人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

発表会の準備が始まるため
子供クラスさくらバレエスクールの保護者に
発表会までバレエを続けるか、退会するかを尋ねたところ

退会を申し出てこられた方が。

小学校高学年から中学生というのは
部活だったり塾だったり
やりたいことややらなければならないことが増えてくる時期。

バレエ以外の選択をする人が出てくるのは
当然のことだと思います。
バレエだけが人生ではないので。ごく一部の選ばれた人を除いては。

なので、退会のお申し出に対しては
非常に残念ではあるものの
気持ちよく送り出したいと思っていますが
一つだけ気にしているのは
本人が納得しているか、ということです。


部活の意義、魅力や
塾に入って勉強する必要性について
本人が納得しているか
バレエをやめるだけの価値や必要性があるのか
両立させる方法はないのか。

小学校高学年にもなれば
自分で考えることが出来ると思います。
そのうえで納得して、好きなバレエをあきらめるなら
よくぞ決断した!とほめてあげたいくらいです。
惰性で続けるよりずっといい。

しかし、
本人がどれだけ考えても
やっぱりバレエを続けたい、という気持ちを変えられないなら

退会は
ベストな選択とは言えないと思うんです。

では、どうすればいいか。


現在もバレエを続ける上級生や卒業した子たちは
バレエの時間と重ならない塾を探して入会したり
レッスンを遅刻したり休んだりしながらも
部活と両立させたり
バレエを続けさせてもらうために
自宅学習に精を出して
両親を納得させる成績を出し続けたり

それぞれ、工夫して頑張ってきました。
それだけ、バレエを続けたい気持ちが本物だということ。

逆に言えば

バレエを続けることが難しいという状況になったとき
それをなんとか打開するだけの情熱がなければ
親御さんを説得することは難しいのでは、とも思うのです。

これから
同じ問題に直面する生徒が
次々に現れると思いますが

本当にバレエが好きなら
頑張ってよ。
頭を使って考えてプレゼンして、
努力して結果を出して周りを納得させてよ。



ちなみに

見事にバレエと部活や勉強を両立させて
卒業していった子たちは

卒業後
みな塾に入会したそうですが

全員
成績爆上がり、だそうです。
だろうなー。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-11-07 13:18 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

禅問答のような。

昨日、今日と
スクールのレッスンがお休みだったため

週に一度通っている
ピラティスのプライベートレッスンを
3日連続で受けてきました。

こちらのM先生、明るくて前向きですごく癒されるお人柄なんですが
めちゃくちゃ細かくて厳しいんですよ。

先生の手にかかると
三角座りで片腕をあげたりおろしたりするような
簡単な動きだけでも
気が遠くなるくらい、きついんです。

「はい、坐骨はもっと後ろ!両方の座骨は寄せないで!
お尻は寄せる!背中を寄せることで背骨を上げて!広背筋は下げて!
おへそは前に出して腹横筋を使ってASISを寄せて!
ASISと股関節はもっと離して!あー外旋忘れてる!
肩甲骨は寄せて腕は遠くに!鎖骨は広げて!
ほら、右顎の力抜いて!お尻で踵押して!左膝の内側をもっと上!
もうっ、坐骨寄せないでってば!!」

えっと、ほんとにずっとこんな感じです。
動き出すまででへとへとです。

わたし、他の先生のレッスンでは
「すごい!こんなに動ける人、インストラクターでもなかなかいないですよー」
なんて言われたりもしていましたが

M先生によれば
「ふつうの人より動けていなかった」らしいです。

先生のレッスンを受けるようになって、4年。
ようやく「ふつうの人程度にはなった」ものの
いまだに理解できなかった筋肉のつながりが
この3日間のレッスンによって、しっぽくらいはつかめるようになりました。


あまりにも難しくて
皆さんにシェアするところまではできませんが
自身の体を正しく使うことでケガを防ぎ
長くスクールを続けていけるように、
そして、ここで勉強したことを活かして
よりよいレッスンができれば、と思います。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-31 16:25 | ダイエット・ボディメイク | Trackback | Comments(0)

迷惑ですか?

