ブログトップ

さくら徒然日記

2017年 02月 26日 ( 1 )

最近少しばかり気になること。

ウチの生徒さんや保護者の皆さん、
本当にみなさん、熱心なんです。

そりゃあもう、私が圧倒されるくらい(^^;)


全員、熱心なんですよ。
皆さん、こころから
この舞台を成功させたい!と思ってくださっている。



その熱い思いのベクトルは
人によって微妙に違うんです。


それぞれが
良かれと思って頑張ってくださっているんですが
そこに
「人は、自分とは違う価値観を持っているんだ」
という視点を持っていただきたいんです。


例えば

バスタオルを毎日洗うか、という論争があります。

「えーっ!毎日洗わないなんて信じられない!」
という人もいれば
「毎日洗うなんて信じられない!洗った体を拭いただけなのに!」
という人もいる。

Aさんにとって毎日洗うのが正解なら
Bさんにとっては2~3日に1回の洗濯が正解。

どっちも正解なんですよ。

だから、自分の価値観で他の意見が「違う」と決めつけるのは
いかがなものかと思うんです。


バレエ界で常識と言われていることだって
一般的には非常識だったりすることもあるし

特殊な世界だから
細かなルールをご存じない方がいるのも当然なんですよ。
教室によって、全く異なるローカルルールも存在するし。

だから
自分の視点だけで
「それは違うでしょ!」とびしゃっと決めつけるのではなく

「ああ、そういう考え方もあるのかー。」とか
「そうか、これは知らなくて当然だな。」とか
他の意見に対して、おおらかになっていただきたいと思うんです。


あまりにも、きっちりしなければという空気になりすぎていて
慣れない方が委縮してしまっているのが申し訳ない。

そこまで気にしないでいいんです。
ちゃんとしなくちゃ、って思ってくれているだけでいいんです。

失敗しても、いいんです。
「わっ、そうなんですか?知らなかった、ごめんなさい!」でいいんです。
衣装の基本的な扱いなど、失敗しちゃまずいことは
私から直接お話しさせてもらっています。
それ以外はオプションです。

やむを得ない事情があれば、甘えていいんです。
次にあなたが誰かを助けてくださればいいんです。
みんなでお互いにフォローしていけばいいんです。


皆さんの熱意があれば、十分です!

慣れている方はどうか
慣れない方が委縮しないように、ということも
少し、心にとめておいておいてくださるとうれしいです。

もし、びしゃっと言われてしまった方は
「ああ、この人は本当によい舞台にしようと頑張っているんだな」と
おおらかに受け止めてください。

みんな、いい舞台にしようと必死なのは変わらないんだから。


さくらバレエスクール発表会!
2017年3月5日(日)大阪府阪南市 サラダホール
入場無料です!
皆さんのご来場、お待ちいたしております♪
ランキングってやつに参加させてもらってます!
よかったらクリックしてあげて~
ランキングサイトに飛びますが、「さくら徒然日記」をクリックすればまた戻ってきます♪

[PR]
by sakura-ballet | 2017-02-26 01:19 | 発表会への道のり | Trackback | Comments(0)