ブログトップ

さくら徒然日記

本望

たくさんの生徒が一気に進級してから
1か月半が経過しました。

はじめは
レッスンもゆっくりだったので
みな、それなりについてきていたのですが

少しずつレベルが上がるにつれ
苦戦する生徒も出てきました。
というか、進級者みんな苦戦してるな。

当然だ。

それだけのレッスンを受けているから
みんな、あれだけ踊れるんだ。

進級前のクラスに毛が生えたようなレッスンで
あんなに踊れるようになるわけがない。


最年少クラスから真ん中クラスへ進級した生徒たちは
それまでの「元気に、かわいく、お膝とつま先を伸ばして」おけば
褒められるレッスンとは違う、ハードな要求に
特に戸惑っているようです。

とある生徒。
昨日のレッスンで、ある動きがどうしてもできなかった。
悔しい。

目に涙をいっぱいためて
それでも、何度も何度も練習する。


…この子、こんなに闘志がある子だったんだなあ。
笑顔のかわいい甘えん坊だったのに。




そして

ポワントレッスンが始まった、上級クラス。


進級者のひとり、〇ちゃん。

この子はとても器用な子で
どんなパでも難なくこなすんだけど
その分、丁寧さに欠ける子でした。

細かいところを注意されても
その重要性をイマイチ理解しきれない感じ。
だって、脚上がるでしょ、回れるでしょ。

彼女に
簡単なレッスンこそ大事なんだということを
どうすればわかってもらえるかな、と悩んでいたんですが

進級を伝えたころから
レッスン中の態度が変わってきました。

注意を、真剣に聞いて
丁寧に踊ろうとする姿勢。


こうして
ぐんぐん力をつけてきた彼女は

なんと、昨日

真ん中クラスのレッスンの開始時間からスタジオに入り
邪魔にならない場所で

真ん中クラスのレッスンを
すべて、受けていたんです。

単調な、基礎レッスン。
これを
しっかりと注意を聞きながら
丁寧に練習していたんです。


前のクラスのレッスンを
横で練習する子は他にもいるんですが

ほんの半年前くらいまで
簡単なレッスンの大切さを
あまり理解していなかった彼女が
下のクラスのレッスンをフルで受けているのには驚きました。

そして

疲れを全く見せず
上級クラスのレッスンも丁寧に受講。



子供って、いつまでも子供じゃないんだな。
人って、成長するんだな。


こうして
生きていく力や自信を身に着けてくれたら
さくらバレエスクールがそのお手伝いをできれば

本望です。

バレエを踊れるようになるのは
おまけみたいなものかもしれないですね。





ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-04-20 11:08 | スクール | Trackback | Comments(0)

未来の紳士

発表会準備期間中は新規の入会をストップしているさくらバレエスクール

発表会後、入会が解禁となり
続々と体験希望者や新規入会者がスタジオを訪れてくれています。

ご紹介や、在籍生徒の兄弟がほとんど。
ほんと、ありがたいことです。


そんな新規入会者の中に

待望の

男の子が!


しかも、二人!


レオタード姿の女の子に交じって
神妙な面持ちでアンバーをキメる男の子。

もうね、かわいいったらない。


この子たちが
凛々しいダンサーに育っていくのを
お手伝いできるなんて!



男の子も女の子も

もう一度、子育てするような気持ちで
レッスンしています。

素直で前向きな子供たちに囲まれて


いやー
かあちゃん、幸せ者だー


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-03-16 01:49 | スクール | Trackback | Comments(0)