大人クラス さくらバレエサークル では
2020年3月の発表会出演者の募集中です。

続々と
決意表明いただいておりますが

ちらほらと相談を受けるのが

「…先生、私ついていけなくて
皆さんに迷惑かけないでしょうか?」




ねえ、

何のために
こんな早くから出演者を募集して
本番の1年2か月以上も前から
練習すると思う?

たっぷり時間をかけて
練習できるんだから
とりあえず「ついていく」ことはできるよね?

※今回、舞台初出演の方が数名参加表明されています。
彼女たちについては「ついていく」ことすら困難に感じることもあると思うので
しっかりとフォローしていきますのでご安心を。
(ただ、丸投げでは踊れないですよ。地道な努力は必要です。)


決められた回数はレッスンに参加して
集中して、助け合って
わからないところはそのままにしないで質問して
覚えたことはノートに書いて
それを読み返して復習して

練習、練習。

これをやって、ついていけないことはしないです。


あえて言うなら

ついていけないことが迷惑なのではなくて
ついていこうとしない態度や
他人任せな態度が見られたとしたら
それは、迷惑と言えば迷惑かもしれませんね。
みんなそれぞれ頑張ってるからね。


真剣に努力する人を
迷惑だなんて思う人はいないです。

胸を張って堂々と
「発表会、がんばります!」と宣言してください。

皆さんのチャレンジを
心から歓迎します。
みんなで踊ろう♪舞台は楽しいよー



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-25 19:57 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

バカにしないで

朝、生徒の保護者から

「昨日の夜から股関節が痛いと訴えていて
今朝は歩くのも困難な状態です。
レントゲンで骨には異常はないことはわかりました。
本人は見学だけでもレッスンに行きたいと言っているのですが
少し熱も出ているのでお休みさせてください。」

と、連絡がありました。


その前日、彼女はレッスンを受けていたのですが
いつもより元気がないな、と気になっていたものの
特に激しい動きや無理な動きをしたわけではなかったので
そこまでの痛みが出る理由がわからず
心配していたのですが

昼過ぎに再び連絡があって

「股関節痛の原因がわかりました。
一過性滑膜炎、だそうです。
エコーで股関節に水が溜まって腫れているのが見えました。
風邪ウイルスによるもので、運動は全く関係ないそうです。
化膿していなければ、一週間程度で治るそうです。」


一週間で治る!よかった!

不勉強なもので、私は「一過性滑膜炎」を知らなかったんですが
風邪が原因で股関節が炎症を起こすことがあるんですね。

風邪くらい、って軽く考えてしまうんですが
しっかり治すことが大事。
彼女は一週間前から熱を出してレッスンを休んでいて
もう治った!レッスンに行ける!と
お母さんの前では少し無理をしていたのかもしれないですね。

寒くなってきて
風邪をひく子が増えていますが
まずはしっかり治してからレッスンに来てくださいね。
ぶり返したり、風邪が原因で痛みが出たりしたら
余計にレッスンに来れなくなるよー


蛇足ですが

風邪って、本当にバカにできなくて
私の叔父は30代前半の頃
風邪のウイルスが原因で下半身不随になり
80歳で亡くなるまで車いす生活でした。




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-18 20:13 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

本日のレッスン

本日10/12(土)のレッスンは
台風のため休講とさせていただきます。

ずいぶん悩みましたが
山を越えて通ってくる生徒や
電車に乗って通う生徒などもいるため
レッスンを行うのは危険と判断しました。

振替については
連絡している通りです。


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-12 12:34 | Trackback | Comments(0)

招かざる訪問者~続報

さくらバレエスクールの生徒の保護者で
会計事務所にお勤めの方がおられるのですが

前回のブログ記事を読んだ彼女が
「先生、あれ、大丈夫ですよー。」
と、いろいろ教えてくれました!

