人気ブログランキング |

ブログトップ

さくら徒然日記

アクラム・カーン版「ジゼル」

ずっと気になっていた
イングリッシュ・ナショナル・バレエ アクラム・カーン版「ジゼル」
やっと観ることができました!

古典のジゼルを大胆にリメークしたこの作品。
舞台は縫製工場、ジゼルはそこで働く移民の一人。
アルブレヒトの婚約者のバチルドや彼女の父親は地主。
搾取する側とされる側という設定に
まず、うならされてしまう。


不気味なサイレンと重低音。
搾取する側とされる側、この世とあの世を隔てる壁。
激しく、しかし整然と踊るダンサーたち。

ウィリーたちが竹竿を手に登場する2幕は
比喩なんかではなく、本当に鳥肌が立つほど恐ろしいのに

見え透いたおどろおどろしさはなく
むしろ気高く神々しい。

さすが、バレエダンサーだなあ。
他ジャンルのダンサーでは、この神々しさは表現できないんじゃないかなあ。

最高でした!
今すぐ、もう一回みたい!


こんなに素晴らしい映画なのに
観客は私含めて5人だけ。

料金が3500円なので
映画としてはお高いのですが

今公開中の
バレエ映画とはいえないそれっぽい映画を見るなら
(すみません!予告編しか見ていないのに失礼なこと言っちゃって)
断然、こちらがおすすめなのになー
ただ、子供向きではないでしょうねー

予告編を見ることが出来るので
興味のある方は見てみてください~

b0185509_22404352.jpg
公式サイトからお借りしました。

ランキングってやつに参加させてもらってます!
勉強になるブログがたくさんあります。
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

トラックバックURL : https://sakuballet.exblog.jp/tb/28965185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakura-ballet | 2018-12-12 00:16 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)