ブログトップ

さくら徒然日記

タグ:レッスン ( 150 ) タグの人気記事

タイムスリップ

さくらバレエスクール広告用写真第2弾、届きました!

こちらもちらっとご紹介。

これは
現在の最年少クラスの挨拶の様子ですが
b0185509_13302011.jpg

なんだか見たことあるなーと思っていたら
前回の発表会の表紙裏に使ったこの写真でした。
b0185509_12562162.jpg
上の写真に写っている子たちは
現在、こんな感じ。
b0185509_12594260.jpg
もいっちょ。

現在、こんな感じの上級クラスですが
b0185509_13033706.jpg
3年半前は
こんな感じでした。
b0185509_13062698.jpg
2~3年で、この成長。
子供が子供でいる時期なんて、あっという間ですね。



さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-11-10 13:37 | スクール | Trackback | Comments(0)

最高の被写体

普段、レッスンで写真を撮ることがほとんどないさくらバレエスクール

指導している私や、アシスタントたちが
その手をとめて撮影するのは
真剣にレッスンを受けてくれている生徒たちに失礼だという気持ちがあり
(逆に、かわいい生徒の姿を記録してあげたい、という考え方もあると思います)
なかなか撮影の機会がなかったのですが

HPの写真も古くなってきたので
撮影が得意な保護者のお二人に依頼したんです。


そのうちお一人の撮影画像が送られてきましたー
ご紹介。ちょっとだけよーん




b0185509_23112361.jpg
b0185509_23135153.jpg
b0185509_23134253.jpg
b0185509_23202313.jpg
この最後の写真、
ヴァリエーションを踊るクラスメイトを見ている様子です。

サイズが小さくてわかりづらいかもしれませんが
本当に、真剣な表情。
この子たちには
バーにもたれるな、だの
座り込むな、だのと
注意したことはありませんが

みな、こんな感じで
他の子の練習中は
真剣に踊りを見ているか
練習しているか、です。

心も体も鍛え上げられた、美しい子たちの佇まい。

最高の被写体ですよね。

撮影してくださったお母さまも
「とても楽しかったです!」とおっしゃっていました。


もうお一人、撮影をお願いした方のデータは
後日いただくことになっていますが

うー
待ちきれないー

今回は上級クラスのみですが
他のクラスの写真も早く見てみたい!


こんなに素敵な写真を撮ってもらえるなら
これからもちょくちょくお願いしたいくらいです(^^;)




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-11-06 23:46 | スクール | Trackback | Comments(0)

バーレッスン

最近


なぜか、最年少クラスの調子が悪いような気が。

いや、みんなやる気MAXだし
一生懸命頑張っているけれど

発表会の作品を踊らせてみると

彼女たちならできるはずの
美しいつま先や
しっかり伸びた膝が
ちょっとずつ、甘くなっているんです。

「みんな、もっとつま先ピンピンにできるでしょ?やってみよう!」

と声をかけて
何度やらせてみても

以前のような
ほれぼれするようなラインにはならないんです。


講師の助美ちゃんに
「なんでだろう?」
と話していると

助美ちゃんが
「バーレッスンが短くなったからじゃないですか?」


そうか!


発表会の練習で
どうしても、基礎レッスンの時間を割愛せざるを得ず
バーレッスンを短縮して数か月。

きれいに踊れる子たちだから
発表会作品の練習の中で
レッスンしていけば大丈夫だろう、と思っていたのですが

甘かった!
やっぱり、バーレッスンは大事だった!