個人事業主に対する訪問記帳指導は
よくあることなんだそうです。
決算日から確定申告までに、税理士の先生が個人事業の事務所を訪問し
確定申告がきちんと行われるよう、サポートしてくださるとか。

そういや、そんな案内があったようななかったような。
今年度は消費税の増税や軽減税率導入などで記帳が複雑になることもあり
ことさら念入りに案内しているのかな。
(これは私の勝手な思い込み)

あくまで「記帳指導」なので
税務調査のようなことはなく
真面目に記帳さえしていれば何の問題もなく
むしろ、無料で確定申告をサポートしてくれるなんて

ありがたいことじゃないか!
このさい、わからないことは全部聞いてしまおう!


しかし

ほとんど他人を招き入れることがない自宅兼事務所。
おしゃれな暮らしに課金する気はさらさらなくて
ソファはボロボロだし、安物のデスクの引き出しはゆがんでいて開いたままだし
トイレファブリックなんかもクソださい。

便座カバーくらい、変えたほうがよさそうかな?
これは経費になるのかなw


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-05 21:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

招かざる訪問者

突然、税務署から電話が。

「7月に軽減税率についての個別指導のアンケートをお送りしたのですが
返信がなかったのでお電話させていただきました。」

あっ、ごめんなさい
ウチ、軽減税率の対象商品は扱っていないので
必要ないかと。

「いえ、どんな事業所も関係あるんです。
新聞とか贈答品のお菓子とか経費で落としておられるでしょ?」

いや、めちゃ少ないけど。
でもゼロではないですね。

「正しく申告していただくために
個別に記帳指導を受けていただきたいんです。
無料で税理士の先生を派遣しますので。
一回90分の指導を3日間受けていただきます。」


90分×3日間の
税理士による訪問個別指導!?


ウチのような個人事業にまで
1件1件訪問するの?
90分×3日間も?
税理士の先生が?

新手の詐欺かと思い
電話番号を調べてみると
ちゃんと税務署だったし
確かに、個別訪問指導の件は
7月に文章で送られてきていたので
間違いないと思うけど…。

「訪問指導をうけられるかどうか、
今、このお電話で返事をいただきたいんです。
受けられますね?」

はあ、じ、じゃ
お願いします…。


なんだろう、このもやもやした感じ。

無料って言うけどさー
財源は?
当然、税金よね?
けっこうな金額だと思うよ。

90分×3日間もの個別指導を受けなければ
理解できないほど難解な記帳を
フリーランスは勉強しなきゃいけないの?


持ち帰りか店内飲食かで
税率が変わるなど
消費者にとっても
わかりにくい軽減税率は

税理士を雇えない零細事業主にとっては
ほんとうに厄介。


食料品の税金が2%少なくなることで
助かる人もいるかもしれないけれど
社会全体のお金の動きを考えたら
うーん、どうなんだろう。

まわりまわって
結局、みんなが不利益を被る結果になるような。





冒頭の訪問指導の件、
知り合い何人かに聞いてみたけど
誰もそんな連絡は受けていないそうで。

軽減税率に伴う記帳指導にかこつけた税務調査だったりして。

ま、
やましいことはないので構いませんが

貴重な休日が
3日間もつぶれるのはつらいなー。







ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-10-01 19:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

最高の先生。

世の中に「先生」と呼ばれる人は星の数ほどおられますし
私が出会ってきた「先生」も数え切れませんが

圧倒的な存在感で
他の追随を許さない方がおられます。
今日はその先生のお話を。


その先生は
娘の高校時代の担任でした。
そう、自分がお世話になってきた先生方よりも印象に残っているんです!

小柄で
一見、おっとりした女性なんですが

とにかく厳しい!

定期テストや模試の結果は言うに及ばず
毎日行われる小テストの結果をクラス全員分全科目把握していて

少しでも成績が下がるとねちねちと問い詰め
補習・自習を強制し

自習中にぼーっとしようものなら
その生徒が座る机を思いっきり蹴り上げ(!)

