ブログトップ

さくら徒然日記

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バレエノート

子供クラスさくらバレエスクール

乾いたスポンジが水を吸収するように
ぐんぐん伸びていく、幼い生徒たち。

対して

最年長クラス
(と言ってもほとんど小学生ですが)
の生徒たちは

なかなか、成長を実感できないかもしれません。

当然といえば、当然。
すでに、ある程度の基礎を身に着けている彼女たち。
そこからのステップアップは、幼い生徒たちと同じようにはいきません。
こちらの要求も、どんどん難しいものになってきているし。

ちゃーんと伸びてるんですけどね。


今日、最年長クラスのレッスン後。

夜の7:45を回ったころ
生徒たちを帰し、片付けを済ませてから
スタジオを出ると

ひとりの生徒が
スタジオの外に置いてあるベンチに腰掛けていました。

迎えに来てくれる家族を待っていた彼女は

街灯もない暗いところで
スタジオの中から漏れてくるわずかな明かりを頼りに

ノートに
真剣になにやら書き込んでいました。


あっ、バレエノートだ。


注意されたことを書き込むノートを作るように指示していたんですが
スタジオでノートを広げる子はおらず

うーん、向上心が薄れてきたのかな?
それにしては、注意されたことや振り付けをよく覚えているな、と
勝手に思っていたんですが

ちゃんと
つけてくれていたんですね。

「ほら見て、先生、私ちゃんと書いてるよ!」
なんてアピールを一切せず

でも、きちんと陰で努力している様子に

感動してしまいました。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-24 00:43 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

成長できる作品を

発表会の作品。

振り付けがある程度決まっている古典作品を除いて
私が振り付けをすることになるわけですが

「本番まで時間をかけてじっくり練習して
ぎりぎり、モノにできるレベル」

の作品にするのが
私のポリシー。


練習を始めたころは

「ほんとに大丈夫かな…?」と
心配になるほど
ひどい、いや
心もとない出来でしたが

大人の作品も、子供の作品も
少しずつサマになりつつあります。


子供の問題作、「ふろおけ貸して!」

クラシックバレエではありえない動きと
相当な演技力が必要なこの作品、

普段、生き生きと踊れる生徒たちが
けっこう苦戦していて

長期戦を覚悟していたのですが

さすがはウチの子たち!

私のアドバイスを的確にとらえ、
少しずついい感じに踊れるように。

いやほんと

こういうの、大事よ。

「型」は大事だけれど
決まった「型」しか踊れないなら
ダンサーとしての才能は限定的なものになると思うんです。

振り付けの意図をくみ取って、それを自分なりに表現する能力。

ダンスに限らず
大事だと思うなあ。

ふろおけ…、やることにしてよかったなあ。
あきらめずに練習続けてよかったなあ。



スケジュールの関係で
「ふろおけ貸して!」は
水曜日に練習することが多いんですが

水曜日に見学される保護者の皆さんの多いこと!


見ていて楽しいもんね。
私も楽しんでます!




さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-22 23:03 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

スランプ

スランプ。

不調。心理的,身体的または情緒的に複合した形で原因のつかみにくい一種の混乱状態。
このため,たとえばスポーツ選手などが一時的に調子が落ち,本来自分がもっている実力を発揮できないことがある。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より


バレエも例外ではなく
スランプに悩まされる人は多いですよね。

練習しても
練習しても
改善するどころか、かえってうまくいかなくなる。
辛い時期です。



今日、レッスンにやってきた
さくらバレエスクールの〇ちゃんのお母さん。

「先生、〇が…。
今、スランプなんです!」



えっ?



〇ちゃんは、まだ3歳。


…3歳児のスランプとは。



どうやら

少し眠かったのか、暑くてだるかったのか、
どうも気分が乗らなかったらしく
「バレエに行きたくない!」と泣き出したんだとか。

大きな目に
涙をいっぱい溜めたままの〇ちゃんに

「いいよ、レッスンしたくなかったら
お母さんと一緒に見学スペースで見ていてね。
踊りたくなったらいつでもおいで。」


レッスンを始めたばかりの子にはよくあること。
〇ちゃんは、バレエが好きな子だし
すぐレッスン場に入ってくるでしょう。

そう思っていたら
案の定、速攻で入ってきた♪

レッスン中、時折
思い出したように泣き出しては
お母さんに鼻水を拭いてもらっていたけれど

10分もたたないうちに

いつもの〇ちゃんになっていました。



いやあ


短くて
可愛いスランプだったねえ。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-16 00:02 | メンバー・生徒 | Trackback | Comments(0)