自己責任論

さくらバレエスクールの生徒が

「今日は自分で初めてシニヨンを結ってきたので
取れるかもしれない…。」

言ってきました。

うん、ちょっと緩い感じやね。
でも大丈夫。


こうして
自分でできることを自分でさせるのは
子どもとかかわるなかで
絶対に必要なことだと思っています。

自前初シニヨンの彼女をはじめ
さくらバレエスクールの生徒たちは
けっこう、自分でなんでもしてくれるんですが

これは
保護者の皆さんのご理解があってこそ。

教えるより、
親がぱぱっとやっちゃうほうが
きれいだし、早い。

でもそこで
ぐっと我慢する。子供自身のために。


いつか子供は親の元を離れて
暮らしていくんだから
親がいなくても生活していけるようにしてあげるのが
親の責任かな、と
偉そうなことを考えています。

たとえ
ゆるゆるのシニヨンで
踊りに支障が出たり
恥ずかしい思いをさせることになったとしても

それも含めて
経験。

乗り越えないといけない試練を
乗り越えさせてあげる。



私事になりますが

娘、大学受験です。
しかし、私は全く彼女の受験にタッチしていません。
そりゃ、お金は出しますが。

受験の申込なども
一切チェックしていません。
試験会場も全く分かりません。

娘はもう、選挙権もある大人。
自分でなんでもできる年齢です。

確かに
こんな申込なんて
慣れていないだろうけど

万が一、
なにか不備があって受験ができなかったとしても

その結果も含めて
娘自身が責任を負わないと。

いつまでも、親がそばにいるわけじゃないんだから。


ところで

私、なんと
今月の生活費を落としてしまうという失態を_| ̄|○

うーーん


自分のミスは自分で落とし前つけないと。ね。
泣いてる場合じゃない。


えーん


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-01-09 00:36 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

大事な能力

木曜日のさくらバレエスクール
少し、雰囲気が違います。

最年少クラスのレッスンがないので
真ん中クラスの生徒が
のびのびと広いスタジオで時間が来るのを待つことができるんです。

いつも
最年少クラスのレッスンの邪魔にならないよう、
静かに、小さくなって待たなければならないのですが

木曜日は、自由。


子供って、だだっ広いところ、好きですよね?
用意を済ませた生徒たちは
目をきらきらさせながら
きゃっきゃっと走り回って遊んでいます。
鬼ごっこが流行ってるっぽい。

よく見ると

誰一人、仲間外れになっている子がいない。

もちろん、
全員が鬼ごっこをしているわけではなく
アップしている子や振り付けの確認をしている子もいるんですが

みんな
自然に声を掛け合い
楽しそうに笑っています。


レッスン中、
露骨に実力別の立ち位置を指示しているので
競争心が芽生えてどんどん頑張ってくれるのは
とてもありがたいんですが

生徒たちが
いじめたり無視したり、
人を見下すような態度をとったりしないか
ちょっと心配していました。

子供というのは、素直な分
無邪気に悪意を持ってしまうことがあり
いくら𠮟りつけたところで
心の中に芽生えてしまった悪意を取り払うのは
なかなか難しいものなので。


でも

杞憂でしたね。


実に気持ちよく
みんなで仲良くしてくれています。


これも
大事な能力です。

だから

好きに遊んでいいよ。


しかし

「さあ、もうすぐレッスン始めるよー」と
声をかけると

鬼ごっこで息を切らしている生徒たちが

「休憩しよう!」
と水分補給をはじめる始末(^^;)

レッスン前に休憩って…。

まあ、レッスンが始まったら
みんな気持ちを入れ替えて
真剣に頑張ってくれるからいいんだけどねー
                           

さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-01-06 00:57 | スクール | Trackback | Comments(0)

おすすめ!

さくらバレエスクールに通ってくれている
山田弥礼ちゃんが

アクティングカップというバトンの大会で
優勝した、との報告を受けました♪

彼女のお兄さんの弦輝くんは
(彼も大人のクラスに通ってくれるメンバ―です)

彼が以前
同じ大会に出場した時は
5位だった、ということなので

弥礼ちゃんが
世界で活躍する日も
そう遠くないのかもしれません。


もっちろん、
彼女のバトンの実力あっての結果ですが

私が嬉しかったのは

彼女はとても動きが美しく
登場しただけでも目を引くのだという
お母さん(バトンの先生です)の言葉でした。

「本当にきれいで、周りと全然違うんです!
バレエやらせて良かったです!」


以前
弥礼ちゃんと同じバトン教室に通うお友達のお母さんから
入会についてお問合せを受けたことがあります。

「弥礼ちゃん、動きがとってもきれいなんです。
あんまり美しいので、どういうことか先生(弥礼ちゃんのお母さん)に聞いたら
バレエのおかげだっておっしゃったので…。」