成績が振るわないのに
真剣に勉強しない生徒には
容赦ない暴言を浴びせて。
(ここに書けないくらいの暴言)


生徒を威圧して恐怖心を植え付けて
言うことを聞かせるやり方は
決して理想の指導とは言い難いし
(アフターフォローも一切なし)

お気に入りの男子生徒には
露骨にえこひいきするなど
問題も多かったのですが

それでも誰からも文句が出なかったのは
単純に怖かったから、ということもあったようですが

先生自身が
何一つ、ミスを犯さないという完璧な仕事ぶりで
突っ込みようがなかったことと

「生徒全員を国公立大学に現役合格させる」という目標に
手段を選ばずひたすら突き進んでいく気迫を
生徒たちが肌で感じ取っていたからではないかと思うんです。


生徒にも保護者にも
恐れられながらも心から信頼されていた先生。
プロフェッショナルだなあ。


しかし

卒業後、娘は
「絶対に会いたくない、怖い。」んだそうで。
でも、
「最高の先生だった。今の私があるのは先生のおかげ。」と言っています。

ちなみに成績の良かった卒業生は先生のもとを訪れるようです。
それも先生らしいなと思います。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-09-24 19:10 | Trackback | Comments(0)

Before・After その2

チアダンスチーム・マリーンズ。
こちらでバレエを月2回だけ教えているのですが

姿勢の悪さが気になる子がいて
1年ほど前にBefore・Afterで紹介したエクササイズをやらせてみました。

b0185509_15503510.jpg
上の写真は無意識で立ってもらったもの
下は良い姿勢を意識して立ってもらったもの。

左はエクササイズ前、右はエクササイズ後です。

エクササイズ後の写真が前のめりなのは
目の横にあるラインに頭部を合わせてしまったためと思われます。
逆を向いて立ってもらったらよかったなー

首は繊細なので
あまり急激に変化させると具合が悪くなることもあるので
ほんの少し動いてもらっただけですが
それでもこうしてみると、違いがよく分かりますよね。
周りの子たちも
「あっ、変わった!」って。

首や背中だけでなく
骨盤が引きあがって
お尻の位置も高くなっています。
Tシャツなのでわかりにくいですが。


これは、ちょっとした道具を使っているのですが
身近にあるもので代用して
エクササイズを続けていってくれたら
体は変わっていくんだと思いますよ。

さて、続けてくれるのかな?




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-09-17 16:31 | ダイエット・ボディメイク | Trackback | Comments(0)

最後まで話を聞いて

筋肉というのは案外物覚えが良くて
慣れてしまえば意識しなくても
勝手に動くことが出来ます。
(実際には指令は脳から出ているんだけど、「無意識で」という意味で筋肉という言い方をしています。
立っているのに必要なバランスをとる動きなどは「反射」なので、これは脳ではなく脊髄が指令を出しています。)


利き手で箸を使うときは意識しなくてもできるのに
反対の手で使うときはちょっと考えないとできないですよね。
ある動作を習得するには、無意識でできるようになるくらいの反復練習が必要なんです。


しかし
間違った使い方を繰り返すと
「あ、了解っす!オレ、こんなの余裕っす!」
って
その間違った使い方を記憶しちゃうんです。

脳(意識)が
「そうじゃなくてこうしてください」って指示しても
「余裕っす!こうでしょ?余裕っす!」って勝手に動いちゃう。

元気なのはいいんだけど
話を最後まで聞いてくれないバイトの子って感じ。

間違った箸の使い方を矯正するのが難しいように
間違った体の使い方である「変な癖」を変えていくのは
強い意志と絶え間ない努力が必要なんです。

「手の指に力を込めてピーンって反らせるのやめて」
「え、でも これこうっすよね?」
「違う、力を抜いて長く伸ばすの」
「いやいや、これでしょw」
「違うって、力抜いて」
「またまたーwこうでしょ」
「違うって!!!」

いやー、イライラしますね(^^;)
脳!頑張れ!
筋肉も悪気があってやってるんじゃないんだ!
彼らは彼らで一生懸命なんだ!


しかし
筋肉に正しい動きを理解させることができれば
あとはそれを習慣にすればいいんです。
「了解!こうっすね!」って元気に動いてくれます。


癖を直すのは難しいです。
でも、できるはず。
強い意志と集中力があれば大丈夫。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪



# by sakura-ballet | 2019-09-10 16:22 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)