動画は正直

大人クラスさくらバレエサークルの発表会練習で

動画撮影を解禁しました。

これまでは、振り付けを覚えることを動画に頼らないようにするため
撮影は、週1回程度しかレッスンに参加できない方に限らせていただいていましたが

もう、あらかた
振り付けは覚えてもらったので


ビデオ撮影の目的は

振り付けの確認から

自分の踊りの確認へと変わりました。



自分の踊りを
客観的に見たみなさん。

ほとんど
ショックを受けておられましたね。
「こんなはずじゃなかった_| ̄|〇」


こんなに肩があがっていたなんて。
こんなに猫背だったなんて。
こんなに手が短かったなんて。


脳内でイメージしていた
「自分の踊り」との乖離。

「肩を下ろして」とか、何度も注意されすぎちゃって
言われるだけじゃピンとこないけど

動画は、正直ですよね。


ショックですよね。
でも、この時期に気付けてよかったじゃないですか。

本番までまだ9か月あります。

自分の踊りをしっかり見て
直すべきところを少しでも直していきましょう。



自分の踊りの動画って
たいてい、ショックを受けるもんなんですが


お一人
こんな奇特な方が。


「先生!
私これまで何度も自分の舞台の映像を見てきましたが

今回の動画、一番出来が良かったんです!
もちろん、よくないところはありましたが。

こちらでレッスンを受けているおかげです!
ありがとうございます!」


いやあ

こんな風に
ご自分の成長を感じることができれば
最高ですよね。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-10 23:22 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)

営業

発表会の準備を進めているさなか

ある業者が

「ぜひ、舞台の写真をさせてください!
先生のご都合のいい日時にスタジオに伺います!」

と営業をかけてきました。


電話での営業については
原則、お断りしているんですが

電話口は
若い、たどたどしい女の子。
きっと、入社間もないんだろうな。


私自身、飛び込み営業の経験があり
そのつらさはちょっと理解できるのと
前回お願いした写真の業者さんに
ほんの少し、不満があったので
(とってもいい業者さんなんですが)

まあ、話だけでも聞いてみようと
会ってみることにしました。

やってきたのは
おそらく、就職活動時に着ていたであろう
リクルートスーツに身を包んだ
若い女の子、2人。


とってもいい条件で
そこそこ実績もあったため
一回、お願いしてみようかなと
契約しかけたんですが


契約書を見ると

・・・?
肝心の値段の欄が空白になっている。


「・・・これは?」

「ああ、価格については
先生とご相談のうえ、決めさせていただいております。」

・・・いや、さっき
L版〇〇円って言ってたやん。


で、

他のサイズは・・・と、

あれ?
パネルがない?

「あの、パネルの値段は?」

「パネル?
当社ではパネルは扱っておりません。」


「あー、そうなんだ!
ごめん、パネルないのは困るんです。
前回、パネル買っている生徒がいるので。
せっかくお越しいただいたのに申し訳ないんですが
今回は他の業者さんにお願いします。では。」


パネルがないこと以前に

契約時点で価格が決まっていないというおかしな状況に
危機感を抱いていた私は
もう、断る気まんまんでそう言ったのですが


二人、動こうとしない。

「あの、パネルはなし、というのはいかがですか?考えられないですか?」
「パネルの代わりに大きなサイズの写真を額縁に入れるとか。」
「あっ、台紙つきのものもご用意できますよ!」



いや、
あなたたちに
パネルなしで納得しろ、と言われる筋合いはないでしょう。

「わざわざ遠くまでお運びくださったのに、申し訳ありません。
パネルなしは考えられないです。
またご縁がありましたら、よろしくお願いします。
では私、次のレッスンの準備がありますので。」

そう言って
強引に帰らせました。


その後
郵便局で用事を済ませていると


何度も電話が。
先ほどの業者です。


「あのっ、あのっ、先生!
今どちらにいらっしゃるんですか!?」

「どちらって・・・近くですけど。」

「私たち今、スタジオに戻ってきているんですが
先生、いらっしゃらないので・・・。
どうかもう一度お話しさせていただきたいんです!
戻ってきていただけませんか?」

「いやもうお断りしたはずです。」

「先ほど本社に確認いたしまして、
パネルを製作しよう、ということになったんです!」



・・・えっ?



あまりの展開に戸惑っていると

電話口の相手は
もう一人の相手にバトンタッチ。


「先生!先生!お近くですよね!戻ってきてください!
パネルのサイズを教えていただけませんか!?
おっしゃる通りのサイズのパネルを製作します!」




さすがに
怖くなってきた。


「パネルのサイズなんて、覚えてないですよ。
後日調べておきますから、今日のところはお引き取りください。」

「そうですね!
ではまたご連絡させていただきます!」



帰宅後

電話番号を音が鳴らないように設定し
前回お世話になった業者に撮影を依頼して

今日の業者に
「ほかの業者にお願いすることにしました」と
丁重にお断りのメールを送信。


メール送信してから2~3日経ちますが

いまだに何の音沙汰もありません。


ネットの口コミなどあてにはならないのでしょうが
その業者について調べてみると、出るわ出るわ。

カメラマン、社員、実際に写真を注文した客・・・。
結構な書き込みの量でした。


やっぱ、電話営業は相手にしないほうがいいですね。
いい勉強になりました。

さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)
大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!皆さんのご来場、お待ちいたしております♪

ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by sakura-ballet | 2016-06-04 10:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)