発表会まで、あと4か月半。
まだ振り写しが終わっていないところも残っているし
複雑なフォーメーションや少し難しい振り付けを
なかなかものにできていない生徒も多いのですが

焦らず、
まずは基礎をしっかり見直そうと思います。

いくら難しい振り付けを踊ったって
基礎ができていなかったら
ただのお遊戯になってしまう。

最年少クラスであっても
きちんと「バレエ」を踊ってもらいたいから。


限られた時間をどう使うか。
ピンククラス、レッスン時間短いもんなー(-_-;)




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2016-10-15 10:15 | スクール | Trackback | Comments(0)

8/7、うだるような暑さの中

さくらバレエスクールでは

芳野綾先生による
特別レッスンが行われました♪

綾先生は
数々のコンクールで
輝かしい成績を残され

NBAバレエ団にて
主要な役を演じてこられたバレリーナです。

現在
ご自身のスクールをはじめ
各地で指導されています。


そんな綾先生は
ウチの助美先生の先輩。
8月に来阪されると聞いて
ぜひぜひ、ウチの生徒にレッスンを、とお願いしたところ

ご多忙にもかかわらず
快諾してくださいました!


とてもパワフルで
粘りのあるご指導や

的確なご指摘

チャーミングなお人柄

そして何より

美しいお手本!053.gif


いやあ

夢のような時間でしたね…。



特に
Vaを見ていただいた生徒・メンバーには
実りの多い時間だったと思います。

私も本当に勉強になりました!



イエロークラスのレッスンは残念ながら画像がないのですが

グリーン・大人Vaのメンバーとの写真です♪

b0185509_2136576.jpg



しかし
返す返すも残念なのが

グリーンの生徒のうち2名が
やむを得ず、欠席してしまったこと。

ほんっとに
素晴らしいレッスンだったのになあー


綾先生、
またチャンスがあれば
レッスンをしてくださるそうなので

今度はぜひ、
皆に受けてもらいたいですね。


綾先生、
来阪の予定があったら
ぜひ、お知らせください!
また先生にお会いできるのを楽しみにしております!


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-08-09 21:50 | バレエのおはなし | Trackback | Comments(0)

温度

明日は立秋。
暦の上ではもう秋です。



連日暑いこと暑いこと。

私、個人的には
汗をしっかり流しながら行うレッスンが好きなんですが
しかしやはり、熱中症が気になります。

大事な生徒、メンバーを
守るためには
気合で暑さを乗り切れ!なんて精神論を押し付けちゃいけない。

暑さの感じ方は
ほんと、人それぞれなんですが
一番弱い人に合わせるのが鉄則だと思っています。

しかしそうすると

逆に
「寒い」と感じる人も出てきてしまう。
そこまでガンガンに冷やしていませんが
例えば、関節が冷えちゃうとか。

うーん
申し訳ない!

暑くて気分が悪くなる人を出したくないので
寒い、と感じる方はウォーマーなどで保温するようになさってください。
また、タオルでまめに汗を拭いて、冷えないようにしてください。
(バーレッスン時はタオルをスタンドの足元に置いてくださいね。
バーにタオルをひっかけると、視界の妨げになるのでご遠慮ください~)


ウォーマー禁止の子供たちは
今のところ、汗だくでレッスンしているので
問題ないかと思いますが
寒いようなら教えてくださいね。
で、やっぱりちゃんと汗を拭こう!


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-08-06 11:11 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

例えを使った指導

バレエの指導をするときに

何かに例えて説明することがあります。


「肩に小鳥をとまらせたまま踊ってみて」
「お膝の間に大きなダイヤモンドをつくってごらん」
「頭のてっぺんに風船をつけて空から降りてきてごらん」
「指先からいい香りを漂わせて」

