切に治してほしい、という思いからです。
これまでも何人もの生徒やメンバーが施術してもらっていますが
通いなれたスタジオで、レッスン前にちょっと施術してもらうのであれば
より、気軽にできるのではと思っています。

対象は
スクール生徒とサークルメンバー(有効期限内のチケットをお持ちの方)
そのご家族のみです。
それ以外の方は申し訳ありませんが、別の施術所か訪問での施術となります。

生徒、メンバーについては
足など、ピンポイントで短時間低料金のコースもあります。

また、全身の施術も格安です。


先生は
ご自分の腕で患者さんの体の不調を取り除きたい!という思いが強く
「治りました!ありがとうございます!」という声を糧に生活されている仙人のような方です。
保険を使うと、ご自分の思う施術ができない、
かと言って高額な療養費を請求すれば、気軽に施術を受けてもらえない、と
格安の料金設定にされています。

ご自身の腕に自信を持っておられるので
宣伝も一切なさらないため
患者さんは紹介の方だけです。

一般の治療家はバレエ特有の体の使い方をご存知ないことが多いのですが
先生の師匠は超有名バレエダンサーの施術経験もある方で
トシ先生ご自身もバレリーナの施術経験が豊富です。
ターンアウトやポワントをいちいち説明する必要もありませんw

ケガや不調に悩むバレリーナにとっては、まさしく穴場。
普段は遠方で施術されていてなかなか予約も取れないんですが
週に一度、木曜日の夕方以降はさくらバレエスクールの専属!

利用しない手はないですよー

痛みが出てからはもちろん、定期的なメンテナンスをお願いして
不調を未然に予防するのもおすすめです。

私自身は
足首や足指の不調なら一発で治してもらっていますし
歩くのにも苦労した膝も数回ですっかり良くなりました。
現在抱えている臀部から腿にかけての痛みはなかなかしぶといのですが
じっくり相談しながらいろんな方法を試しています。

ケガや痛みを気にせず、思いっきり踊りたいですよね!

※トシ先生の紹介はスクール、サークルメンバーとそのご家族に限らせていただいております。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング
[PR]
by sakura-ballet | 2018-04-19 23:34 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

ああ、小市民

ここんとこ、立て続けに
企業様からのサンプル品をいただいています。

ドリップコーヒーのカフェミオ(これはサークルメンバー用です)
トーハト オールレーズン

そして本日
大塚製薬の
オロナミンCが届きました!

んもう、ウチは何屋さんだ!?ってくらい
サンプル品やら段ボールやらが
あふれかえっております。

順次、お配りしていますが
サンプルによっては数が足りないものもあります。
スクール生には、全員に配布できるようにしていますが
サークルメンバーさんは早いもの勝ちです。悪しからずm(_ _)m

もらっていない人は声かけてくださいねー
あ、オロナミンCは今しばらくお待ちください。
さすがに一気に運べないので(;^ω^)


大きな段ボールを運んだり、サンプルを配ったり
証拠写真(!)を取って送ったり、アンケートに答えたりと
けっこう、面倒ではあるんですが

こういうサンプルって、嬉しくない?
サンプルと言っても、ほぼ、普通に販売されている商品と同じだし。


小さな「ラッキー♪」を
皆さんと分かち合うために
ちまちま、応募を続けております。

でも
こういうのに喜んで飛びついているようでは
貴族の踊りは踊れないのかしらw



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[PR]
by sakura-ballet | 2017-09-01 18:37 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

しつこくてすみません(^^;)

治療の件、近隣で場所を提供してくださるという方がいて
スタジオではない場所での施術となる可能性が高いです。

(スタジオでの施術だと、レッスン時間と被る、もしくはレッスン直前ため
レッスンが受けられなくなるのが困るという声がありましたので)


治療について、ちょくちょく
お問合せいただいています。

興味のあるかたは
s_akura_ballet@yahoo.co.jpまで
お問合せください。
メンバー、生徒でなくてもOKです。




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-11-19 01:56 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

前回の記事に少しだけ補足を。

もっちろんですが
治療をうけるのは希望者のみです!