うん、

バレエやると
動きは格段にきれいになるよ。

様々なジャンルのダンス
芸術系のスポーツ
歌、お芝居…。

みんな、
バレエやったらいいのに。



さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-12-29 23:45 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)

姉妹

先日

子供クラスさくらバレエスクールの生徒が

あろうことか

「先生…レオタード忘れました…。」


とっさに
今しがたレッスンを終えたばかりの
彼女の妹を捕まえ

「今すぐそのレオタード脱いでお姉ちゃんに渡して!」

「え、えーっ?!」

「いいから早く!」


こうして
レオタードを忘れてしまった〇ちゃんは

妹の
汗だくのレオタードを着て
レッスンを受ける羽目に。
(体が冷えるからほんとはよくないんだけど…。)

この姉妹、
そこまで似ているとは思っていなかったのですが

妹のレオタードを着てレッスンを受ける姉は

もう、妹にしか見えない。

遺伝子ってすごいわー



数組の「姉妹生徒」がいますが

みんな、顔はそれぞれ
なんとなく似てはいるけど違う、といった感じなのに


お姉ちゃんのレオタードのおさがりを
妹が着ていたりすると

見間違えそうになることもしばしば。



いつも近くにいて
どことなく、でもしっかり似ていて
仲良しなんだけど
どちらかが、ちょっと年上で、だから微妙な力関係があって。

姉妹って、
不思議で、難しくて、面白い。


私自身は
弟がいるだけだし
私の子供はひとりっこなので

姉妹という独特な世界を
レッスンで楽しませてもらっています。



お母さんに連れられて
レッスンを終えたお姉ちゃんを迎えに来てくれる
2歳の妹さんは

スタジオで目にする
上級クラスのレッスン風景に魅了され

おうちで
「バレエのレッスン」に余念がないとか。
(いつも上級クラスを見ているので、上級クラスの真似をしているらしい(^^;))


入会できる年齢になるのを
楽しみにされているそうです。

また
面白い「姉妹生徒」が増えそう!



さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-10-23 18:04 | スクール | Trackback | Comments(0)

成長の記録

とある生徒のお母さまから送られてきた写真です。

b0185509_20555249.jpg
今までに履いたトウシューズを
なかなか捨てることができなかった彼女が
やっと、処分する気になってくれたということで

捨てる前の記念にと
ご自宅で撮影されたものです。


真ん中から右にかけてのプラットフォームを見てください。

おそらく、履き始めのころのシューズだと思いますが
靴底に近い下の部分だけが痛んでいて
きちんと立てていないのがわかります。

彼女は
前回の記事で言うところの
じっくり型の生徒。
トウシューズを履き始めたころは
周りについていくのがやっとだったのですが

くさらず、丁寧に
稽古を重ねるうちに

いつのまにか

周りに追いつき、追い越そうとしています。


きちんと立つこともできなかった彼女が
ソールの硬い外国製のシューズを
難なく履きこなすようになりました。
写真の左半分のシューズが最近のものですね。


こうして
子供たちの成長にかかわることができるのは
幸せなことだと感謝しています。


しかし、このお母さんの写真のセンス!
素晴らしいですねー
私、写真撮影苦手だから、うらやましい!



さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-10-08 01:36 | スクール | Trackback | Comments(2)

下剋上

下剋上、というタイトルがふさわしいのかどうかわかりませんが。
ちょっぴり、辛辣な記事です。

まんなかのクラスでは

バー、センターの位置を
その都度、生徒たちの実力で決めています。

実力、というのは
パを覚えて正確に再現できる能力や
細かな注意をちゃんと聞いて反映させることができる集中力など。

生徒たちの実力は
日によってもころころ変わりますし
レッスン内容によっても変わってきます。
たとえば、
ストレッチでは一番後ろにいた子が
ピルエットでは先頭に来たり。