枚挙に暇がありませんが


まあ、だいたいが
上品でメルヘンで、夢のある「例え」です。


バレエは貴族の踊り。
バレエは夢の世界。

その品性と夢を損なわないように
言葉選びをするのは大事なことだと思います。







・・・すみません。
私の「例え」って
ひどいですよねー



「鼻の穴に住んでる人に指先を見せてあげて!」

「ここに臭い物があって顔を背けるように!」

「カナブンにタコ糸くくりつけて飛ばした感じ!」



我ながらひどい。

しかし

夢中で指導していると
どうしても伝えたい事を伝えようとすると
つい、こうなっちゃう。

やや品性に問題のある人間なので…。
申し訳ないです_| ̄|〇



今日のさくらバレエサークル
アン・ファスでタンジュのレッスンを行った時も


「ガラスに描いたパンツの絵の後ろですっぽんぽんでタンジュしてみて!
骨盤が動いたら見えちゃうよー!」





ひどい。
ひどすぎる。


でも

皆さん、とても慎重で丁寧なタンジュでしたねー

そりゃそうだ、
見えたら、大変だもんね(^^;)


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-04-11 16:30 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

初レッスン!

あけましておめでとうございます♪b0185509_1694778.gif
大人バレエサークルさくらバレエサークル
なんと

1月3日が初レッスン!


うーん
さすがに参加者は少ないかな、と思っていたら

いつもより多いやん。


普段からアクティブなみなさん。
正月気分は1日と2日でおなかいっぱいですよね。


おなかいっぱいと言えば


発表会に参加するメンバーのために
体重計を置いているのですが

恐る恐る乗ったメンバーたちから
次々に悲鳴が上がる…。

年末年始はどうしても食べすぎちゃうからね。
一番太る時期。

そこまで落ち込む必要はないけれど
まずは現実から目を背けないこと(^^;)
ここから気を引き締めて
体も引き締めていきましょう♪


ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-01-03 16:34 | 本日のレッスン | Trackback | Comments(0)

本来の集中力

集中する、ということは
とても難しいことだと思います。

本人が
集中している、と思っていても
実は、少し意識がずれてしまっているというのは
良くあるんです。


たとえば

子供のさくらバレエスクールの生徒たち。

私たち先生に
褒めてもらいたくて
ちら、ちらと先生のほうを見ながらレッスンする生徒が
少なからずいます。
幼い生徒のなかには
見学スペースから見ている保護者の目を意識する子もいます。

褒められた子たちは
とてもとても嬉しそうにするので
「褒めて!」の気持ちはよくわかるんですが

時に
「褒められること」が一番の目的になってしまい
肝心のレッスンがおろそかになってしまうことがあるんです。


こうなると

もう、レッスンに100%集中している、とは言えないですね。


集中している子が
先生の注意をしっかり聞いて
自分の踊りに反映させていくのに対し

「褒められる」ことが一番になってしまっている子は
「褒めてもらうには、どうやって踊ればいいか」を考えてしまう。

でも
本人は

めいっぱい、努力をしているような
錯覚に陥ってしまうんです。



実は
大人のさくらバレエサークルでも
同じようなことが起こるんです。

さすがに
「先生、褒めて褒めて♪」ではないんですが
一生懸命やろうとしすぎて
結果、集中力を発揮できないんです。


今日の発表会練習で
ワルツのステップを練習したんですが

1.2.3、2.2.3、の
これだけの動きができない。

なるほど、今日は
週に1度しかレッスンに来れない方がほとんどだから
出来なくて当然だ。

じゃあ、
ポーズから、一歩踏み出す部分だけ。
カウントにすれば「1」だけ。
これなら、いくらなんでもできるだろう。

そう思って
この「1」だけを何度も練習してもらった。

「さあ、じゃみんなでやってみて。
7.2.3、8.2.3、1!」

・・・できない。


落ち着いて、集中すれば
できないはずがないんです。
この「1」だけを何度も練習しているんですから。
みなさん、ある程度は
バレエのレッスンをされている方なんですから。

足を一歩踏み出し、片手をアンオーにする。
これだけのことができないはずがないんです。

でもできないのは

「頑張ろう!できるようになろう!」という気持ちが大きすぎて
肝心の集中力を邪魔しているんです。


これは
いい、悪い、ではなく
特に、真面目な方に起こりやすい
「現象」だと言えます。

この思考の癖を改善し
より多くの意識をレッスンそのものに向けることができるようになれば
もっと、楽に
振付を覚えたり、注意を聞き入れたりすることができるようになると思いますよ。


