ブログトップ

さくら徒然日記

進級

ただいま

発表会後の進級について
あれこれ考えを巡らせているところです。

様々な角度から生徒たちを見て
それぞれにとって最適な答えを導き出そうとしているわけですが

これが、なかなか難しい。


特に
ごくごく基本的なパと
スキップなどを中心に練習してきた
最年少クラスから
クラシックバレエの基礎を学びだす真ん中クラスへの進級を決めることは

一筋縄ではいきません。

まず、生徒たちはまだまだ幼いんです。
体がしっかりと強くなっていないといけないし
先生の話をちゃんと聞いて、言われたとおりに動けないといけないし
(たとえできなくても、本気でやろうとする姿勢が必要)

真っすぐに立つことができるか
膝やつま先を伸ばす意識はあるか

楽しいばかりではなく、厳しい声も飛ぶレッスンに耐える精神力
音楽を聴く力
60分持続できる集中力…。

いろいろありますが
一番大事なのは

バレエが好きで、上手になりたいと思っているか。
ですね。


これらを総合的にみて判断するんですが
ある部分では突出している子がある部分では足りなかったり
ほぼ完ぺきなのに、見逃せない弱点がある子がいたり
まだ幼いのに、やる気とバレエに対する情熱はピカイチだったり

もう、ほんとに
どうすりゃいいのよって思っちゃう。
嬉しい悲鳴なんですけどね。



保護者の皆さんに聞いてほしいことがあります。


これは
常々感じていることですが

子供って
成長するんですよ。
体だけではなく、精神的にも。

そしてそのスピードは、本当にばらばらなんです。
個人差が大きいんです。
なかなか集中できなかった子が
いきなりお姉さんになって真剣にレッスンを受けるようになったり
不器用だった子が急に覚えが早くなったり
逆に、順調に伸びていた子がスランプに苦しんだり…。


間違いなく言えることは
みんな、ちゃんと成長します。
バレエが好きで、本気で努力ができるようになれば
遅かれ早かれ、上達します。

なので
どうか

現時点でのお子さんの様子をみたり
進級が遅れたからと言って
「うちの子は向いていない」などと決めつけないでほしいんです。

かえってゆっくり成長する子のほうが
丁寧に踊れるようになることがあるんです。

無理に進級させるより
丁寧なレッスンと
自信を積み重ねていくほうが
結局、上達への早道だと思います。
生徒の性格によっては
ちょっと厳しい環境のほうが伸びることもありますが。


本人が
バレエを踊りたいという気持ちを持っているなら
それだけで大丈夫!


逆に

本人が
どうしてもバレエを好きになれないなら
無理に続けさせるのもかわいそうかなと思います。



さあ

そろそろ決めないといけないですねー




ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキング
さくらバレエスクール発表会!
2019年3月10日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!整理券も必要ありません。今回も、心があったかくなる演出や笑える作品を楽しんでください!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

[PR]
トラックバックURL : https://sakuballet.exblog.jp/tb/28710031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakura-ballet | 2018-10-07 01:12 | スクール | Trackback | Comments(0)