ほんとに
ころころ位置が変わるんです。



先頭を目指して
激しくしのぎを削る子たちがいる一方で
一番後ろでじっくりレッスンする子たちもいます。

この子たち、
決してやる気がないわけでも
伸びていないわけでもない。
相対評価にせざるを得ないので、定位置はあまり変わりませんが

実は
ものすごく上達しています。
むしろ、上位グループよりも伸びが大きいんです。


そんな
じっくり型の生徒の一人が
ついに、先頭に指名されるまでになりました。

目先のテクニックにとらわれず
丁寧に丁寧に稽古を積み重ねてきた成果ですね。


逆に
とりあえずパを一通りなぞることができる生徒のなかには
とりあえずできることに安心してしまって
細かな注意をあまり聞けなくなっている子たちもいます。
私どもの指導のまずさでもあるんですが…。


丁寧さを欠いたレッスンを続けたって、上手にならないよ。


口を酸っぱくして言っても、なかなか実感できないよね。

本当にこの言葉の意味が分かってきたら
その瞬間から、巻き返そう。

そのときは
丁寧なレッスンを重ねてきた子が
先頭で頑張っているはずだから。


次はあなたたちが
「下剋上」しようね!




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-10-06 15:10 | スクール | Trackback | Comments(0)

スランプ

スランプ。

不調。心理的,身体的または情緒的に複合した形で原因のつかみにくい一種の混乱状態。
このため,たとえばスポーツ選手などが一時的に調子が落ち,本来自分がもっている実力を発揮できないことがある。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より


バレエも例外ではなく
スランプに悩まされる人は多いですよね。

練習しても
練習しても
改善するどころか、かえってうまくいかなくなる。
辛い時期です。



今日、レッスンにやってきた
さくらバレエスクールの〇ちゃんのお母さん。

「先生、〇が…。
今、スランプなんです!」



えっ?



〇ちゃんは、まだ3歳。


…3歳児のスランプとは。



どうやら

少し眠かったのか、暑くてだるかったのか、
どうも気分が乗らなかったらしく
「バレエに行きたくない!」と泣き出したんだとか。

大きな目に
涙をいっぱい溜めたままの〇ちゃんに

「いいよ、レッスンしたくなかったら
お母さんと一緒に見学スペースで見ていてね。
踊りたくなったらいつでもおいで。」


レッスンを始めたばかりの子にはよくあること。
〇ちゃんは、バレエが好きな子だし
すぐレッスン場に入ってくるでしょう。

そう思っていたら
案の定、速攻で入ってきた♪

レッスン中、時折
思い出したように泣き出しては
お母さんに鼻水を拭いてもらっていたけれど

10分もたたないうちに

いつもの〇ちゃんになっていました。



いやあ


短くて
可愛いスランプだったねえ。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-16 00:02 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに爆笑したネタを投下。

子供クラスさくらバレエスクールのレッスン後
とある生徒が

「せんせー、これ忘れ物…。」



汗でぐっしょり濡れた(^^;)
アンダーショーツを持ってきました。


あれ?
このアンダーショーツ、見たことあるなあ。

ショーツを届けてくれたMちゃんは
なかなかの天然キャラで
ちょくちょく、忘れ物をやらかしてくれるんですが

前に
こんなショーツを
忘れて帰ったことがあったような。

「このショーツ、
Mちゃんのちゃう?」

「違う!
私の持ち物は、全部名前書いてるから!」

まっすぐにこちらを見据えて
誇らしげにそう答えた彼女。

なるほど
彼女のお母さんはとてもきちんとした方で
持ち物にはすべて、(マーク用のウエストゴムにまで)
きちんと名前を書いてくださっているから

ショーツにも当然、名前書いてるよね。

まいったな、誰のだろう?



そして
次のクラスのレッスン後

「先生、これ、忘れ物です。」

苦笑いの生徒が持ってきた
くしゃくしゃの脱ぎ捨てられたままの形の物体を広げてみると


…またしても、汗でぐっしょりのアンダーショーツ。

でもこちらは、きちんと名前が書いてあった。


「またショーツの忘れ物かーまいったなあ。
こうして名前書いてくれていると助かるんだけどなあー。

もう一枚のショーツも、名前書いてあったりして。」





ちょっとだけ
おもしろいことが起こりそうな予感にワクワクしながら
Mちゃんから預かったショーツを見てみると


そこには
やはり

Mちゃんの名前が
丁寧に書かれていました。




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-05-13 20:53 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)