しかし、なあなあでレッスンしていては
思考の癖なんて変えられない。

悪気があって間違えてしまうのではないみなさんに
少々、厳しすぎるのではと思うこともありますが
本当の集中力を発揮していただくため、心を鬼にしています。


だからでしょうか、

レッスン後、実はしばらく動けないんです…(^_^;)

スタジオで、車内で、
一息つかないと帰れないくらい、疲労困憊してるんです(^_^;)

体力と精神力をもっと鍛えないと
本番まで持たないにゃー_l ̄l〇

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2015-11-15 17:53 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(2)

号泣

とても困っていることがあります。


日に日に強くなっていく陽射し。
アラフィフに片足突っ込んでしまった熟女には、大敵。

さすがにタイマン張っては闘えないので

サングラス・帽子・手の甲まで隠すパーカー・ストールなど
UVカット製品たちに脇を固めてもらっているのですが

一番の援軍は、日焼け止め。

使いやすい日焼け止めを見つけて、愛用しているんですが


これが




汗をかくと
目に染みる。

それも
けっこうな刺激。



レッスン中

ふとしたタイミングで
汗が目に入り
汗に混じった日焼け止めの刺激で
涙があふれ
その涙のせいでますます日焼け止めが目に入る悪循環。


そして

号泣。
ほぼ毎回、号泣。



目を真っ赤に泣き腫らしてのレッスンって…。
いや、目が染みてるだけなんだけど
なんだか気まずいよねー

まいったなあー


でも
日焼け止めは変えたくないので…。




目を

鍛える方向で
がんばります。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2015-06-21 00:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

モチベーション

バレエのレッスンって、ストリート系のダンスなどに比べれば地味で単純でしかも難しい。
自分の体と向き合う作業。

その重要性や魅力がわかってくれば
地味なレッスンも楽しいもんなんですが

幼い子供にそれを理解させるのは
私は、無理だと思っています。


レッスンごとに繰り返される
「プリエ」や「タンジュ」を
「うーん、大好き!バレエって最高!」と
レッスンを受けられる喜びに打ち震えながら
バーにつく幼児…。

なかなか、いないです。


だから

幼い生徒の様子を見ながら
集中できるわずかな時間に
単純だけどとても大事なことを徹底してたたきこみ

集中力が切れる前に
比較的楽しく取り組める内容に切り替え、
体力がなくなってくる前に
静かでゆったりとしたレッスンを行うようにして

飽きさせないように工夫しています。


しかし

やっぱり退屈なものは退屈。

さくらバレエスクールの幼い子供のレッスンは
メインの講師1人にサブが2人ついていて
きちんとレッスンできているか目を光らせていますが

マンツーマンではないので
目を離した瞬間に気を抜いちゃうことだってある。


でも

そんなもんじゃないかな、と思うんです。


私、しばらくの間
初心者の小学生をマンツーマンで指導したことがあるんですが

生徒本人がそこまで熱意があるわけではなく
言われたことを淡々とこなす感じ。

確かに気を抜く暇はないけれど
やらされているだけで
本人が「やろう!」と思って頑張っているわけではない。

これでは
決して上手にはならないし
下手すると
バレエを
嫌いになってしまうかもしれない。


レッスンするのは、生徒本人。

無理やりやらせても身につかない。

生徒本人のやる気を引き出すための
動機づけが大事。



集中力をなくさないレッスン内容と
やる気を引き出す動機づけ。

私たち指導者が
幼い生徒に対してできるのはそこまでかな。


あとは

生徒本人が本当に上手になりたいと思って
努力できるようになるのを
待つだけです。

首根っこつかんで
「バレエ好きになって努力しなさい!」
って言ったって
子供の気持ちはコントロールできないから。



ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2015-06-02 08:40 | スクール | Trackback | Comments(2)