それぞれ、信頼する先生の治療を受けておられる場合もありますし
私に合っているからと言って、皆さんに合うとは限らないので

治療を受けなかったからといって
全く気にする必要はありません。


治療は
レッスン時間及び発表会練習中に
見学スペースで、と考えています。
アクリルの間仕切りに布でもかければ目隠しになると思います。

シニアの時間やレギュラー、発表会練習
(発表会が終わればポワントレッスンなどの時間になる)などに
治療タイムを設けるので
希望者には都合のいい日を予約してもらおうと思っています。
ある程度の人数がそろわなければキャンセルとなることもあるかと思います。

また先生は男性ですので
みなさんのレッスン前後の更衣中は
退室していただくようお願いしています。


まあ、まだ
細かいことは詰め切れていないですし
実施できるかどうかもわかりませんが

不調やケガを治したい、
ケガしないよう定期的にメンテナンスしたい
といったご要望があれば
前向きに検討していきたいと思っています。

ご質問、ご要望はお気軽に
s_akura_ballet@yahoo.co.jp
までどうぞ。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-11-16 01:13 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)

まだ計画段階ですが
さくらバレエサークルメンバーのみなさんや
趣味のバレエを楽しむ大人のみなさんのご意見をお伺いしたいと思い
記事にUPしますー


バレエを続けていて
体を痛めてしまったこと、ありませんか?
大きなけがだけでなく
なんとなく膝がおかしいな、程度の違和感を感じることとか。

整骨院や整形外科に行っても
バレエ特有の体の使い方を理解してもらえず
納得いかない治療しかしてもらえないけれど
でも、どう説明していいかもわからないことって
経験ありませんか?


私も今まで
いろんな治療家の先生にお世話になりました。
有名なゴッド・ハンドの治療院に通っていたこともあります。

治ることは治るんです。
なんだかこう、しっくりこないなー
悩む日々が続いていました。


そんな悩みが

友人に紹介された治療院で
解決したんです。

(なんだか怪しげな広告の文句みたい…。でもこうとしか言いようがない)


その先生のお師匠さんは
日本で一番有名な某バレエダンサーを治療したこともある方。
先生ご自身も
バレエ特有の体の使い方をよくご存じで

ちょっと足を触っただけで
「つぶれかけたポワント無理して履いたでしょ。」
なんて言い当てちゃう。

ちょっと腕を触っただけで
「うーん、ちょっと痩せすぎかな。前より1Kg減ったね。」

ちょっと背中を触っただけで
「トレーニング、さぼったでしょ。」

なんて
すべて見透かされているようで
怖いくらい。


「ここを、こう動かすと痛い」などと伝えれば
ピンポイントで痛いところをわかってくれるし

症状により回数は異なりますが
ちゃんと治してくれるんです。
一発で治ってしまってびっくりすることも多いです。



この度、こちらの先生が
制約の多い保険診療をやめて
自由診療で
じっくりと治療をされることになりました。


なんと

定期的にスタジオに来てくださるかもしれません!


ポータブルの治療用ベッドを持ち込んで
一人ずつ、丁寧に治療してくださいます。
健康保険適用外ですが
破格で対応してくださるそうです!

レッスンで痛めたところや
ちょっとした違和感の解消に

ピンポイントでケガの治療をしたり

特に痛めていなくても
大きなけがを防ぐために
定期的にメンテナンスしたり

私は経験ないのであまり大きな声では言えませんが
むくみを取る施術も得意なんだそうですよ♪


もちろん、保険がきかないので
破格とはいえそれなりの金額にはなりますが
現在、かなり遠方にある先生の治療院に通っておられる方にとっては
その交通費を差し引けば、結構近い金額になるんじゃないかな。


…どうでしょう?
興味ありますか?


みなさんの反響をみて
話を詰めていきたいと思っています。

なお、
メンバーより高額ではありますが
メンバーや生徒以外の方の受診も受け付ける予定です。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-11-15 23:36 | メンバーへの連絡 | Trackback | Comments(0)